FC2ブログ
2017/02/03

米国雇用統計の特徴とFXでの注意点

本日は第一金曜日です。

毎月第一金曜日の、
夏季は日本時間21:30、冬季は日本時間22:30に、
米国の雇用統計が発表されます。

米国雇用統計


<なぜ、米国雇用統計が重要なのか>


アメリカは世界最大の経済大国で、
為替においても、USドルは、基軸通貨です。

アメリカでは、「雇用」と「失業」が、金融政策に大きな影響を及ぼします。
雇用統計がよければ、利上げの思惑が出てドルが買われ、
雇用統計が悪ければ、利下げの思惑が出てドルが売られます。

このため、アメリカの雇用統計は、世界中のトレーダーが注目するのです。


<雇用統計前は、新規ポジションは控えられる>


米国雇用統計は、発表日時が事前にはっきり分かっています。
雇用統計発表が近付くにつれ、新規ポジションを立てるのは、控えられます。

一方で、既にあるポジションを制するトレーダーもいます。
このため、トレンドの調整による値動きが出ることがあります。
(例:上昇トレンドにおける、調整売りの局面)


<雇用統計の重要な指標>


雇用統計では、全部で10以上の指標が発表されます。

米国雇用統計指標説明

その中でも、特に重要なのが、
・非農業部門雇用者数変化
・失業率


の2つです。


<予想と結果が近い時は、相場に方向性は出にくい>


雇用統計は、あらかじめ、
複数の証券会社やアナリストによる予想が出ています。

この予想と結果が近い場合、
市場関係者に驚きが少なく、雇用統計を機に相場に方向性が出ることは、
あまりありません。

予想と結果が近い場合、各通貨ペアは、
上下に値が大きく動くだけで、また元の位置に
値が戻って落ち着くことも、よくあります。


<予想と結果が乖離していると、値が大きく動く>


雇用統計で相場が大きく動くのは、
予想と結果が大きく乖離している時
です。

この場合、一方向に値が動きやすく、
NY市場のクローズ(日本時間の土曜早朝)まで、
一方的にドルが買われ続ける、或は売られ続けることもあります。

特に、昨年(2016年)は、
ドル円に関して言えば、ただでさえ、ダイナミックな値動きをした年でした。

ここへ雇用統計のサプライズが加わると、
数時間で、1円以上、値が動いたこともあります。


<相場の地合いが、雇用統計後の値動きにも影響を与える>


最も重要なことは、
相場の地合い、どのような環境で雇用統計発表を迎えるか、です。

FX、主要経済指標発表時の値動きは、4時間足で確認しよう!
でも触れますが、

各時間軸ごとの値動きを示したチャートは、
長期足になればなるほど、
大きな経済指標や政治的出来事による値動きを落ち込んで、
テクニカル的に動きます。


4時間足になると、
雇用統計発表による値動きも、テクニカル的に織り込まれます。

このため、雇用統計発表を迎える時は、
4時間足で、相場の地合いを見ておくことで、

雇用統計発表で値が動くとしたら、どちらに動きやすいか、
或は、どちらの方向には動きにくいか、判断できる場合もあります。
 

スポンサーリンク

<エントリーは、雇用統計発表後に>


雇用統計発表時のエントリーは、
雇用統計が発表された後にすること
です。

また、発表前後はスプレッドが開くため、
スプレッドが広い間はエントリーを見送り、
スプレッドが落ち着いてからエントリーするようにしましょう。

それからでも、全然遅くないです。


<雇用統計発表直後の値動きに追随しない事>


雇用統計発表直後は、
上がるか、下がるか、迷ったような値動きをする場合が多いです。


このため、発表直後の値動きに追随すると、
エントリーした直後から値が反転し、
一瞬で大きな損失になる場合があります。

雇用統計発表直後は、チャートの勢いを見ながら、
逆張りエントリーし、
このポジションは、スキャルピング的に、短時間で決済するのが無難です。



<方向性が出た場合は、トレンド方向に順張りエントリー>


雇用統計発表から少し時間が経ち、
相場に方向性が現れた場合、

1時間足など、ある程度上位のチャートでレンジブレイクした場合は、
