FC2ブログ
2017/02/28

週末、月末の機関投資家の心理

今日は月末。
週末や月末となると、為替相場にもその影響が出てきます。
なぜでしょう。

貴方が機関投資家だった場合を考えて見て下さい。
機関投資家は、その実態、大手金融機関に勤める会社員です。海外では会社員は完全に実力主義。結果を残せば昇給、昇進の一方で結果が出なければ解雇です。機関投資家も当然、結果が欲しいところです。
投資家にとって結果とは?
相場で利益を出す事。それ以外にありません。
相場の損益は、決済するまで確定しません。もし含み益を抱えたポジションを持っている投資家がいるなら、それを決済して利益、自分の今月の成果を確定させたいと考えるのが自然でしょう。

そんなわけで、週末、月末、と言った締めの時期にはポジション決済による相場変動が起きやすくなります。即ち、買いポジションがたまって相場が上昇している時は、決済売りが出やすくなります。下落トレンドで売りポジションが溜まっている時は決済買いが出やすくなります。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2017/02/27

稼ぐためには副業の選び方が肝心!

副業・ネットビジネスで稼ぐためには、何を始めるか、副業の選び方が肝心です。

副業を始めて2,3ヶ月経った人によるあるケースで、
副業・ネットビジネスで稼ごうとしているけど、どうしても稼げない。
アドセンス取得しても月1000~2000円程度しか稼げない。
こういう悩みを持った方が多くおられます。
彼らはなぜ稼げないのでしょう。

原因として、ライバルが多すぎる事が挙げられます。
つまり、いくらブログ広告やアフィリエイトで稼ごうと思っても、既に同じ事をしている人はたくさんいます。一方、ブログを見る人の数や時間は有限です。特に時間が有限と言うのが肝心で、検索上位のサイトしか見てもらえないのです。
つまり人が検索上位の一部のサイトに集中し、そうでない自分のサイトにはアクセスしてもらえないのです。だから、稼げないのです。

この問題への対処方法は2つあります。

1つ目は、参入者が増えてもライバルが増えない世界で勝負する事です。
例えばFXや株がその例です。FXや株は相場で勝負するため、参入者が増えてもそれによって収益が分散する事がありません。FX商材や教材は、この点を前面に押し出して販売している事が多いです。
しかし相場勝負ですから収益の最低ラインがゼロでなくマイナスと言う欠点もあります。特にFXを国内口座で実施している場合は、口座資金以上の損失が発生し「追証」を求められる事もあります。追証を払えなければ「借金踏み倒し」つまり自己破産です。(海外口座なら追証無しが一般的なので口座につぎ込んだ資金以上を失う事はありませんが……。)

2つ目は、ライバルが少なく今後成長が見込める分野で勝負する事です。
このような分野は需要はあるが供給が少ないため、早く手掛けた人は大きな収入を手にする事が多いです。
 

続きを読む

2017/02/26

Jリーグ、欧州サッカーをお金・時間を気にせずスタジアム観戦する方法教えます

昨日はブログ記事はお休みでした。
Jリーグ開幕戦、セレッソ大阪-ジュビロ磐田戦を見に、大阪まで出かけていたのです。

CIMG6838.jpg

コレオ

CIMG6863.jpg

このような場所に出かけると、必ずと言っていいほど、予期せぬ収穫があるものです。
昨日はサポーター仲間の中に先物取引をしている人がいる事を知り、最近の相場状況やトレードの勝敗について語り合っていました。
こういう刺激が明日への活力になったり、今後のトレード、ビジネスの参考になる場合もあるので、積極的に出かける事は必要ですね。
家の中にこもってばかりだと、お金はなかなか減らないかもしれませんが、増える要因も掴めないため、結局じり貧になってしまうので注意が必要です。

