FC2ブログ

海外FXと国内FX、税金が有利なのは意外にも?【2020年版】

(2019年12月25日、追記変更しました)

ハイレバレッジや追証無し、借金リスクなし等、
海外FXには国内FXに無い魅力があるため、海外FXされている方もおられると思います。

海外FXは、国内FXと税金の扱いが全く異なるので注意が必要です。
うっかり申告漏れのないよう、十分注意してください。

(ちなみに私は、初年度に国内FXの税制で海外FXを計算してしまい、
あとから修正申告しています。
幸い、納税額に変更なかったので問題は起きませんでしたが、
納税額が不足していた場合は、追徴課税の対象となるので冷や汗でした)


0、「海外FX」の定義と見分け方


まず「海外FX」の定義から入りましょう。
簡単に言えば、日本の金融庁の認可を受けていない業者が海外FXです。

海外FXと国内FXの見分け方は簡単です。
そのFX会社が提供する、最大レバレッジが25倍を超えているか
これを見るだけで、判断出来ます。

国内FXは最大レバレッジが25倍に制限されています。
一方、海外FXにはレバレッジの制限がなく、
200倍以上のハイレバレッジが設定できるものがほとんどです。

海外FXと、国内FXの具体的な会社名を、いくつか紹介します。

海外FXの例:XM、AXIORY、TitanFX、iFOREX、GemForex、BigBossなど
国内FXの例:YJFX、DMM、SBI、楽天FX、ヒロセ通商、GMOクリック証券、みんなのFX、インヴァスト証券など


海外FXと国内FXで、
実際のところ、税金で得なのはどちらか、の話に入る前に、
まず、それぞれの税制について説明しておきます。


1、国内FXは、税率が一定の分離課税


海外FXの税金が重い、
と言う声が本当か、比較しやすくするため、
先に国内FXの税金の説明をします。

国内FXは、分離課税方式で、
利益額に関係なく、税率は一律で20%です。


つまり、年間利益が100万円だろうが、
300万円だろうが、
1000万円だろうが、
一律で20%の税金がかかる、と言うことになります。


2、海外FXは、利益額によって税率が変わる総合課税


一方、海外FXは、累進課税が適用され、
利益額によって税率が変わります。


海外FX税率表2017年変更
(参考:【2020年向け】海外FXの税金に関する全知識!計算方法から節税方法まで解説)

上表のとおり、利益額によって、
税率は15%から55%まで変化します。


3、海外FXの税金が必ずしも国内FXより高いとは限らない


税率を見てもらえれば分かるとおり、
年間利益が195万円以下の場合、
海外FXは税率が15%と、国内FXの20%より低くなっています。

また、年間利益が195万円超~330万円の場合は、
海外FXも税率が20%となり、国内FXと同じです。

つまり、年間利益が330万円超の時、
はじめて海外FXの方が税率が高くなるわけです。

初心者がいきなり1年間で330万円超もの利益を出すのは大変です。

それよりも、海外FXには、
・ハイレバレッジをうまく利用すれば、強制ロスカットされにくい
・追証なし、借金リスクなし

と、税金以前の部分で、国内FXより損失リスクに対して安全ですから、
初心者こそ海外FXを選択した方がいい事になります。


(参考:追証とゼロカットシステム:知らないとFXで人生が終わる!
(参考:FXは海外口座の方が国内口座よりおすすめ!


4、専業トレーダーなら、海外FXの税金が高くなるのはさらに利益が出た時だけ


実は、先ほど出した、年間330万円と言うのは、
単純に、FXの利益が年間330万円、と言う意味ではありません。

と言うのも、海外FXか国内FXかに関係なく、
・給与所得者なら年間20万円
・非給与所得者なら年間38万円


の利益までは、非課税で、
これを超えた利益分だけが課税対象となるからです。

また、
・FXやるために必要な電気代、ネット代などの経費
・FX関係の書籍を購入した場合は書籍代
・FX関係のセミナーや交流会に参加した場合は参加費

これらも経費として計上することができ、
非課税分や経費を差し引いた後の、
課税対象となる利益が年間330万円を超えて、
はじめて、海外FXが国内FXより税金がかかるようになる
のです。

専業トレーダーの場合、
経費が利益から引かれる事はあっても、
FXの利益と合算するものがありませんから、
確実に、330万円を超えた時点では、国内FXより税率が重くなることはありません。

ちなみに私が自分について調べたところ、
年間利益が450万円くらいにならなければ、
海外FXの税金が国内FXより重くなることはありませんでした。


5、副業トレーダー、アフィリエイターの海外FXは注意が必要


繰り返しますが、海外FXは、利益額によって税率が変わる、総合課税です。

ここで注意しなければならない事があって、
それは、
給与所得や、
アフィリエイトなど他の副業の利益がある場合、
海外FXの損益と合算する必要がある
、と言うことです。

この場合、FXの利益が330万円以下であっても、
給与所得やアフィリエイト収入との合計が330万円を超えれば、
海外FXの方が税金が重くなってしまいます。
 
(国内FXの場合は、FXの利益部分は、一律20%の税率です)


