FC2ブログ

株価は警告する!2019年はリーマンショックを超える大不況突入か?

今年(2018年)1月17日に、仮想通貨の大暴落が起きた時、
この暴落を事前に予測し、1日で500万円の利益を得た、
トレーダーの大谷正光さんが、

昨夜、2019年の株価と景気に関して、大警告を発しました。

(仮想通貨の大暴落については、この記事を参照
当時、仮想通貨が1年かけて大暴落するなんて誰も信じていませんでしたよね?)

それによれば、
株価には、既に下落の兆候が出始めている。

(大谷さんの当初の予想では、
リーマンショックを超える大不況の前兆は、もう少し先に出ると見ていたようですが、
当初の予測より、半年、前倒しで不況の兆候が出たそうです)

この先、株価は大暴落し、
リーマンショックを超える、大不況に突入するそうです。

多くの人が仮想通貨バブルで浮かれ、
「まだ上がる」と言う口車に乗せられて、今年大損した人が続出した中にあって、
 
「これから仮想通貨は大暴落する」と警告を発し、
その予測通りになった、大谷正光さんの発する内容ですから、
決して無視することはできません。


大谷さんの警告を受けて、私の方では、ドル円の週足チャートを見ました。

ドル円20181211週足

週足レベルで、高値を徐々に切り下げていて、
それまでのドル買い相場にブレーキがかかっている状況です。

ここから下抜けば、一気にドル売りが強くなる相場環境になっています。

株だけでなく、為替相場でも、ドルを売って円を買う、
リスク回避、不況の入口を示唆するチャートの形が現れています。


<スーパーリーマン級の不況になると、何が起きるか>


このように、投資の世界では、
既に、スーパーリーマン級の大不況の入口を示唆する兆候が出ていますが、

大不況に突入すると、何が起きるでしょう。

ここでは、投資に限定せず、ビジネス、雇用など、幅広く見て行きます。
これは、暴落相場を利益に変えるのは、経験とスキルが必要であり、
投資以外の世界を見ておいた方が、対策が立てやすいからです。


①株価下落

既に兆候が出ていますが、
大不況は、まず、金融経済に現れます。
不況の入口では、株価が大きく下落します。

日経やNYダウでは、この値動きとも取れる下落が出ています。

2018年12月11日時点で、まだ、株価の下抜けは起きていませんが、
大谷さんによれば、下抜けを試す値動きになっているそうです。

株価の下抜けが起きた時点で、
「売りが売りを呼ぶ」状況になり、
株価はどんどん下がっていきます。

すると、大不況は、次のステージに突入します。


②不動産下落

株価が下がると、
投資家は、投資対象となる商品を手放し、
キャッシュ(現金)の割合を増やそうとします。

投資対象の中でも、価格の大きい、不動産が、売りの対象になります。
つまり、土地や投機向け賃貸マンションなど、不動産の価格が下落します。


③景気後退

土地や賃貸マンション、賃貸オフィスの価格が下がると、
多くの人が、景気が悪化したと感じるようになります。

「景気が悪化した」と言う大衆心理が、
さらに次の、負のスパイラルを呼び込みます。


④金融機関の不良債権化

投機・投資を行っている人の多くは、金融機関です。

金額でみれば、圧倒的に多くの投資・投機は、
金融機関が行っています。

特に、不動産は、金融機関が担保として保有しているものが多くあります。
不動産の評価額が下がると、

売ってもお金を回収できない、
(買い手がいないので)そもそも売れない、
売れないからさらに価格が下がる、

この負のスパイラルにはまり、
金融機関が保有する、多くの債権が不良債権と化します。


⑤貸し渋り・貸しはがし

下落相場では、金融機関は、資金の新規融資をためらう「貸し渋り」や、
既に融資した債権を、
期限前に回収しようとする「貸しはがし」が多く発生します。

この貸し渋り・貸しはがしにより、
中小や零細企業、個人事業主を中心に、
資金が不足し、実体経済にも悪影響を及ぼします。


⑥景気のさらなる悪化

お金がないので、事業を行うことができず、
景気がさらに悪化します。


⑦倒産・リストラ

そして、ついに、この時を迎えます。

事業主は倒産し、
雇われている人は、リストラに遭います。

まず、派遣切りなど、非正規の仕事がなくなります。

さらに、正社員にもリストラの波が及び、
安定と思っていた、大企業のサラリーマンも、路頭に迷うことになります。


<大不況時に危険な稼ぎ方と、安定な稼ぎ方>


これらを見ると、大不況突入時に危険な稼ぎ方と、
比較的安全な稼ぎ方が見えてきます。


●投資は、危険です。

まず分かるのが、投資は大損しやすい、と言うことです。

不動産や、石油などの先物は、
買ったよりも安い価格で売却する、
それどころか、値が付かなくなる危険が高いです。

株価も下落ですから、
不況に強い銘柄を見抜く力がなければ、危ないです。

暴落相場での空売りは、うまくやれば、爆益に変えられますが、
値が下がったところで空売りすると、
一旦、利確したい投機家の買い戻しに遭い、
かえって損失するリスクもあります。


●サラリーマンも全く安定ではありません。

日本には、「サラリーマンは安定」と言う、
昭和時代の体験に基づく神話が、
平成が終わろうとしている現在でも、依然、根強く残っています。

しかし、サラリーマンは、大不況時には、
最も危険な職種です。


誰がリストラされるかは、運次第、と言っても過言ではありません。
自分の意思で自分の運命を決められないのです。

自分の運命を他人に委ねることは、気楽ですが、
それが安定と言えるのは、右肩上がりの時代だけです。

少子高齢化と言う、右肩下がりの土壌がある今の日本においては、
自分の意思で自分の運命を決められないサラリーマンは、
典型的な、ハイリスク・ローリターンの職種です。