続きを読む

2017/02/24

残業文化の日本、早出文化の欧米

仕事が忙しい、仕事量が多く所定の就業時間だけでは期日までにこなし切れない。
こういう時、皆さんだったらどうするでしょう。

「残業する」
そうですね。残業して対応します。
しかしそれは、日本のサラリーマンならではの「会社文化」です。海外では事情が異なります。

そもそも欧米では、始業時間とは仕事を始める時間ではなく、本格的に仕事を始める時間、と認識されています。ですので、9時始業の会社で9時からいきなり会議、と言う事も珍しくありません。
では、その会議で使う資料はいつ準備するのでしょう。

このような時、日本だったら前日に残業するかもしれません。しかし欧米では、7時や8時に早出して資料を作成するのです。日本の会社員が残量で対応するのに対し、欧米は早出で対応です。

今回なぜこのような話をしたかと言うと、この就業文化の違いが為替市場にも影響を及ぼしていると考えるからです。
例えばロンドンの機関投資家(機関投資家と言うとものすごい大金を動かしているイメージが強いが、その実、金融機関に勤めるサラリーマンであり、動かしているお金は投資家個人のものではなく勤めている金融機関のお金である)は、ロンドン市場は午前8時(日本時間では夏季は16時、冬季は17時)に開場しますから、当然、それより前に出社します。
ここで、株式や債券の取引は8時以降しか行えませんが、為替だけは市場が24時間開いているのでいつでも取引できるわけです。8時から本格的な取引をする前に、為替だけは先に取引しておこう、となるのは自然な発想です。

FXでチャートを見ていて、昼の間、ほとんど値動きがなかったのが、午後2時か3時をすぎ、しかしロンドン市場開場まではまだ1時間以上ある、と言う時に突然値が大きく動き出す事があります。このような時、早出のロンドン勢が既に取引を行っている可能性が高いです。ロンドン市場は取引量で東京市場の6倍と言われており、一度に動かす金額も大きいため、一部の早出組が取引しただけでも値が大きく動く事があるのです。
 

続きを読む

2017/02/23

運気・スピリチュアルと副業・ビジネス成功の意外な関係

今日のお話は、FXでもYouTubeでもありません。
運気のお話です。

運気と言っても、スピリチュアル的なお話で、例えば「今年の恵方は北北西」と言って恵方巻を食べるような話も含まれます。
これらによって貴方は、運気が向いてくるように「感じる」のか、或は本当に運が向いてくるのか?

この手の話は「怪しい」と思われる方もおられるでしょう。宗教への勧誘は一切ありませんのでその点はご安心下さい。

これは私が実際に感じた話です。
昨年12月13日、これは私にとって母方の祖父の命日に当たるのですが、この日の昼、偶然にも近くのカフェで私はとある投資家兼ビジネスオーナーの方と出会いました。この人に会った人は不思議と新しい人生の流れが出来たり今までうまくいっていなかったビジネスが軌道に乗り始める事が多いそうです。
一方、母方の祖父と私は、私が子供の頃「数字ごっこ」でよく遊びました。今思えば「数字ごっこ」は市場の縮図だったように感じます。競り、株式、ゼロサムゲームの世界経済、それらが織り込まれていた遊びでした。この体験があるからこそ、長い目で見ればFXでやっていける、と会社員を辞める時に感じた理由でもありました。
その母方の祖父の命日に投資でガンガン稼ぐ方と会うと言う事が、本当にただの偶然なのか? これも何かの巡り合わせではないのか? きっとそうだろう。
そしてそれから2か月。今日の昼、再びその方と出会っています。

では私のFXの損益は改善したか? 確かに以前ほど大きな損失は出ていませんが、単にエントリー数が少ないだけです。
しかし以前より落ち着いて、ゆったり構えてトレードできるようになってきた気がします。
それと今日は不思議な事が起きました。
今日の午前中、オーストラリアの経済指標発表がありました。数値が予想より悪く、当然豪ドルは売られました。私には高値掴みした豪ドル/USドルの買いポジションがあるため、豪ドルの下落は含み損が増える事を意味します。
厳しいと思っていましたが、今日の昼、豪ドルは急激に値を回復し、指標発表前のレンジまで戻ってきたのです!
これが金運、不思議なパワーのある人と出会うと言う事なのか。
為替相場すら、信じられない値動きで自分の有利な方向に戻ってくる。

