FC2ブログ
2019/01/08

共感ビジネスの時代!だからこそ、FXを勧めたい

今の時代、ビジネスは共感の時代と言われています。

これは、ネットビジネスでも同じで、

・いいコンテンツを提供する
・いい商品をアフィリエイトする


ここにいくら力を注いでも、
つまり、「この商品を使うと初月から30万円稼げます」
みたいな宣伝をいくらしても、

「そんなの当たり前でしょ」
で終わってしまうのです。

そうではなくて、
・初月から30万円稼げることで、あなたの何が変わるのか?

(例えば、奴隷のような社畜人生から、時間的自由を手にしたバラ色人生に!
…これは、ちょっと抽象的すぎますね。)

と言った、相手のメリットを伝える事が重要です。

しかも、それは、自分主体ではなく、
相手主体、いかに相手に共感させるか、
感情がポイントになってきます。



<共感力のない、感情で物事を考えられないあなたへ>


しかし、共感力と言うのは、誰でも持っているわけではありません。

あなたは、次の内容に、心当たりがありませんか?

・TVドラマの感情で叫ぶシーンをたまたま見ると、
感動なんかせず「なに感情的にわめいてるの?」とバカにしたくなる。

・感情的な気持ちではなく、論理、理屈で話をしたくなるし、
自分の価値観や決断、行動も、理屈で決めたい。

・人から今の気持ちを聞かれた時に、どう答えたらいいか分からず、黙り込んでしまう
(「気持ちって言われてもな…」としか思えない)


これらがぴったりと当てはまるあなたは、
共感力が低く、感情では物事を考えられないタイプの人です。

一昔前であれば、これは、ビジネス・起業に向いたタイプでした。
なぜなら、
かつては、

「個人の力を身に付けること」
が、ビジネスに求められ、
人と違う感性を持ったあなたは、まさにビジネスや起業にうってつけだったのです。

ところが、
今は違います。

今の時代、個人の力を身に付けるのは当たり前で、

・どうやってつながりを増やし、自分の影響力を大きくするか
・どうやって自分に共感してもらうか

が、ビジネスの成功を決めるポイントの時代に変わってしまった
のです。

はっきり言ってしまえば、あなたは、
ビジネスに一番向いたタイプから、ビジネスに一番向いてないタイプ
になってしまったのです。


<会社員、雇われ労働の適性も、さらに低下した>


それでは、あなたのタイプは、
会社員や、雇われ労働には、向いた時代になってきたのか、と言うと、
それも、むしろ逆です。

今まで会社員に向いていなかったのが、さらに会社員に向かなくなってます。

なぜなら、今の労働市場は、
いかにブラック労働を違法とかブラックと思わずに受け入れるか
が求められている時代
であり、

他人と違う個性を持った上に、理屈で物事を考えるあなたにとって、
理屈に合わない事を要求される、今の労働市場は、
どうやっても受け入れることのできない世界になっているのです。

はっきり言ってしまえば、あなたは、
起業・ビジネス向けタイプであるにも関わらず、
ビジネス環境の変化で、起業・ビジネスが向いていない時代を
生き抜かなければならない宿命を背負わされている
のです。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2018/10/20

DM、メッセンジャー相手のやってるネットビジネスは徹底的に調べる

FacebookやTwitterのメッセージ機能で、
自分のネットビジネスを売り込む時、
売り込んだ相手も、既にネットビジネスしている場合が、最近は増えてきました。

特に、この人、ネットビジネスに興味ありそうだから、
と言う理由でメッセージを送った場合、
メッセージを送った相手は、ほぼ100%、
ネットビジネスをしていると言ってもいい時代です。

このような時、相手のやってるビジネスを
「稼げない」「初期費用が高い」
などと否定して、自分のビジネスを一方的に売り込もうとする人が多いです。

しかし、相手のビジネスを否定したいからこそ、
やりとり相手のやってるネットビジネスは、徹底的に調べた方がよい
のです。


たとえば、私が自分のビジネスを紹介しようとした相手の中に、
P社と言う格安SIMの
ネットワークビジネスをやってる人がいました。

この時、私は、
その人のLINEにも登録しましたし、

この格安SIMのキャッチコピーや動画も、
全部チェックしました。

さらに、その人とのやり取りを通じて、
このビジネスが、過去に新聞にも取り上げられた事実なども入手しました。

そこまでやったからこそ、
このビジネスに参加した人の心理や、
ビジネスの特徴が分かり、
売り込むポイントも見付けました。

(参考までに、そこまでリサーチしたからこそ、
この記事を書けました)


