FC2ブログ

【緊急】1月3日のドル円相場と、ロスカットが追い付かない相場の実例

この記事では、
前半で、
2019年1月3日早朝の為替相場の近況と、
後半で、
この相場を実例に、為替の急激な変動のリスクと、その対処法について触れていきます。


<リスクオフの円買いが殺到した>


NY市場の取引が概ね終わった、
日本時間1月3日午前7時半すぎ。

アップル社が、中国での販売不振を理由に、
業績を下方修正したのをきっかけに、

世界経済の減速に対する不安が急激に高まり、
リスクオフの円買いが殺到しました。

ドル円、ユーロ円、豪ドル円など、
いずれも売り注文が殺到し、急激な円高が発生。

それまで、1ドル=109円を挟む形で推移していたドル円は、
一時、104円台に突入する、円高ドル安になりました。

その後は1ドル=107円台まで戻りましたが……。

2017年から2年近くもの間、ドル円相場は静かだったので、
新年早々の急激な変動に、驚かれた方も多かったのではないでしょうか?


<値が飛ぶ形で、急激な円高が進行した>


ドル円5分足20190103午前

ここで、今朝の値動きをチャートで振り返ってみます。
上のチャートは、
BigBoss社の、ドル円5分足です。
(時刻は、GMTで表記)

このチャートを見ると、
107.77円から、106.65円まで、
1円以上も、一気に値が飛んでいます。

これは、注文があまりに殺到したために、サーバの処理が追い付かず、
データの更新が断続的になったため
です。

また、この影響で、BigBossでは、
今日のこれまでの最安値は106.53円となっており、
105円台や104円台の値はついていません。

どのタイミングでインターバンクと通信したかによって、
各証券会社ごとに、
この時間帯のチャートの形はバラバラです。


<ロスカットが追い付かない相場だった>


私は、今朝はノーポジションだったので、
この為替変動で何の影響も受けていないのですが、

仮に、あなたが、ドル円の買いポジションを持っていたとしましょう。
そして、107.70円に、ロスカット(損切り)ラインを設定していたとしましょう。

(損切りの詳細と重要性は、
FXにおける、損切り(ロスカット)の重要性とタイミング」を参照)

しかし、このチャートでは、
1ドル=107.77円から106.65円まで、値が飛んでいます。

そのため、107.70円の損切り(ロスカット)ラインは発動せず、
1ドル=106.65円まで含み損を拡大させてから、
損失決済が行われることになります。


このように、急激な相場の変動が起きると、
逆指値によるロスカットは、意味をなさない
のです。

では、どうすればよいか?
対策は、2つあります。
 

スポンサーサイト

<対策1:エントリーする通貨量を絞る>


1つ目の対策は、
エントリーする時の通貨量を、低く抑えることです。

そもそもFXにおける最大のリスク対策は、
エントリーする通貨量を大きくしすぎない事です。

(「FXの資金管理は、レバレッジより通貨数量を意識すること!」を参照)

一般的に、
口座残高の5%が、エントリーする通貨量の目安と言われています。

口座残高20万円で、1万通貨のエントリーです。

仮に今回、1ドル=109.00円の時に買いでエントリーし、
ロスカットが追い付かず、
1ドル=106.65円で損失確定したとします。

1万通貨でエントリーした場合、
損失額は23,500円。
エントリー前の口座残高が20万円だったとすると、
損失確定後の口座残高は、176,500円。

確かに痛い損失ではありますが、これだけ残高が残っていれば、
また再出発できます。

しかし、これが10万通貨のエントリーだった場合、
損失額が235,000円となり、
損失確定後の口座残高がマイナスになってしまいます。


<対策2:追証無し、ゼロカットシステム採用の証券口座で取引する>


2つ目の対策は、
FX取引する証券口座を、
そもそも、追証無し、ゼロカットシステム採用の証券会社で作成すること
です。

追証とは、含み損が増えて、口座残高が一定水準以下になると、
口座への入金を求められる仕組みのことです。

ゼロカットシステムとは、
今朝のような急激な相場変動でロスカットが追い付かず、
損失確定後の口座残高がマイナスになった場合でも、
口座残高をゼロにリセットし、あなたがマイナス分の借金を背負わずにする仕組みのことです。

一般的に、
日本国内のFX証券会社は、
追証があり、ゼロカットシステムを採用しないため、

今回のような相場の急激な変動が起きた場合、
処理が追い付かずに、借金を抱えることになるリスクがあります。


これに対し、
海外のFX証券会社では、
追証なし、ゼロカットシステム採用が当たり前です。


YAHOO!の広告見たり、
自己アフィリの報酬目当てで、
国内証券会社でFX口座作って始められる方がとても多いのですが、

FXに関しては、国内よりも海外の方が、はるかに安全です。

(「FXは海外口座の方が国内口座よりおすすめ!」も参照)

日本は海外のほとんどの国より治安がいいため、
体感的に、日本は安全、海外は危険、と言うイメージを持つ傾向がありますが、
その感覚が通用するのは、あくまで治安のみです。

FXに関しては、体感と真逆で、海外口座の方が安全です。

海外口座の安全性の見分け方は、
海外のどこかの国で金融ライセンスを取得しているかどうかです。
ライセンスを取得していれば安全です。



(例:世界的に人気の海外口座であるXMは、
セイシェル金融庁より、ライセンスNo. SD010を交付されています)

FXのリスク対策は、証券会社を選ぶ段階で、
既に始まっている上、これが非常に重要な対策です。

現在、あなたがお使いの口座が、
・追証あり
・ゼロカットシステムなし

のいずれか一方でも当てはまる場合は、
これを機に、口座の乗り換えも検討してみるとよいですね。
スポンサーサイト



79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社から自由になりたいあなたへの提案
会社から自由になりたいあなたへの提案

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

損失リスクのないFX教えます!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
8位
アクセスランキングを見る>>