「この人に会うといい事が起きる」
「この方向に出かけるといい事が起きる」
と言う話は、起こる時には起こるもの。
そう感じずにいられない一日でした。
 

続きを読む

2017/02/22

FX・株で巨万の富を得るトレーダーがビジネスをする理由

FX・株で8割が負け組と言われている一方で、安定して利益を出し続けている人もいます。
彼らの中には
「月単位で7年以上負けなし」
「毎年1000万円以上を安定して稼ぎ続けている」
と言う人もいます。
これだけの利益、会社員の何倍もの利益を安定して出し続けている人なら、それだけで十分生活できるはずです。
にも関わらず、彼らは普通にトレードのコツを教えたり自動取引ツールを売ると言ったビジネスをしています。
なぜ彼らは圧倒的な利益を出し続けているのにわざわざビジネスまでするのでしょう?

これは、今後FX・株等投資系のネットビジネス商材で利益を出して生計を立てようとする人には特に重要なので心して読んで下さい。

FX・株のみで生計を立てている人は、法的には「無職」です。勝ち組になって安定して年収1000万円あろうが2000万円あろうが、一般的な会社員より遥かに収入多いですが「無職」です。
また、FXや株による収入は一般的には安定した収入とは見なされません。
するとどうなるか?
まず、ローンは組めません。
これは私が実際に聞いた話ですが、まだネットビジネスが今ほど市民権を得ていなかった頃にネットビジネスを始め、既に年収600万円を超えていた人が、銀行の審査で住宅ローンを借りられなかったそうです。その横では年収300万円の会社員が普通に住宅ローンを借りられたのに……。
それでもトレードで利益を出せるなら、ローンを組む必要もないでしょう。借金するより一括で払えるなら払った方がトータルの支出は減りますし。

ですが不利益はこれだけではありません。

この動画を見てもらえれば分かるように、「無職」だとクレジットカードも発行できないのです。カードはローンと違って借金ではありません(その証拠にカードで支払っても一括なら利子は取られません)。にも関わらず、年収1000万円以上あるなら、当面の支払いは問題無く出来ると推定されるにも関わらず、です。

つまり専業トレーダーと言うのは、それくらい社会的信用が無いのです。収入があるトレーダーより年収300万円の会社員の方が遥かに社会的に信用される。
大変残念ではありますが、これが世の中の現実です。

ところがこれが、ノウハウや商材を売るビジネスを同時に行うと状況が一変します。
ビジネスを行うので最低でも「個人事業主」として登録できます。個人事業主であれば個人商店の経営者と同じです。
収入が多い人は人を雇い、会社設立までして法人格としています。その場合は個人事業主でなく「経営者」になります。
個人事業主や経営者になれば社会的信用はトレーダーより格段に上がります。それで年収1000万円だ2000万円だ言えば、もう誰も文句を付けないでしょう。
さらにビジネス収入が入る事で、トレードがうまくいかない時も収入が入りますし、何より他に収入がある事でトレード自体もメンタル面でかなり有利に実施できます。

つまり、
・社会的信用の向上
・複数の収入源を持つ事によるリスク分散
・メンタル面でトレードを有利にする

の3つの理由から、巨万の富を得ているトレーダーもビジネスをしているのです。
 

続きを読む

2017/02/21

海外FX業者、XMの6つの特徴と3つの注意点

(この記事は、2019年1月6日に、全面改訂しています)

