FC2ブログ

FXのレバレッジは、掛け算でなく割り算で考えろ!

FXのレバレッジについて、世間一般で説明されている内容は、
間違いではありませんが、
それを基にFXを考えると、判断を間違えることになります。

実用的な話をするなら、
FXのレバレッジは、掛け算ではなく、割り算で考えるのが正解です。


<世間一般のレバレッジの説明とは?>


理由を説明する前に、まず、
世間一般、例えば、
FX証券会社や、大半のFX系ブログで書かれている、
レバレッジの説明を、ここでも取り上げます。

レバレッジとは、「てこの原理」とも言われ、
レバレッジをかけることで、少ない資金で、大きな金額を動かすことができます。

例:レバレッジが無い(1倍)場合

1ドル=100円の時に100万円でドルを買います。1万ドルになります。
その後、
1ドル=101円になった時にこの1万ドルを売って円に戻します。
101万円になります。
差し引き、1万円の利益です。


これがFXの基本ですが、FXにはレバレッジがあります。
もし、レバレッジが2倍であれば、
上記の売買をした時、利益は2倍の2万円になります。

この説明は、レバレッジの説明として間違いではありません。
しかし、実際のFXのレバレッジの説明には役立ちません。

それは、実際のFXでは、
用意するお金(証拠金)の金額ではなく、
通貨量と言う単位で、エントリーする量を決めるからです。



<通貨量とは何か?>


通貨量とは、FXで取引する通貨の量です。
文字通りの話です。

例えば、1万通貨とか、10万通貨と言うのがそれです。

1万通貨と言うのは、外貨と円の通貨ペアの場合は、
1円の値幅で1万円の損益が発生する通貨量を指します。


2万通貨の場合は、1円の値幅で2万円の損益となります。

では、通貨量でエントリーすると、
レバレッジがどのように効いてくるか?
それを、これから説明していきます。


<必要証拠金の金額は、レバレッジに反比例する!>


もう一度、冒頭の例を思い返して下さい。

例:レバレッジが無い(1倍)場合

1ドル=100円の時に100万円でドルを買います。1万ドルになります。
その後、
1ドル=101円になった時にこの1万ドルを売って円に戻します。
101万円になります。
差し引き、1万円の利益です。


こう書きました。

この例では、1円の値幅で1万円の利益が発生しているので、
これは1万通貨の取引になります。

また、最初に取引を始める時に、100万円用意しました。
これは、必要証拠金が100万円の取引です。

では、レバレッジが2倍になると、どうでしょう。
1円の値幅で2万円の利益ですから、2万通貨の取引ですね。

ここで、問題です。
レバレッジを2倍にして、1万通貨の取引、
つまり、1円の値幅で利益が1万円になるようにしようと思ったら、
必要証拠金は、いくら用意すればいいでしょうか?


答えは、「50万円」です。
100万円用意すると、1円の値幅で2万円の利益がつくのですから、
1円の値幅の利益を1万円にするには、
証拠金の方を半分に減らすことになります。

レバレッジが5倍なら、証拠金は5分の1の20万円。
レバレッジが25倍なら、証拠金は25分の1の4万円。
レバレッジが200倍なら、証拠金は200分の1の、わずか5000円です。