その方向に、順張りすると、大きな利幅を取れる場合があります。

ダウ理論に従って判断し、
(詳しくは、「ダウ理論とは?FXで稼ぐために絶対に知っておきたい」を参照)
トレンドの発生を確認できれば、

そのトレンドの方向に順張りエントリーしましょう。


なお、雇用統計の後は、
直近の高値と安値切り上げ(または切り下げ)を確認した後
(エリオット波動第3波)は、

かなり長い時間に渡り、押し目を付けずに、
一方的に上げ続けたり、下げ続ける場合もあります。

押し目を待っていると、出遅れた上に、
トレンドの終盤でエントリーしたとたん、値が反転した、
と言うことも起こり得ますので、
この点は、十分、注意して下さい。


(私も、これでかなりやられた事があります)


<雇用統計だけで勝ち続けるのは不可能>


米国雇用統計では、かなり相場が動きますが、
雇用統計だけで勝ち続けることは不可能と考えてください。

と言うのも、雇用統計は、予想と結果の差の大きさだけでなく、
どのような相場状況で雇用統計を迎えるか、によっても、
その後の値動きがまるで違ってくる
からです。

FXは、あくまで普通の相場で勝つことを目的とし、
雇用統計はボーナス、と考えてください。

普通の相場で勝てるから、指標発表時にも対応できるのです。
普通の相場で勝てない人が、雇用統計だけで勝とうとすると、
逆に大損失になる場合がほとんどですから、
その点は、くれぐれも肝に銘じてください。


<米国雇用統計時の値動きに強いFX証券会社>


雇用統計発表時は、
スプレッド原則固定のFX証券会社でも、スプレッドが開きます。


この時、普段はスプレッドの狭い証券会社が、
元々スプレッドが広めの証券会社以上に、
広いスプレッドを提示する場合があります。

これは、FX証券会社が、
どのような仕組みで注文を処理しているかが大きく影響します。

詳細は
NDD方式と相対方式:FX口座の、これだけは知っておきたい
の中で説明しますが、

顧客の利害と証券会社の利害が相反する、
相対取引のFX証券会社では、
これ見よがしに広いスプレッドを提示する傾向があります。

顧客と証券会社の利害が一致する、
NDD方式を採用しているFX証券会社が、
何だかんだ言っても、結局、雇用統計に強いFX証券会社である

と言えます。

FX口座NDD絶対条件


<おススメのFX証券会社>


米国雇用統計は、世界中の為替相場に大きな影響を与えます。

その意味で、
世界中で長きに渡って多くのトレーダーに利用されているFX証券会社が、
大きなイベントに強い、と言ってもいいでしょう。

世界的に利用者が多く、
日本からも利用できるFX証券会社としては、

XM

が、知られています。

XMは、優れたFX会社でありながら、
誰でも、すぐに、口座開設できます。

(詳細を知りたい方は、「海外FX業者、XMの6つの特徴と3つの注意点
も、参照してください)


以下のバナーをクリックすると、
すぐにFX口座を開設できます。
(私の場合、免許証の住所変更があったにも関わらず、5時間で完了しました)


(XM口座開設は、こちらから)
 

XMパートナーになると、
あなたのアフィリエイトで誰かが口座を作った場合、
その口座で取引が行われるたびに、あなたに報酬が入ります。

(詳細を知りたい方は、
XMアフィリエイトの特徴とおススメの理由」を、
参照してください)

アフィリエイト口座を作るリスクはゼロなので、
合わせて、アフィリエイト用口座も作っておきましょう。


(アフィリエイト口座は、こちらから作れます)


以下は、おまけになりますが、

こちらの「天底チャート MT4」は、
相場の反転ポイントを見極めてエントリーや決済のシグナルを出してくれます。
シグナルに従ってトレードすればよく、心理的に気楽ですので、是非、ご利用下さい。

※XMには、MT4口座とMT5口座がありますが、
「天底チャート MT4」は、MT4のみに対応です。
MT5には対応していませんので、ご注意ください。


スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