FX取引をする上で絶対に欠かせないのが、
使っている証券会社、口座の特徴を把握しておくことです。

証券会社によって、向き不向きのトレードがあり、
あなたのトレードスタンスに合わない証券会社を使っていては、
損失が膨らむ一方です。

(証券会社選びの重要性は「勝てるFXトレーダーは口座選びからこだわる!」を参照)

ここでは、私が最近、使用を始めた、
XMと言う海外FX業者の特徴、注意点について、紹介していきます。




<1、入出金でトラブルの話なし>


海外FXの場合、いちばん重要になるのが、
入出金、特に出金が、きちんと行われることです。

いくらトレードで利益を出しても、
出金ができなければ意味が無いからです。

XMは、日本人が利用する海外FX口座の中では、
最も利用者数が多いようです。

これだけでも安全性が高い証拠になりますが、
出金トラブルの話は、調べても、出てきません。
むしろ、「問題なく出金できました」と言う記事ばかりです。

この点からも、XMは、安全な海外口座と言えます。

なお、出金時の注意点として、
入金と同じ方法でしか出金できない
、と言うことです。
例えば、クレジットカード使用で入金した場合、
クレジットカードでの出金(返金扱い)となります。

なお、この方法では、入金額までしか出金できないため、
入金額を超えた、利益分については、
銀行口座への電信送金となります。


<2、手数料がかからない>


これは、XMの大きなメリットと言えそうです。

海外送金は、通常、手数料がかなりかかるものですが、
XMの場合、200USD相当未満の入出金を除けば、
手数料は無料(XMが負担)です。

また、実際のトレード時にも、
エントリーや決済の際に、手数料がかかりません。
(スプレッドの狭い、ZERO口座を利用する場合を除く)


<3、入金ボーナスがある>


XMボーナス案内

XMは、口座開設しただけで、3000円のボーナスがもらえます。
つまり、少額トレードであれば、入金無しでもできるのです。

また、初回入金時には、500 USD相当額を限度に、
100%の入金ボーナスがあります。

例えば、5万円入金すれば、
実際にトレードで使える金額は、

入金5万円 + 入金ボーナス5万円 + 口座開設3000円 = 103,000円

で、入金の倍以上の、103,000円分でトレードできます。

注意点として、ボーナスは、出金することはできません。
ただし、ボーナスを使って出した利益は、出金できます。

また、損失を出した場合でも、ボーナス分を支払う必要は有りません。

この他、2回目以降の入金に対しては、
最大$5000 USD相当額まで、
入金額の20%がボーナスとして付与されます。


<4、日本語のWEBサイト、日本語のサポートがある>


海外口座と聞いて不安に感じるのが、
英語で対応しないといけないのかな、と言う点だと思います。

XMには、日本語のサイトがあり、
日本語のサポートもついてます。

日本人スタッフもいますので、普通に日本語を使ってやり取りできます。


<5、約定スピードが速い>


FXトレードする上で、これは重要なポイントです。

約定スピードが遅かったり、約定拒否が頻発するようでは、
思うようなトレードができず、
予定と全然違う価格で注文が成立してしまう場合もあるからです。

XMは、約定スピードが速く、そのため、値もほとんどすべりません。

スマホからアクセスすると、チャートの読みこみに時間がかかるため、
約定スピードが少し不安でしたが、
実際にエントリーしてみたら、案外スムーズに注文が成立しました。


<6、最大レバレッジは888倍、追証なし、ゼロカットシステム採用>


100倍以上のハイレバレッジが設定できること、
追証なしのセロカットシステム採用。

これらは、FXを安全に行う上で、必要な口座の条件ですが、
XMは、これら3つの条件を全て満たしています。

なぜ、これらの条件が必要なのかについては、
FXは海外口座の方が国内口座よりおすすめ!
の中でも説明していますので、こちらの記事を読んでいただければと思います。


 

続きを読む

2017/02/20

GYAKU TUBE:YouTubeで稼ぐのも海外攻略の時代!