必要証拠金の金額は、レバレッジに反比例して小さくなっているのが
分かります。

このように、
通貨量ベースでエントリーの大きさを決める、
実際のFXでは、
レバレッジは、掛け算ではなく、割り算で効いてくるのです。



<FX証券会社がレバレッジの意味を正しく説明しない理由>


ここで、ある疑問が浮かび上がってきます。

なぜ、国内のFX証券会社は、
レバレッジについて、
実用的な割り算ではなく、掛け算で説明しているか、と言う疑問です。

実を言うと、レバレッジだけでなく、
通貨量についても、具体例を挙げて分かりやすく説明したものが、
見当たりませんでした。

なぜ、レバレッジや通貨量について、
正しい知識を示さないのでしょう。

それは、国内のFX証券会社にとって、
レバレッジの本当の姿を知られると、都合が悪いから
です。

日本国内では、FXのレバレッジは、
最大25倍に制限されています。

これは、高レバレッジの取引で、投資家の損失拡大を防ぐため、
と言う建前になっています。

しかし、今の説明を見れば分かるように、
実際のFXでは、レバレッジは割り算で効いてきます。

つまり、レバレッジの制限は、投資家の保護に役立たないのです。
それどころか、同じ通貨量のエントリーにかかる証拠金が増えてしまいます。

FX証券会社では、
必要証拠金と、
口座残高に含み益、含み損を加減した、有効残高をもとに、
「証拠金維持率」と言う数字を出しています。

証拠金維持率が一定の水準を下回ると、
追加の入金を求められたり(追証)、
強制的にロスカットして損失確定になります。

レバレッジが低いと、
証拠金維持率が高くなり、
わずかな値幅、含み損でも追証水準に達してしまいます。

追証を取られにくくするには、
エントリーする通貨量を絞るのは当然ですが、
レバレッジを高く設定して、必要証拠金の金額を小さくする事も有効です。


この、追証を取られにくくするための、
高レバレッジ対策ができないようにしているのが、
国内FXの、最大レバレッジ25倍の制限の、本質です。

この制限で守られているのは、個人投資家ではなく、
FX証券会社の方ですが、
その真実を知られたくないために、

レバレッジについては、血眼になって掛け算の説明を詳しくしたり、
通貨量の概念については、詳しく説明しないようにしているものと思われます。
 

スポンサーサイト

<本当の意味で、FXのリスク管理する方法>


正しいレバレッジの考え方は、掛け算ではなく割り算で考える

その上で、レバレッジについて、
国内のFX証券会社が、意図的にミスリードしている可能性が高く、
その理由も明確となった以上、

あなたがFXする上で必要なリスク管理とは、
高レバレッジが設定できるFX証券会社を選ぶこと
と言えましょう。

そのためには、
最大レバレッジ25倍の制限に引っかからない、
海外のFX証券会社を利用すること
が、必要になってきます。

海外のFX口座であれば、
レバレッジ100倍以上は当たり前で、
中にはレバレッジ888倍まで設定できる証券会社もあります。

また、国内のFX証券会社と異なり、
海外FXでは、追証がない会社がほとんどです。

(他にも、海外FX口座が、国内FX口座より安全な理由は、
たくさんあります。

詳しく知りたい方は、
勝てるFXトレーダーは口座選びからこだわる!
FXは海外口座の方が国内口座よりおすすめ!

も、合わせてお読みください)

日本人に人気の、安全な海外FX証券会社は、
この記事の最後で紹介するので、
もし、あなたが今、国内の証券会社でFXされているのであれば、

口座の作り替えをおすすめします。


<追記>


国内の証券会社によっては、
通貨量ではなく、証拠金の金額から入るところもあるようです。

しかし、世界の一般的なFX取引ツールである、
MT4では、通貨量からエントリーする仕組みになっています。

MT4を使わず、その証券会社独自のシステムを使っている時点で、
怪しさ満点です。

そのようなFX証券会社とは、即刻、おさらばしましょう。


<参考:私が使用しているFX口座>


以下のバナーをクリックすると、
すぐにFX口座を開設できます。
(私の場合、免許証の住所変更があったにも関わらず、5時間で完了しました)


(XM口座開設は、こちらから)
 

XMパートナーになると、
あなたのアフィリエイトで誰かが口座を作った場合、
その口座で取引が行われるたびに、あなたに報酬が入ります。

アフィリエイト口座を作るリスクはゼロなので、
合わせて、アフィリエイト用口座も作っておきましょう。


(アフィリエイト口座は、こちらから作れます)


以下は、おまけになりますが、

こちらの「天底チャート MT4」は、
相場の反転ポイントを見極めてエントリーや決済のシグナルを出してくれます。
シグナルに従ってトレードすればよく、心理的に気楽ですので、是非、ご利用下さい。

※XMには、MT4口座とMT5口座がありますが、
「天底チャート MT4」は、MT4のみに対応です。
MT5には対応していませんので、ご注意ください。


スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社から自由になりたいあなたへの提案
会社から自由になりたいあなたへの提案

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

損失リスクのないFX教えます!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
32位
アクセスランキングを見る>>