FC2ブログ

平均寿命大暴落時代迫る!長生きするために必要なこととは!

(2020年1月21日、改訂)

平均寿命大暴落時代迫る

日本人の平均寿命は、今後50年間のびつづけ、
女性の平均寿命は2050年には90歳を超える。
男性も80歳以上生きるのが当たり前になる…。

将来的には、人生110年時代もやってくる…。

これら予測に、私は真っ向から異議を唱えます。

日本人の平均寿命は、まだしばらくは延びますが、
その後は、大暴落と言ってもいいレベルで急低下する可能性が、
きわめて高い。


これが、私の予想です。なぜ、このように考えるか、これから順に説明します。


<平均寿命も一種の相場である>


まず基本として押さえておきたいのが、
平均寿命も一種の相場である、です。

相場と言うのは、為替(FX)や株式と同じ、
チャートで示される、あれです。

相場って、様々な価格で売買したい人がいる中で、
この価格なら取引してもいいよ、と、
全体として合意ができた価格(全体の総意)が相場ですよね。

では、平均寿命はどう決まるかと言うと、
長生きする人もいれば、早死にする人もいる中で、
全体として、このくらい生きるだろう、と
期待できる寿命(全体の総意)が平均寿命として決まるわけです。

ほら、為替(FX)や株と、平均寿命、
どちらも「全体の総意」がキーワードですよね。

つまり、平均寿命って、相場そのものなんです。


<平均寿命のグラフもテクニカル分析できる>


FXや株で、この先の価格が上がるか下がるか、
トレーダーは、
チャートの形を見て、テクニカル分析で予測します。

その一方で、経済情勢などの外的要因(ファンダメンタルズ)も、
将来の価格予想に役立ちます。

既に述べたように、平均寿命も、
為替(FX)や株と同じ、一種の相場ですから、
将来の平均寿命の予測にも、テクニカル分析が使用できるし、
使用してよいのです。

と同時に、こういう兆候が出たら株価は上昇が終わって大暴落するよ、
と言うファンダメンタルズな手法も、
平均寿命の予測に用いることができます。

その事を踏まえた上で、以下の話をしていきます。


<現在の平均寿命は、上昇トレンドの終盤である>


平均寿命推移

戦後の日本人の平均寿命のグラフを、ここに載せておきます。

これを見ると分かるように、
戦後、日本人の平均寿命は、急激に上昇したあと、
次第に緩やかになりながらも、
今のところ、右肩上がりの上昇です。

2008年のリーマンショックから2011年の東日本大震災にかけて、
平均寿命が低下した時期もありますが、
その後は再び延びてます。

2011年を底とした、一時的な平均寿命の低下は、
テクニカル分析で言えば「押し目」で、
全体として、まだ上昇トレンドの形です。

しかし、このチャートの形、少し怖いものを感じます。

平均寿命予測

上は、ドル円の値動きを表したもので、
平均すると、概ね、赤い線のような形になります。

この赤い線、平均寿命のグラフの形と、似てませんか?
上のチャートから、水色の線より右側を切り取ったら…。

そう、平均寿命がこの先、近い将来、
大暴落するかもしれないのに、
まだそれが見えてないだけかもしれないのです。

平均寿命の、2008年から2011年の、やや大きめの押し目は、
テクニカル的に見ると、
上昇トレンドの終盤をにおわせる、やや危険なシグナルです。

そんなチャートの形だけで、と思われたかもしれません。
しかし、テクニカルだけでなく、
ファンダメンタルズ的に見ても、
平均寿命の上昇が近々終わり、
大暴落に転じる兆候は既に出ています。


<根拠のない希望的観測は、危険なシグナル>


トレーダーのあいだでは、よく、
素人が根拠のない希望的観測を語り出したら、
暴落のサイン、と言われます。

例えば、1929年10月のアメリカで起きた世界恐慌の時も、
わずか3ヶ月前には、
子供でも株の話をするほどのバブル状態でした。

大衆が浮かれている中、
株の見方も知らない子供が株の話をするのは危険なサイン、
と、一部の投資家は手じまいを始めました。

その後、株価がどうなったかは、歴史が示す通りです。

一方で平均寿命の方はどうかと言うと、
まだ平均寿命90年も達成していないのに、
当たり前に人生100年時代が騒がれています。

それどころか、人類の生物的な寿命の限界や、
所得格差による生活水準の低下などを一切無視して、
人生110年時代もくるかもしれない、とまで言われています。

これって、まさに、
根拠のない希望的観測、
そのものです。

もし私が、平均寿命を取り扱う投資家だったとしたら、
来たるべき暴落に備えて、
急いで手じまいをしたくなるようなレベルの話です。



<平均寿命を下げる外的要因はそろっている>


今までに述べてきたことは、
FXや株の取引き経験のない方には、
少し分かりづらかったかもしれません。
(トレーダーの私が見たら、思い切り分かりやすい危険なシグナルですが)

しかし、専門的な分析しなかったとしても、
平均寿命を下げる要因がそろっている事は、
うすうす感じないでしょうか?