結果的に、その人は、私のビジネスには参加しなかったのですが、
ブログ記事の方から、別の人が私のビジネスに参加して来ました。
 
ブログ記事から私のビジネスに参加した人が現れた理由は明らかです。

そのビジネスについて、徹底的にリサーチした上で書いた記事だから、
実際にそのビジネス始めたけど思うように成果が出なかった人の
心に響いたのです。


自分のビジネスを売り込みたいがために、
生半可に相手のビジネスを否定しても、
逆に嫌われるだけです。


実際にやってる人を相手にするわけですから、
調べてないのに「調べた」と言っても、
すぐバレます。

風評や二次情報ではなく、
きちんと、相手のビジネスに関する、
オリジナル情報や、リアルな声は、
徹底的にリサーチかけた方がいいですね。

(参考記事:「詐欺被害に遭わないため、オリジナルの情報で判断を習慣にしよう」)
 

続きを読む

2018/08/12

資格取得はマジで不要!資格おすすめ、の裏事情

世の中、資格を取得すると役立つ、と思っている人が多いですが、
はっきり言って

真っ赤なウソ

です。
特に、就職目当て、就職に有利、と言う理由に関しては、
100%ウソ
と言っても過言ではありません。

だいたい、会社の人間が、資格を見て採用したなんて話、私は一度も聞いたことがありません。
資格なんて、必要になったら取らせればよい。
会社は、そういう感覚です。

また、資格があるから異動させない、
これも全くのデタラメで、必要資格を持った人でも、堂々と転勤させられてました。
もちろん、その職場での必要資格は、後任に取らせればよい、と言う感覚で。

逆に、資格を持つことで、何か起きた時の対外的責任は取らされ、
資格があっても役立つどころか、会社に都合いいように利用されるだけ
これが実感です。

では、一体、誰が「資格は役立つ」などと言う、
一見もっともらしい話を作ったのか?

考えてみてください。

ヒント


<資格をとるには、学習が必要>


はっと思い付きませんか?

資格ブームを起こせば、資格取得の学習を教える塾やセミナー、コンサルタントは、
受講生が増えて、めちゃくちゃ儲かりますよね。

また、資格取得用の学習本も、売れますよね。

資格は役立つ、と言う謳い文句は、
資格ビジネスをしている人が売上を増やすための、キャッチフレーズだったわけです。


なぁんだ、と思われたかもしれませんが、
この事例から学べることもあります。
それは、
 

続きを読む

2018/07/12

コミット法で高額商品を売るコツ

高額商品をガンガン売れたら、一気に収入が増え、
「月収100万円」と言う、
いっけん高く見えるハードルも、あっさりクリアできますよね。

ここでは、「コミット法」と言う、高額商品を販売する時に向いている手法・コツを書いていきます。


<そもそも「コミット法」とは何か?>


「コミット法」をご存じない方のために、簡単に説明しておくと、

ネット広告やブログ、SNSなどで集客し、販売(クロージング)は、リアル対面で行う手法です。

販売時に、相手と直接会うことがポイントです。
ですから、ネットだけでビジネスしたい方や、ネットだけでできることを前面に出したビジネスコンテンツの販売には、
いくら高額であっても、向いていないことは、あらかじめ押さえておきたいところです。


<「高額商品」の定義は何か?>


いくら以上の商品が「高額商品」か、ですが、これは人によって感じ方が変わってきます。
10万円以上が高額と言う人もいれば、30万円以上が高額と言う人もいます。

明確な金額の定義はありませんが、
・恋愛コンサルタントや、
・手相や占星術的スピリチュアル系の人生相談など、

一般的には、その場ですぐ買わず、
少し考えてから買うような商品が該当します。


<高額商品の買い方は、日用品とは全く異なる>


高額商品を売る時に、いちばん気を付けなければならないのが、
消費者の購買行動、商品を選ぶ基準が、低額商品(日用品)とは、全く異なることです。


これを知らずに、スーパーの商品を売る感覚で高額商品を売ろうとしても、全く売れないので注意が必要です。

低額商品、日用品は、ものがよければ売れます。
一方、高額商品は、商品自体よりも「誰から買うか」が強く意識されます。

つまり、いくらいい商品であったとしても、売っている人が信用できなければ、買ってもらえないのです。


<見た目で8割、売れるかどうかが決まる>


高額商品を対面で売るなら、売り手の外見、見た目で、8割、売れるかどうか決まってきます。

「外見で人を判断するな、人でものを判断するな」
と、子供の頃から、さんざん言われてきたと思いますが、
それでも、見た目で人を判断するのです。

高額商品になればなるほど、ある種の反道徳的な基準で、人は選んでいることになります。
(「人はネットビジネス商品を、反道徳的な基準で選ぶ」も参照)