6、年間損益が損失の場合は、注意が必要


これまで、年間損益が利益の場合について説明してきました。
しかしFXは、年間損益が損失の場合も、
やっているなら、確定申告した方がいいのです。

理由は、以下の内容を読んでいけば分かると思います。
で、
年間損失の場合も、
海外FXと国内FXは、仕組みが違うので、注意が必要です。


①損失繰越ができるのは、国内FXのみ


国内FXでは、最長3年間、損失を繰り越せます。

例えば、今年が-100万円、
来年が+200万円だった場合、
来年は、200万円から前年の損失額100万円を引いた、
100万円が、課税対処額となります。

一方、海外FXは、損失繰越ができません。
上記の例では、
来年は、利益200万円が、そのまま課税対象額となります。


②海外FXの年間損失は、副業の利益から差し引ける


もしあなたが、海外FX以外にも、
アフィリエイトなど他の副業をしている場合、
海外FXの年間損失は、他の副業の利益から差し引くことができるのです。

差し引くことによって、
アフィリエイトの課税対象額が下がります。

これが国内FXの場合、分離課税で分けて計算ですから、
損失繰越を利用するだけで他の副業の課税対象額は変わりません。

ただし、
アフィリエイトの利益より海外FXの損失の方が大きかった場合は、
マイナスではなく、利益ゼロとして計算します。

また、給与所得から、
海外FXの損失を差し引くことはできません。

つまり、海外FXで年間損失でも、
給料にかかる税金は安くならないので、ここは注意が必要です。


7、国内FXと海外FXは損益を分けて計算


では、もしあなたが仮に、
国内FXと海外FXの2口座で取引した場合、
税金の扱いはどうすればよいでしょう。

既に述べたように、
国内FXは分離課税、海外FXは総合課税と税金の扱いが全く異なります。

ですから、国内FXの損益と、
海外FXの損益は、
合算せずに、分けて計算する必要があります。


それぞれの損益の取り扱いは、
海外FXのみや、国内FXのみの時と同じです。
 

スポンサーサイト

 

8、税金だけで国内FXを選択するのは危険!


これまでに書いてきたことをまとめると、

・専業トレーダーなら、年間450万円くらい以下の利益までは、
海外FXだから税金が高いと言うことはない
・サラリーマントレーダーは、海外FXの税率の影響を受けやすい


誰でも最初は、副業として、
つまり、サラリーマントレーダーとしてFX始めるはずです。

となると、将来専業化するつもりでもない限り、
国内FX使った方がおトクに、一見したところ、思えます。

しかし、税金だけで国内FXを選択するのは、
はっきり言って、めちゃくちゃ危険
です。

と言うのも、
・海外FXは国内FXよりも、取引の透明性、公正性が高い
・海外FXは、含み損が増えても追証(口座への追加入金の義務)が発生しない
・海外FXは、相場の急変でマイナス残高になっても、借金が発生しない(ゼロ円にリセットされる)


(参考:NDD方式と相対方式:FXするなら、絶対知っておきたい、証券会社の2つのタイプ
(参考:追証とゼロカットシステム:知らないとFXで人生が終わる!
(参考:FXは借金地獄が怖い!?借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

と言う、
税金以前の面で、
海外FXは、圧倒的に国内FXより有利だからです。


まず、ふだんの取引が先にあって、
取引の結果、税金の支払いがあるわけで、
税金のためにふだんの取引の条件を軽視するのは本末転倒です。

確かに、何億もの資金を動かすトレーダーになれば、
海外FXと国内FXで、税金がまるで違ってきます。

しかし、何億もの資金を動かして、万一、相場の急変に呑まれたら?
一瞬にして、口座残高がマイナス何千万円になることだって、あるのです。
(相場の急変は、毎年ありますし、数年に一度は、大急変があります)

この、マイナス何千万円が、そのまま借金になるか、
それともリセットされて、残高ゼロから再スタートできるか?

まさに天と地ほどの差がある事は、お分かりいただけると思います。

また、少額のサラリーマントレーダーだって、
相場の急変に呑まれれば、マイナス数十万円は、普通に起こりえます。
少額だけに、数十万円の借金でも、重くのしかかるはずです。

海外FXの高い税金も、
相場の急変による借金地獄から、あなた自身を守る、
保険と考えれば、決して高くないはずです。


私自身、国内FXは、少ししか利用したことがありませんし、
常に追証や借金リスクと背中合わせでは、
メンタルにもマイナスでした。

ですから、税金面の不利に目をつぶってでも、
海外FXの利用を、私としては強くお勧めします。



9、以下は、おまけ


海外FXにも、ピンからキリまであります。
海外FXの信頼性に不安があるなら、
日本人の利用者が最多で定評のある、
XMで取引することをお勧めします。

XMの口座開設は、以下のバナーをクリック!



確定申告の際、会計ソフト「弥生」を使うと便利です。



確定申告はネット上でe-Taxを使って実施できます。
【e-Tax】国税電子申告・納税システム
スポンサーサイト



79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ

SNSでも情報発信しています

 Twitter(@ShinAnde)
Twitter

 Facebook
  Facebook

おすすめの稼ぎ方(ブログ内リンク)

会社から自由になりたいあなたへの提案
会社から自由になりたいあなたへの提案

FX証券会社比較ランキング

FX証券会社比較ランキング

FXは借金地獄が怖い!?借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

FXの借金リスクを完全にゼロにする方法教えます

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アフィリエイト
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アフィリエイト
5位
アクセスランキングを見る>>