YouTubeで稼ぎたい。でも稼げない。どうすればいいんだろう?
そう思っている方は多いはずです。

ここで少し考えてみましょう。
貴方はYouTubeでどんな動画を見ていますか? YouTubeで大リーグの試合を見たり、欧州サッカーを見たり、洋楽を聞いていませんか?
もしあなたが違っていても、実際そういう方もいるわけです。

その事とYouTubeで稼ぐ事とどういう関係があるの?
むむ、待てよ。
そうか、そういう事か!
今出てきた動画は全部海外で作成されたもの。それを日本人である自分たちが見ている。
と言う事は、反対に、自分たちが作った動画を海外の人に見てもらって再生回数を伸ばし、収益を増やす方法だってあるんだ!

……ビンゴ、その通りです。
しかも日本のYouTube利用者が約4000万人なのに対し、世界全体では10億人を超えるため、世界中で再生される動画を作成出来れば、収益は日本国内のみをターゲットにするのとは桁違いに増えます。

海外向けに動画を発信し、今まで伸びなかった収益を一気に増やしましょう。

続きを読む

2017/02/19

ユーロ豪ドル(EURAUD)の4つの特徴と、おススメ業者

ユーロ豪ドル(EURAUD)は、
低金利通貨のユーロ、
高金利通貨の豪ドルを
組み合わせ通貨ペアとなっています。

あまりなじみのない、マイナーな通貨ペアと言えますが、
売り(ショート)エントリーのポジションを持つことで、
プラススワップを狙える通貨ペアとなっています。

FXユーロ豪ドルEURAUD


<特徴①:値幅が大きくなりやすい>


ユーロ豪ドル(EURAUD)は、取引量が少ないため、
相場の動きが激しくなりやすい特徴があります。

ユーロ豪ドル1日値幅表2016年10月

ユーロ豪ドル1日値幅表2017年1月

1日当たりの値幅を見てみると、
2016年10月は、平均で133pips (ドル円の1円33銭に相当)
最も値幅の大きい日には243pips、値が動いています。

2017年1月も、平均で100pips近く動いており、
豪ドル絡みで、世界的に取引の多い、
豪ドル/ドル(AUDUSD)と比較すると、かなり大きな値幅となっています。

(参考:豪ドル/ドルの1日の値幅をFXの売買に生かす


<特徴②:1日中、値が動きやすい時間帯がある>


これは、ユーロ豪ドル(EURAUD)の値幅が大きくなりやすい理由にもなってますが、

・オーストラリアや中国の経済指標が発表される、午前中
・ヨーロッパ市場が動き出す夕方
・ニューヨーク市場やロンドンフィックスで値が動きやすい夜中


と、1日中、値が動きやすい時間帯があります。

オーストラリアや、同国と経済的つながりの深い、中国の経済指標では、
豪ドル主導で、
夕方以降のヨーロッパの時間帯では、ユーロ主導で、
値が動きやすくなります。


<特徴③:スプレッドが広め>


ユーロ豪ドル(EURAUD)は、取引量が少なく、
ドルストレートでない、クロス通貨になることから、
スプレッドが、やや広めです。

FX証券会社にもよりますが、
通常でも、3~4pipsのスプレッドが開いています。

証券会社によっては、2pips以下の狭いスプレッドを提供しているところもありますが、
そのような会社は、
ディーリングルームで価格操作、呑み行為をしている可能性もあり、
おすすめできません。


