FC2ブログ
2016/08/31

エリオット波動の数え方、第1波の見付け方

<エリオット波動とは>


エリオット波動とは、
株式アナリストのラルフ・ネルソン・エリオットが編み出した、
テクニカル分析の手法です。

日本ではあまりメジャーではないのですが、
欧米ではダウ理論と並べてメジャーな理論です。

エリオット波動理論によれば、相場には一定のサイクルがあり、
その値動きには決まったリズムがある。

となっています。

FXでトレードする上で、エリオット波動を知っているのと知らないのでは、
損益に大きな差が出てきます。

特に、大きな値幅で利益を出すのに、
エリオット波動理論は書かせません。



<なぜ、FXにおいてエリオット波動が重要なのか>


先ほども書いたように、
エリオット波動は、欧米の投資家の間ではメジャーな理論です。

FXの場合、為替相場の主役は、欧米の投資家です。
ですから、欧米の投資家が多く注目する理論に沿って、
値が動きやすいのです。


ですので、
「長い物には巻かれろ」で、
エリオット波動が重要になってくるのです。


<エリオット波動は、推進波と修正波から成る>


エリオット波動説明図

エリオット波動は、トレンドの方向に向かう「推進波」と、
トレンドの調整で発生する「修正波」から成ります。

上の図のように、推進波は5波、修正波は3波からなり、
上昇トレンドの時は、
上昇方向に推進波、下落方向に修正波が発生します。
(下落トレンドの時は、逆になります)


<推進5波各波の特徴と、エリオット波動の原則>


エリオット波動の推進5波には、それぞれ、次のような特徴があります。

第1波:じわじわとした動きで徐々に方向性が明らかに。
第2波:第1波の大半を打ち消す反対方向のかなり強い動き。売買高が低下することで収束。
第3波:通常はもっとも強く長い動きで、5波のうち最大値幅動くことが多い。
第4波:乱高下が続く複雑な動きで高値持ち合いに近い。
第5波:かなりのスピードと勢いをもったバブル的な急騰であることが多い。



また、エリオット波動には、次の原則があります。

①第2波が第1波の値動きを完全に打ち消す事はない

第2波は、第1波の半値戻しや、
61.8%戻し、
他、フィボナッチ数に基づいた値動きをしますが、

全値戻しや、全値以上の戻しはしない、と言うことです。

言い換えれば、第2波と読んだ波が、全値戻しした場合は、
その波は第2波ではなく、
第1波と読んだ値動きも、第1波ではなかった事になります。


②第3波が一番短くなることはない

推進波の第1波、第3波、第5波を比較した時、
第3波が一番短くなることはない。

第3波と読んだ波の値幅が、第1波の値幅を超えられなかった場合、
その波は、推進波ではない可能性が高くなります。


③第4波が第1波の高値を下回ることはない

第4波に入って上昇が下落に転じても、
その安値が、第1波の高値を下回ることはありません。

もし、第4波の安値が、第1波の高値を下回った場合は、
トレンド相場ではない、となります。
 

スポンサーリンク

<エリオット波動第1波の見付け方>


トレードで大きな利幅を狙えるのは、エリオット波動第3波です。

しかし、第3波に乗って利益を出すためには、
第2波が終了した段階で、
第1波と第2波を見付け出すことが重要になってきます。


ここでは、実際のチャートを使いながら、
第1波の見付け方について説明していきます。

エリオット波動実際のチャート

これは、2016年8月31日、午前10時すぎの、
ドル円15分足チャートです。
前日より、ドル円の上昇が続いています。

この上昇トレンドの第1波がどこにくるか、ですが、
上昇トレンドの条件である、

・直近高値が前回高値を更新
・直近安値が、前回安値より切り上げ

この2条件を、ともに満たす必要があります。

チャートの真ん中下に、
101.70円台から、102.24円まで、50銭強く上昇した波がありますが、
(ピンク色の「安値切り上げ」の左側)

これは、単に高値を更新して、下落トレンドを否定しただけで、
安値が前回安値を下回っていますので、
上昇トレンドの要件を満たしていません。

従って、この波は、第1波ではありません。

では、どこが第1波かと言うと、
その次の上昇である、オレンジ色のジグザグ線を重ねた上昇部分です。

この上昇波は、安値の切り上げと、高値の更新をともに満たしています。
さらに細かく見た時、
上昇波の中に、推進5波を確認できます。

このように、

・安値切り上げ、高値更新の、上昇トレンドの要件を満たす
・細かく見た時に、推進5波の形が出来上がっている


の2条件をすべて満たした時、その波が、
上昇推進波の第1波である可能性が高くなります。

念のため、線を入れてない、元のチャートも載せておきます。
(右上に青い丸を入れてしまった以外は、生のチャート)
ドル円20160831仲値後


<第2波は、第1波の半値戻しが目安>


既に書いたように、第2波が第1波の上昇を完全に打ち消した場合は、
エリオット波動が成立しません。

第2波の目安は、第1波の半値戻しです。
(他に、61.8%戻しや、38.2%戻しとなる場合もあります)