大不況時に、サラリーマンが抱える潜在的なリスクが表面化します。


●借金を抱えた個人事業主

会社が決して安定でなく、精神的にも牢獄の度合いを増していることから、
個人起業した人も増えてますが、

起業時に借金を抱え、まだ返済が終わってない人は、かなり危険です。
もっと危険なのは、これからプロ○スやア○ムなどでローンを組もうとしている人です。

既にネットビジネス系のローンチも行き詰まり、
単価の切り下げや、スタッフの整理が始まっています。
(そのようなビジネス塾を、私は目の当たりにしています)

サラリーマンが安定でないことが浮き彫りになるので、
ネット起業する人自体は、増えます。


しかし、既に無料の情報が大量に溢れている上、
資金の余裕がない人の起業がメインになることから、
いくら情報の質がよくても、
高単価の商品は、初心者向けには売れません。

と言うか、ネット起業したい人が増える一方、
使えるお金は減るのですから、
単価の下落は避けられないでしょう。

借金を抱えたり、
今までの感覚の支出を続けている個人起業家は、
税金を払えずに破産することになります。
 

スポンサーサイト

<スピリチュアルは需要が増えるが、あまり勧めない>


不況時には、魂の安定を求める人が激増します。
このため、スピリチュアルは大きなビジネスチャンスになります。

しかし、この不安に乗じた、偽のスピリチュアルがはびこるのも特徴です。

あなた自身が、幸せで豊かでないと感じるのであれば、
スピリチュアルでの起業は、やめた方がよいでしょう。

知らず知らずのうちに、偽スピリチュアルの一員になってしまいます。

ネットビジネスの収入が減ったから、慌ててブームに乗ってスピリチュアルを始める、
と言うのは、あなた自身の評価を下げる原因になるため、
お勧めしません。



<ネットワークビジネス(MLM)・権利収入は、既に名の通った会社を選べ>


景気後退時に注目されるのが、
ネットワークビジネス(MLM)の権利収入です。

MLM自体は、世界では、最も効率的に収益を上げるビジネスモデル、と評価されています。
不況になると、
その効率的なモデルを魅力に感じ、飛び付く人が多いのでしょう。

しかし、1つだけ、忘れてならない事があります。

不況、
特に、リーマンショックを超える大不況ともなれば、
大衆の消費心理は冷え込み、支出が減ることです。

と言うことは、
ほとんどのMLMでは、
既にMLMに参加している人から見れば、
不況時には、それまでよりも、MLMの権利収入も減少するのです。

また、景気後退のタイミングに乗じて、
権利収入を謳った、悪質なMLMが増えるのも特徴です。

MLMは、組織が飽和する前に参加することが、稼げる条件なので、
悪質なMLMが「うちは事業を始めたばかりなので飽和してません」
と、さかんに宣伝してきますが、

こと不況時に関しては、
既に名の通った、参加者の多いMLMに参加した方が安全です。


MLMの権利収入自体は、不況時には注目されるわけですから、
(悪質なMLMが急増するのは、権利収入が不況に強いことの裏返し)
それまで飽和していたと思われたMLMが、
急にブレイクスルーする事もあるのです。

景気が良く、権利収入やMLMの他に、いい稼ぎ方がいっぱいあって、
「MLMなんか」
と敬遠されていた時期から、コツコツ組織拡大したMLMに参加することが、
リーマンショックを超える大不況を乗り切る、安全で確実な方法です。



<ワールドベンチャーズは不況に強いMLM!?>


名の通ったMLMで権利収入を作ることが、
大不況を乗り切るのに安全で確実、と、今書きました。

この視点で見た時、特筆すべきMLMがあるので、紹介しておきます。

それは、ワールドベンチャーズと言う、アメリカ発の、会員制旅行会社のMLMです。

(ワールドベンチャーズについては、
ワールドベンチャーズ(World Ventures)は稼げるか怪しいか? 評判と私の考え
ワールドベンチャーズがチェコ、メキシコにオープン!日本上陸も近い?
World Ventures review - Is it great opportunity or scam? 」(英文)
を参照してください)

このワールドベンチャーズは、不況に強いMLMと言われています。

と言うのも、ほとんどのMLMは、
参加者本人と、グループの消費金額を基準に、
各参加者の報酬額が決められるため、

不況で消費が冷え込むと、収入が減ってしまいます。

しかし、ワールドベンチャーズの場合、
グループの大きさ、会員の数だけで、受け取る報酬が決まります。

このため、不況で旅行に行く回数が減ったとしても、
収入が減らない
のです。

それどころか、不況に強いMLM、
不況時に安全な権利収入、
と言う形で注目され、参加者が増えれば、
不況にも関わらず、あなたの収入は増えていくのです。


株や投資と同じで、MLMやビジネスも、
先に気付いて行動した者が、圧倒的な利益を得ます。

これは、景気の状況に関係なく、普遍の法則です。

リーマンショックを超える大不況の入口に差しかかった今、
ワールドベンチャーズに参加して、大不況に備えるか、

実際に大不況に入って、リストラや倒産してから、
慌てるあなたの心理を見透かした詐欺師に騙されるか。

決めるのは、あなた自身です。

少しでも何か対策を、今の内に立てておこうと思われたのであれば、
動画の中で具体的な内容をお伝えしますので、

以下のフォームにメールアドレスを登録し、
配信される動画をご視聴ください。

ここから、動画を見ます
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社から自由になりたいあなたへの提案
会社から自由になりたいあなたへの提案

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

損失リスクのないFX教えます!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
3位
アクセスランキングを見る>>