<特徴④:ショート(売り)エントリーで、スワップポイントが受け取れる>


ユーロ豪ドル(EURAUD)は、
低金利通貨のユーロと、
高金利通貨の豪ドルの通貨ペアです。

ショート(売り)でエントリーすると、
低金利通貨のユーロを売って、
高金利通貨の豪ドルを買ったことになるため、
プラスのスワップポイントが受け取れます。

ただし、2017年2月現在、
既にかなりのユーロ安豪ドル高が進んでおり、

これからエントリーする場合には、
ユーロ高豪ドル安へのトレンド転換による、
為替差損に注意する必要があります。


EURAUD20170219週足
 

続きを読む

2017/02/18

FX勝ちにくい理由:ファンダメンタル目線vsテクニカル目線

FXトレーダーの8割は負け組と言われています。
貴方がFXトレーダーであれば、残り2割の勝ち組に入るにはどうすればよいか、当然考えているはずです。

貴方が勝てない理由に「トレンドフォローでトレードするから」と言うのがあります。
巷に溢れているトレード情報は、大抵が「トレンドの兆候を掴み、トレンドに乗って利を伸ばす」と言うものです。
初心者ほど巷の情報を利用しますから、トレンドフォローの戦略を取ります。
それで8割が負けるのですから、「トレンドフォローは勝ちにくい手法」と考えるのも一理あります。
(だからこそ私は、1日の値幅に注目して逆張りで少しずつ稼ぎましょう、と言っているのです)

しかし貴方が勝てないのは、それだけの理由ではありません。FX(に限らず株式等チャートで勝負するトレード全般)ではFX特有のものの見方が必要です。それは日常生活のものの見方と異なるのです。
そこに貴方が勝てない理由があるのです。

一体、どういう見方が問題でどういう見方をすればいいのか?
FXで今後の値動きを予測するのに、大きく分けて2通りの手法があります。

1つ目は「ファンダメンタル」:経済指標や金利政策等に注目して値動きを予測する手法です。
2つ目は「テクニカル」:過去のチャートの値動きを分析し、そこから今後の値動きを予測する手法です。

FXでは、ファンダメンタルは不発に終わり、追随買いや追随売り、即ち高値買いや安値売りをして損失を出す事が多くあります。
一方テクニカルはチャートの規則性から値動きを予測するため、それだけで勝率が高くなります。しかも過去のチャートはファンダメンタル要因の値動きを織り込んでいるため、経済指標や金利政策による今後の値動きもある程度予測できます。つまりFXで勝つにはテクニカル目線でものを見る必要があります。

一方、私たちの日常生活は、「テクニカル目線」でものを見る事はあまりありません。
日常生活の行動も、「ファンダメンタル目線」と「テクニカル目線」に分類する事ができます。
例えばYouTubeの動画を見る時、貴方はどういう基準で見る動画を決めるでしょうか?

1、「サッカー日本代表戦が近いから、代表戦で活躍したから」香川真司の動画を見る。
こういう事はあっても、
2、「この香川真司の動画はあと5回再生すれば再生回数が1000回になるから」見る。
こういう事はあまりしないのではないでしょうか?
ここで、1の見方が「ファンダメンタル目線」、2の見方が「テクニカル目線」です。
どういう事かと言うと、ファンダメンタルとは外部要因から今後の動きを予測する手法、テクニカルとはそれ自体が内包する要因から今後の動きを予測する手法と言い換える事ができ、1は「香川真司の活躍」と言う外部要因で見る動画を決めたから「ファンダメンタル目線」、2は動画自体のデータから見る動画を決めたから「テクニカル目線」となるのです。

この例を見ただけも分かるように、私たちの日常生活は「ファンダメンタル目線」の決定で溢れています。対照的に「テクニカル目線」でものを決める事があまり多くありません。
そのため、貴方がFXでトレードする時も、知らず知らずのうちにファンダメンタルでトレードしようとしてしまいます。「テクニカルが大事」と頭では分かっていても、チャートの値動きが少し読みづらくなったり、サインに従ってエントリーして負けが少し続くと、「あの時経済指標発表があったからだ」「もう少しで金融政策発表があるから」と、つい外部(ファンダメンタル)に要因を求めてしまいます。
しかし相場は過去のチャートを基にチャートの続きを描く「絵描き」であり、その意味でも今後の値動き要因はチャート自体に隠れている(テクニカル)のです。それが出来ないからなかなか勝てないのです。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