また、上のチャートでは、第2波の中に、
修正3波の形が見られます。

さらに、重要なポイントとして、第2波の安値が、
直近の1つ前の高値を明確に下抜いていません。


このような形の時は、
第1波と第2波が完成した可能性が高く、
第3波で、強い上昇が見込めます。


<第3波の大きさの目安は、第1波の1.618倍>


第3波は、トレンドフォローで利を伸ばす時に、エントリーするタイミングです。
第2波の完成を確認しだい、押し目買いするところです。

第3波の大きさは、第1波の大きさの1.618倍が目安です。

まず、本当に第3波であるか、最後の確認を、
第1波の1.00倍のところで、反転しないかチェックします。
(第3波の中の、下の小さな水色の〇印)

ここで大きく反転するようなら、第3波ではないので、
すぐ決済した方が無難です。

上のチャートの例では、第1波の値幅が40銭であり、
その1.618倍である、値幅60銭を超えたところで、
値が大きく上下しています(第3波の赤文字横の水色○印)

今回の例では、第3波が、第1波の2.5倍まで伸びてます。
強いトレンドの時は、このような事も起こりますが、
1.618倍で利確しても構いません。

(実際、この1.618倍のポイントで利確したトレーダーも多かったようで、
大きく上下した値動きに、それが現れています)


<第4波で利確するかの見極め方法>


第3波が終わり、第4波に入った時に、

第5波を待たずに早めに利確した方がいい場合と、
第5波も狙った方がいい場合があります。

大雑把に言って、

・第3波が、第1波の2倍を超えて続いた場合、
第4波(内の小さな修正波)を確認した段階で、利確
・第1波と第3波の大きさが同じだった場合、
第5波で大きな値幅を狙う(まだ利確しない)


第3波で第1波の1.618倍を超えるエクステンションが発生した場合、
第5波は、かなり息切れした状態での上昇です。

第3波の高値を超えない場合すらあり、
そのままポジションを持ち続けると、急落につかまりかねません。
ですから、第3波のエクステンションが発生した場合は、
第4波に入った時点で、利確するのが安全です。

対照的に、第1波と第3波の大きさが同じくらいだった場合は、
第5波でエクステンション(大きな値幅)が想定されるので、
そのままポジションを持ち続けた方が、利幅を狙えます。

では、第3波が第1波の1.618倍だった場合はどうするか、ですが、
すぐ利確してもよいし、第5波を狙ってもいいのですが、
あまり大きな値幅は期待できません。
第3波の高値とダブルトップ作る想定が、無難なシナリオでしょう。


<まとめ>


エリオット波動理論を理解しておくと、

トレンドがどこまで継続するかや、
目安となる値幅も読めるので、
利幅を狙いやすくなります。

また、決済指値の目安ポイントも分かり、
寝ている間に大きな値幅で利確することもできるようになります。


なお、当たり前のことですが、知識だけあってもお金は増えません。
実際のFXで、実践して、初めて利益になります。


あまり細かいこと、難しいことまで覚える必要はありませんので、
実際の相場で、エリオット波動の形を見付け、
トレードしていく習慣をつけていきましょう。


<参考:私が使用しているFX口座>


以下のバナーをクリックすると、
すぐにFX口座を開設できます。
(私の場合、免許証の住所変更があったにも関わらず、5時間で完了しました)


(XM口座開設は、こちらから)
 

XMパートナーになると、
あなたのアフィリエイトで誰かが口座を作った場合、
その口座で取引が行われるたびに、あなたに報酬が入ります。

アフィリエイト口座を作るリスクはゼロなので、
合わせて、アフィリエイト用口座も作っておきましょう。


(アフィリエイト口座は、こちらから作れます)


以下は、おまけになりますが、

こちらの「天底チャート MT4」は、
相場の反転ポイントを見極めてエントリーや決済のシグナルを出してくれます。
シグナルに従ってトレードすればよく、心理的に気楽ですので、是非、ご利用下さい。

※XMには、MT4口座とMT5口座がありますが、
「天底チャート MT4」は、MT4のみに対応です。
MT5には対応していませんので、ご注意ください。


 
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