FC2ブログ

ポンド豪ドル(GBPAUD)の3つの特徴と取引できるFX会社

ポンド豪ドル画像

イギリスの通貨ポンドと、オーストラリアの通貨豪ドルと言う、
それぞれの通貨は有名だけど、
組み合わせとしてはあまり聞きなれない、
ポンド豪ドル(GBPAUD)の3つの特徴と、取引におすすめのFX会社について、説明します。


<特徴①:1日の値幅が大きい>


ポンド豪ドルの特徴は、その値動きの大きさにあります。

最近は、どの通貨ペアも値動きが小さくなってきていますが、
ポンド豪ドルは最近でも、

値動きが少ない日でも80pips、
少し値が動けば200pips以上、
ふつうに動きます。

ポンド絡みは値幅が大きいですね。

マイナー通貨ペアと言うことで、
スプレッド(売値と買値の差)がやや広めですが、
それを差し引いても、十分利益を狙えるほどの値動きです。

最近、どうも値が動かなくて、思うように利益が出ない。
そのような悩みを抱えている方におすすめの通貨ペアです。



<特徴②:1日のどの時間帯でも値が動きやすい>


ポンド豪ドルは、ヨーロッパ通貨のポンドと、
オセアニア通貨の豪ドルの組み合わせです。

このため、オセアニア市場が動いている午前中、
ヨーロッパ市場が動き出す夕方、
全体的に値動きが大きい、夜のNY市場の時間、

どの時間帯でも値が動きやすいのが特徴です。

いつでもFXできるけど、
FXできる時間が特に決まっていない方向けの通貨ペア

と言えそうです。


<特徴③:一方向に値が動きやすい>


GBPAUD20210220-7時-1時間足解説付き
これは豪ドル絡みの通貨ペア全般に言える話ですが、
ポンド豪ドルも、
値が一方向に動きやすい特徴があります。

ですので、はまれば利益が一気に伸びる半面、
相場の読みが間違った場合は、一気に損失が増えるリスクもあります。

朝起きたらとんでもない含み損になってた、
とならないためにも、
ポンド豪ドルでは、逆指値による損切りラインの設定は、
絶対に必要です。

 

スポンサーサイト

 

<ポンド豪ドルを取引できるおすすめFX会社はここだ!>


ポンド豪ドルは、通貨ペアとしてはマイナーなため、
取引できる通貨ペアの多い、海外FXを利用するのが一般的
です。

しかし海外FXと言うことで、
怪しいFX会社を使ってしまうと、
出金できないなど、FX取引以前のトラブルに遭いかねません。

海外FXの安全性については、まちがった情報も多く出回っています。
必ず、
安全な海外FXの見分け方:XMの評判は?
をを一通り、目を通してください。

その上で、ポンド豪ドルを取引できる、
安全性の高い、おすすめのFX会社を1つ挙げるなら、

圧倒的に、
XMを使ってみることをおすすめします。

やはり、XMは、海外FXの定番と言うだけあって、
多くのFXトレーダーに信頼されてますし、
取り扱っている通貨ペアの多さも魅力です。

私も最近は、もっぱらXMで取引していますね。

(XMの口座開設するには、バナーをクリック!)


※XMの口座開設方法が分からなくて不安な方は、
XMのFX口座開設方法を教えます
も読んでください。
 
スポンサーサイト



79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社辞めたいと思った瞬間から行動を!
会社から自由になりたいあなたへの提案

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

FXは借金地獄が怖い!?借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

FXの借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
15位
アクセスランキングを見る>>