しかし、選考基準は反道徳的であっても、道徳的な人の方が、買ってもらいやすいのも明らかです。


<愛ある情報伝達が売上に直結する>


高額商品は、商品自体よりも人で判断されます。
ですから、商品自体は、あまりに悪くない限り、売り上げには影響しません。

売り上げに直結するのは、事前の情報伝達のしかたです。
と言うのも、ネット集客してから対面販売ですから、
対面販売までもっていく、ネット集客の段階で、直接会ってもいいと思わせることが重要になってきます。

プロフィールの写真、言葉づかい、文章の書き方、これらすべてを徹底的に意識する必要があります。

ポイントは、たとえ実績のない初心者だったとしても、プロの顔をすることです。
人は、権威性に弱いので、権威性を作り出すことが売れるコツです。

また、「ネットビジネスしています」のような、ばく然としたプロフィールよりも、
「アフィリエイトのコンサルしています」「恋愛コンサルしています」
と言った、
具体的なプロフィールにした方が、買い手に、何をやっている人か、伝わりやすいです。


<高額商品を売る時に必要なマインド>


高額商品は、誰でも売ることができます。

自分はできる、とポジティブに考えて行動することがポイントです。
人は、ポジティブな感情の時しか買わないので、ポジティブな感情で接する事が大切です。

あなたがネガティブだと、それが相手に伝わって、
相手もネガティブな感情になってしまいます。

「自分にも売れるのだろうか」と言った気持ちを断ち切ることが必要です。

また、ビジネスは価値の提供です。決して、自分都合で発言や行動してはいけません。
 

続きを読む

2018/07/05

人はネットビジネス商品を、反道徳的な基準で選ぶ

「人を見た目で判断してはいけない」
 
子供の頃から、このように、学校で繰り返し教わったはずです。

ところが、ネットビジネスのノウハウ商材やコンサルコース、ビジネス塾を売る時には、
買い手に対して、この道徳的な価値観を期待してはいけないのです。


<ビジネス商材は、コンテンツよりも人で選ばれる>


あなたは、いい商品を作ったり、
いい商品をアフィリエイトすれば売れると思っているかもしれません。

残念ながら、そうではないのです。

私のような例外も中にはいますが、多くの人は、
ネットビジネスの商材は、コンテンツの中身よりも、売ったりアフィリエイトしている人を見て、
価値を判断し、買う買わないを決めているのです。


これは見た目で、あなたや、あなたの扱っている商品を判断したことになり、
道徳的に反した行動です。


ですから、あなたが、
「世の中の多くの人は、何て失礼な考え方をしているんだ!」
と憤る気持ちは、よく理解できます。

しかし、あなたが道徳教育ではなく、ビジネスをしたいのであれば、
多くの人が持つ、買う買わないの判断基準で、「あなたから買いたい」と思わせるより他ないのです。


<初心者より成功者から、買いたいと思われる>


人は、自分が失敗するのを避け、確実性を求めようとします。
ビジネス商品を買ったりコンサルを受ける時も、
確実に稼げる方法を求めます。

あなたが初心者であれば、多くの人は、あなたから買いたいと思わないでしょう。
一方で、あなたが既に成功しているのであれば、あなたの言う通りにすれば稼げると、多くの人は判断し、
あなたから買いたいと思うでしょう。

それでは、あなたがまだ多くの実績を出していないのであれば、
多くの人は成功者に流れ、あなたが扱う商品は見向きもされないのでしょうか?

実は、決してそんな事はないのです。


<初心者か成功者かは、見た目で判断される>


ビジネス商品を買う時、多くの人は、見た目で判断すると書きました。
と言うことは、あなたが初心者か成功者かの判断も、

あなたの実績ではなく、見た目であなたを判断すると言うことでもあります。

つまり、あなたがまだ1円も稼いだことのない初心者だったとしても、
見た目が成功者であれば、多くの人は、あなたからビジネス商品(アフィリエイト含む)を買うのです。


ここであなたは、自分がまだ大した実績も出していないのに、
一流の成功者のように振る舞うことに対して、
ためらいの気持ちを感じたかもしれません。

しかしよく考えてみてください。
そのためらいの気持ちは、どこから来るのでしょう。何が原因でしょう。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