FC2ブログ

FXの決済指値は余裕を見て決めよう

FXでは、ポジションに決済指値を入れておくと、
何かと便利です。
為替レートが指値に達した瞬間、
自分が寝ていようが車を運転していようが、自動的にポジション決済してくれます。

(決済指値の詳しい話は、
FXにおける、決済指値の意味と入れ方」を参照)

実際、ポジションに必ず決済指値を入れるようにしてから、気持ちに余裕が出来ました。

また、チャートを見ながらだと、
「本当に大丈夫なのか?」
と言う気持ちが先走り、つい薄利で決済してしまう事も多かったのですが、

指値決済を入れて、チャートを離れる事で、
1つのポジションから大きな利益を得られるようになりました。



<決済指値より手前で値が反転しては意味がない>


しかし、便利な決済指値も、
使い方を誤ると、何の意味もない、と言う体験を、今回しました。

ドル円20160819

これは今日(2016年8月19日)19時すぎのドル円の15分足チャートです。

100.39円で、買い注文を入れ、当初、100.47円に決済指値を入れてました。

ここで買い注文を入れる事自体、
レンジ相場なのに順張りと言う意味で問題なのですが、

それでも、「ドルはまだ上がる」と言う予想自体は、間違っていませんでした。
午前10時頃と午後1時すぎの2度にわたり、ドル円は100.45円まで上昇しました。
(チャート右側、水色の○印の部分)

しかし、決済指値の入った100.47円まで上昇する事なく、その後急落しました。
後から、決済指値を100.42円に下げましたが、後の祭り。

もし仮に、最初から決済指値が100.42円になっていれば、
反落する前に、このポジションは薄利と言え、利益で決済できたわけです。

後から振り返れば、100.42円は、前回高値の、
ローソク足の実体部分に水平ラインがかかっているため、
比較的タッチしやすいですが、

100.47円は、前回高値のヒゲの上限であり、
次回もタッチするとは限らない、そういう価格でした。



<頭と尻尾はくれてやれ>


「トレードでは、頭と尻尾はくれてやれ」
とはよく言ったものです。

あまり欲張らずに、腹八分で満足することが、
トレードで利益を出すコツ、と言うのを改めて感じました。

そして、決済指値を使う時も、
例えば買いエントリーの場合、

想定される上限価格よりも、少し低い価格を、
決済指値に指定することが、
ポジションを確実に利益で決済するために必要だと痛感しました。

 

スポンサーサイト

<ここからFX証券口座開設できます>


私が利用している、FX口座です。
注文約定能力が高く、万一の時のリスク管理も安心の口座です。



上述したチャートのような、レンジ相場で利確ラインを決めるのは、けっこう難易度が高いです。
「天底チャート MT4」のシグナルに従ってトレードすると、
かなり安心できますので、よろしければ、ご利用下さい。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社から自由になりたいあなたへの提案
会社から自由になりたいあなたへの提案

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

損失リスクのないFX教えます!

3ヶ月で月収100万円達成の極秘事例公開!

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
3位
アクセスランキングを見る>>