例えば、

・リストラによる失業の増大
・非正規雇用増加で、会社の給料だけでは不足
・グローバル化による規制緩和で食品の許容残留農薬量の増加
・お金がなければ、医者にもかかれない


これらがいずれも、
平均寿命を下げる要因になる事は、理解できると思います。

しかも、今あげた要因は、
社会の格差を生み出し、貧富の二極化を引き起こした要因と、
全く同じです。

と言うことは、近い将来の平均寿命は、
ただ暴落するだけでは済まない可能性が高くなります。


<平均寿命は暴落だけでなく二極化する>


そう、平均寿命は近い将来、
暴落に加えて、二極化する可能性が高い
のです。

要するに、
短命の人と長命の人で、大きな寿命格差が生じるわけです。

平均寿命が暴落することに加えての二極化ですから、
短命側の人は、
それこそ40代や50代で死ぬ事が普通になる可能性もあるのです。

平均寿命推移 平均寿命予測

先ほど載せた、
平均寿命と、ドル円のチャートを、改めて隣どうし並べます。

仮に、この先の平均寿命が、
ドル円チャートの水色線より右側のように推移すると考えると、

現在、81~87歳の平均寿命は、
65~70歳くらいまで、15歳以上も急激に低下します。

しかも、ドル円チャートの長い下ヒゲが
二極化の程度を示していると考えるのであれば、
短命の人は、50歳で普通に死んでいく時代を示唆しています。

しかも時間のスケールを考えたら、
それは、わずか10数年先に訪れてもおかしくないのです!

今の社会状況を考えたら、
このまま平均寿命が右肩上がりで延び続けるはずがない、
と言う疑問から、今回の記事を書いたのですが、

テクニカル分析や相場の格言をもとに分析した結果が、
あまりにショッキングな内容で、
この記事書いてる私自身が、正直、がく然としました(溜息)

だって、この予測通りに平均寿命が推移するなら、
今(2020年1月21日)40歳の私でも、
平均寿命の暴落の影響をまともに受けてしまうのだから!

私より年齢の若い方なら、なおさらです。
と言うか、大勢の若い人が超短命で死ぬからこそ、
平均寿命の暴落が起きるわけです!

でも、先ほども言ったように、
「寿命は大きく二極化する」
です。

二極化の長命側に入ることができれば、
平均寿命が暴落した後でも、
80歳や90歳まで生きられると、私は考えます。

 

スポンサーサイト

 

<平均寿命暴落と二極化の要因とすぐできる対策>


チャートの示す未来が正しいとして、
ここまで急激に平均寿命を縮める原因は、一体何なのか?

これがはっきりすれば、今から対策も立てられますね。

私がはじめに考えた原因は、南海トラフ巨大地震でした。
東日本大震災で平均寿命が低下した事を踏まえれば、
南海トラフ巨大地震も、平均寿命の低下に寄与するでしょう。

しかし他に原因がなければ、
単に、地震が起きた年の平均寿命が低下するだけです。

一方、チャートが示す未来は、
10年以上にわたって寿命の暴落が続く、
一種の「暴落トレンド」です。

これは、単に巨大地震が起きただけでは、発生しません。
もっと慢性的な要因があると考えなければなりません。

では、
寿命の暴落と二極化を引き起こす、本当の要因は何かと言うと、

所得格差・経済格差と、
それがもたらす食料水準、医療水準の格差


これです。
これが、寿命の暴落と二極化の本当の要因です。

ニートやワーキングプアの拡大、
正社員にも広がる、黒字リストラ…。

自分で稼ぐ事のできない人は、
もはや、まともな食事も医療も受けられず、
ちょっとした体調の異変を悪化させて死に至る、
そんな時代が目の前にきています。

その一方で、自分で稼ぐスキルを身につけた人であれば、
グローバル資本が日本に押し付けた、
薬まみれの食品ではなく、もっと健康的な食品のみ食べたり、

きちんとした医療も受けられるので、今までと同じか、
それ以上に長生きすることができるわけです。

つまり、
会社の給料とは全く別に、
自分で稼ぐ力を身につけ、
成果が出るまで行動をあきらめないことが、
この先の未来を大きく変えることにつながるのです。



<今すぐ始めた方がいいこと>


稼ぐために何を始めたらいいか、ですが、
はっきり言って、何でもいいです。

アフィリエイトや転売でも構いませんし、
ネットワークビジネスだってOK、
FXや株の取引でも、
自分で稼ぐものであれば、本当に何でも大丈夫です。

とは言っても、平均寿命が暴落する時、
社会も大きく変化する事を忘れないでください。

今、身につけた稼ぐスキルが、
5年後や10年後に何の役にも立たないようでは困ります。

この視点に立って考えた時、
アフィリエイトや転売は、やや厳しいかもしれません。
ネットワークビジネスも同じ。

それに対して、投資・トレードであれば、
いったん、チャートの見方、トレードのしかたを覚えてしまえば、
5年後も10年後も、もっと先の50年後だって、
同じスキルで稼ぐことができます。

特に、海外の口座を利用したFXであれば、
初期資金が数万円以下であってもふつうに始められますし、
口座入金額以上の損失リスクもなく、
ハイレバレッジを活用して資金を大きく増やすことができます。

(注:国内のFX口座では、このようなトレードはできません。
以下の記事も参考にしてください。

追証とゼロカットシステム:知らないとFXで人生が終わる!
FXは借金地獄が怖い!?借金リスクを完全にゼロにする方法教えます」)

二極化と言われる中で、最も稼げる、と言うより、
既に年間1億円以上稼いでいる人の中で、
半数以上は、トレードで稼いでいます。

やはり、来たるべき、寿命の大暴落と二極化時代に、
長命の人として、文字通り生き残るには、
FXのような、トレードのスキルをつけるのが、好ましいようです。

あなたも、40代50代で死にたくなければ、
今すぐ、行動しましょう。

(私も利用している、おすすめの海外FXです。
口座開設は、このバナーをクリックしてください)

 
スポンサーサイト



79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社から自由になりたいあなたへの提案
会社から自由になりたいあなたへの提案

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

FXは借金地獄が怖い!?借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

FXの借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
37位
アクセスランキングを見る>>