FC2ブログ

FX口座、BigBossからXMに変えました

私が日ごろ使っている、
FXの口座を、本日、
BigBossから、XMに変更しました。

その理由について、説明します。




<アップルショックにおける、BigBossの値動きがおかしかった>


事の発端は、昨日(2019年1月3日)早朝、
アップルが業績を下方修正したのを機に、

リスクオフの円買いが殺到し、急激な円高が発生したことです。

(「【緊急】1月3日のドル円相場と、ロスカットが追い付かない相場の実例」も参照)

この時、ドル円は、一時104円台後半をつけました。

ところが、BigBossのドル円の5分足は、以下の形になっていたのです。

ドル円5分足20190103午前

このチャートを見ると、
107.77円から、106.65円まで、
一気に1円以上も、値が飛んでいます。

とは言っても、急激な価格変動の時、
短期足のチャートで値が飛ぶのは、
別に珍しいことでもないので、ここは、気にする点でもありません。

問題は、最安値です。

このチャートの最安値は、106.53円です。
それ以下の価格帯である、
106円台前半、105円台、
そして市場の最安値である104円台は、一切つけていません。

これはどういう事なのか?
考えられるのは、以下の2つの可能性です。


<可能性1:BigBossからインターバンクに流すサーバが弱い?>


可能性として考えられる1つ目は、
BigBossのサーバが弱く、大量注文でパンクしてしまった可能性。

市場価格の急変の時には、
注文が殺到して、証券会社のサーバがパンクすることは、
決して珍しい話ではありません。

おすすめできないFX口座の特徴 」の後半で触れた、
2015年1月のスイスフランショックの時は、
そもそもインターバンクのサーバがパンクしてますし、

他にも、Brexitなどの価格急変時に、
証券会社によって、サーバがパンクして、
値が飛んだ事は、これまでにも何度もあります。

今回の場合、数分で4円の変動ですから、
サーバが注文を処理し切れない状況は、各社であり、
 
BigBossだけでなく、Yahoo!ファイナンスのチャートでも、
場所が異なっていると言え、
値が飛んで表示され、サーバがパンクしたことがうかがわれます。

一方で、XMのチャートは、値が飛んでいませんでした。
(下のチャート)
つまり、XMでは、すべての注文を、無事に処理できたわけです。

ドル円20190103午前5分足XM

これだけ見ても、XMの方が、
BigBossより、市場の急変に強い証券会社である事が分かります。

しかし、XMの方がBigBossよりサーバが強いとなると、
合点のいかない事実があります。


<可能性2:BigBossはNDDを謳っているが、実は呑み行為している?>


合点のいかない事実は何か、と言うと、
スマホで操作した場合、
BigBossの方が、XMより応答が早い、と言う事実です。

パソコンで操作した場合は、それほど気にならないのですが、
スマホで操作すると、明らかに差があります。

しかし、XMの方がサーバが強い、であるならば、
XMはBigBossより、応答が早いのが本来です。
なぜ、逆なのか?

既に他のサイトでも挙げられている内容ですが、
BigBossは、NDDを謳いながら、実はDD(呑み行為有り)の証券会社では?
と言う疑問です。

この疑問は、
追証無しの例外条件が非常に曖昧で、
BigBossの裁量1つで、いくらでも追証を取れる、
と言う点から発せられたものですが、

XMよりサーバが弱いはずのBigBossの方が、
ふだんから、応答速度が速い、と言うのは、

XMはインターバンクと通信しているが、
BigBossは社内サーバと顧客との通信しかしていない、と考えなければ、
つじつまが合わない話です。


呑み行為がある時点でも、既に問題ですが、
(ちなみに、国内のFX証券会社は、ほぼ全て、呑み行為がある)

NDDを謳いながら、実際は呑みがある、となると、
嘘の表記をしたことになり、さらに問題です。

BigBossは、かつてニュージーランドで金融ライセンスをとり、
オフィスもニュージーランドに構えていましたが、

現在、ニュージーランドではライセンス取り消し、オフィスも撤退し、
オフィスは、セントビンセント・グレナディーンと、セイシェルの2か所のみ、
ライセンスはセントビンセント・グレナディーンのみになっています。

ニュージーランドでライセンス取り消しになった理由は定かでありませんが、
もしかしたら、
こういう、疑惑を感じさせる、不透明感が、背景にあるかもしれませんね。
 

スポンサーサイト

<あなたには、少しでも安心のFX口座を紹介したい>


BigBossからXMに乗り換えたもう1つの大きな理由は、
私は、単にFXトレードしているだけでなく、
FX口座を紹介する、アフィリエイトも実施しているからです。

BigBossも、XMも、アフィリエイト口座と言うのがあります。

アフィリエイト口座に登録し、
専用のバナーから誰かが口座を開設した場合、

その人の取引量に応じて、アフィリエイト口座に報酬が入る、と言うものです。

XMの場合、アクティブトレーダーの数によって、
10万通貨(1ロット)の取引1回当たり、$3~$10が、
アフィリエイト報酬になります。

このアフィリエイトは、単発売り切り型の商材アフィリエイトと違い、
その人がトレードを続ける限り、報酬が入り続けますし、
利益を出せるトレーダーは、次第にロット数を増やしていきますから、
それに比例して、あなたの報酬も増える仕組みです。


(XM口座開設は、こちらから)
 

(アフィリエイト口座は、こちらから作れます)


ところで、自分が口座を使うだけならまだしも、
他人にも同じ口座を使ってもらおう、と考えるのであれば、
少しでも安心な口座を紹介したいですよね。

BigBossは、最近、
指値注文、指値決済した時、
値が必ず滑る問題が発生していました。

指値決済に関しては、有利な方向のスリップしか起きていないのですが、
それでも、
必ず値が滑ると言うのは、裏で何か設定してないか、
気味の悪さがありました。

そこへ、今回のアップルショックの値動き。
このままBigBossを使い続けたり、紹介することはできないと思い、
口座の乗り換えを実行したわけです。


XMは、海外FX口座の中でも、特に人気がある口座で、
世界的にも名を知られています。

私の記事を読んだあなたには、
少しでも安全な証券会社でFX取引してほしいのと、

アフィリエイトする場合も、
少しでも安全な証券会社の紹介をしていただきたい

と言う思いもあり、

XMを使用することにしました。

どうか、あなたには、目先の利益にとらわれず、
安全で安心な口座を使用、または提供することで、
長期的な収入源を培っていただければ、と思い、
今回の記事は終わりとさせていただきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

検索フォーム

連絡先・おすすめ

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook


 FX口座開設できます


 アフィリエイトで稼ごう!!


今、イチオシのビジネス 旅するカフカ

期間限定、成功マインドをLINE@で無料配信!
新・大成塾

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
22位
アクセスランキングを見る>>