FC2ブログ
2017/05/28

互いに距離感ある人間関係が好きなあなた向けのネットビジネス

・子供の頃から、1人でいる時が、いちばん落ち着く。
・人の集まる場所が嫌いではないけど、
でも、そんな中でも1人で行動するのが好き。
・誰かと一緒にいる時間も悪く無いけど、
帰り道、1人になった時、なぜかホッと落ち着いた気分になる。

 
そんなあなたでも稼ぐことのできる、ネットビジネスです!
 
ネット権利収入


<あなたは、こんな気持ちを抱いてませんか?>


・会社の人間関係は、密着すぎる。
・仕事さえすれば、あとの事は構わないでほしい。
 
・ネットビジネスなら、煩わしい人間関係から解放される!


申し遅れました。
79ers(セブンティナイナーズ)と言う屋号で、個人起業した、
安藤慎哉(あんどう・しんや)と申します。

私は、子供時代から、人間関係が苦手でした。
自分1人でいる時間が、一番落ち着く。

学校でも、友達の輪に入ることができず、
入ったとしても楽しくない、
それよりは、自分1人で、電卓たたきながら数字で遊んでいる方が、
ずっと好きな子供時代でした。

大学時代、一瞬で打ち解けた同級生がいました。
なぜ、この人とは、近くにいても、話をしても、
息苦しさを感じないのか?

 
あなたにとって、大切なテーマですので、
他人のプライベート話など興味はない、
などと言わずに、このまま、お付き合いください。
 
この同級生が私に話しかけてくる話題は、
・政治
・経済
・戦争と平和
・科学
・医学


と言った、アカデミズムや、公共性の高い話が中心でした。

一方で、
・テレビドラマ
・昨日、帰宅後、何をしたか
・世間話


のような、多くのコミュニティの前提となる共通の話題や、
プライベート、世俗的な話は、一切、お互いに切り出しませんでした。

科学遺伝子・脳イメージ

つまり、


<一緒にいても、距離感が近くなりすぎなかった>


これが重要なポイントだったように思います。

また、私も、その同級生もそうでしたが、
グループワークの軽い雑談や、
配属された研究室内の人間関係では、

その濃密な関係に入るのが嫌で、
一歩離れた場所から他の人の会話を聞いていることが多かったと記憶しています。

しかし、その濃密なグループが答えに行き詰まった時、
たいてい、私や、その同級生の一言が、解決の糸口になっていました。


一言で表せば、


<いざと言う時、役立つ傍観者>


だったわけです。

あなたも、同じような体験がありませんか?


いつまでも昔話を続けてもしょうがないので、
話を今に戻しましょう。

 

スポンサーリンク

 
私自身、濃密な人間関係を求められる、
会社という文化に、耐えがたいほど強いストレスを感じ、
ネットと言う、淡白な関係だけで済む世界で、起業しました。


起業と言っても、当初は、ビジネス自体、
登記上の建前を満たすためだけの、飾りのような感覚で、

実際は、
他人を介さず、手軽にお金を増やせる究極の稼ぎ方

と言っても過言ではない、
FXがメインでした。

実際、アフィリエイトやローンチ企画などのビジネスよりも、
FXは、お金をかんたんに動かすことができ、
一旦は、収入も伸びました。

しかし、あなたならすぐお気付きでしょうが、
FXには、大きな損失リスクがある。

しかも、このリスクは、当初予想していたより、
はるかに厳しいものでした。

気が付いたら、お金がみるみる減っていき、
損失リスクのない、収入の柱を立てることが、急務となりました。

FX損失イメージ

もちろん、FXが他人を介さない、究極の稼ぎ方である事実は、
誰にも否定のしようがありませんし、
今でも、FXを完全に手放したわけではありません。

しかしながら、同時に、


<FXだけでなく、ビジネスでも稼ぐことは必須>


これもまた、反論のしようがない事実であると思い知らされました。

しかし、あなたや私のようなタイプの人間がビジネスで稼ごうとする時、
ある大きな障壁が発生することに、気が付きました。

それは、
自分が「これだ!」と思う人間関係の距離感と、
多くの人が親しみを感じる距離感が、
異なっていることです。


私たちがほどよく感じる距離感では、
ほとんどの人には空気のように感じられ、存在感がなかったり、
お金を払う対象とは見なされないのです。


一方で、
ほとんどの人にとっての親しみを感じる距離感と言うのは、
私たちにとっては、呼吸障害を引き起こすほど、近すぎるのです。


このギャップを埋めなければ、
あなたも、私も、ビジネスで稼ぐことは、決してできません。

どうしたら、安定して呼吸ができる距離感を保ったまま、
ビジネスで稼ぐことができるのか?

私は、考えに考え抜いた末、ある結論に至りました。


<自分1人で稼ぐには、限界がある>


と。

多くのビジネスでは、自分1人の力で稼いだ分だけが、
あなたの収入になります。

しかし、この方法では、稼げる金額に限度があります。
まして、あなたも感じていると思いますが、
あなたや私のようなタイプの人は、世の中では少数派です。

自分1人の力だけでは、稼げる金額など、たかが知れています。

でも、どうでしょう。


<世の中の多数派の人に、私たちの収入の一部を稼いでもらう>


ことができれば、この問題は解決します。

あなたや私が、息苦しさを感じるほど濃密な人間関係を、
快適に感じる方に、
集客をしてもらい、
その方の実績の一部を、私たちも受け取ることができれば…。


<そんなご都合主義、ビジネスの精神にも反するよ!>


と思われたのであれば、
もう少し、読み進めてください。

確かに、今の言葉だけ切り取って考えれば、
先ほどの私の発言は、ご都合主義に聞こえたかもしれません。

しかし、この手法を用いて、一番稼げるのは、
他でもない、濃密な人間関係で、
大量に集客した、その方本人です。

私たちがいただくのは、その方の実績の一部です。
しかも、私たちは、
その方に、稼ぐための環境を提供だってするのです。


だって、濃密な人間関係の人がどうにも解決できない難問を、
一発で解決する能力を持っているのが、
あなたや私なのですから!

そして、その解決力があるからこそ、
その方も、壁を突破して、稼ぐことができるようになっていくわけです。

ご都合主義どころか、
お互いが、win-winになるように設計されています。

こんなやり方ですら、月収何十万円と言う、
人並の生活をするのに必要な金額、
ネットビジネス専業で生計を立てられるだけの金額を稼げてしまうのですから、
恐ろしい馬力のビジネス、と言うより他ありません。

その方に至っては、月収100万円以上も夢ではない……。

・なぜ、そのような事が実現できるのか?
・何をしたら、この話が現実になるのか?


旅するカフカバナー

もしあなたが、このような疑問を持たれたのであれば、
上記バナーをクリック、またはタップしていただき、

この手のビジネスの天才の思考を感じていただくと同時に、
所定のフォームに記入して、
全部で4本、合計1時間くらいの、事業動画をご覧になってください。

動画を受け取ったからと言って、ビジネスに参加する義務はありませんので、
知的好奇心を満たしたいだけの場合でも、
満足いただけるような内容になっております。


<ちょっと待って!本当にそんなうまく人が集まるの?>


と不安や疑問を感じたあなた。

このビジネスは、本当に様々なタイプの方が参加されています。

私がこのビジネスを始めてから、
これまでに5人の方が、私のサイトから参加されてますが、
その方々のタイプを分析すると、

・あなたや私とまさに同じタイプが2名
・あなたや私とよく似たタイプが2名
・あなたや私と、全く異なるタイプが1名


参加しています。

平均すれば、5人に1人は、全く異なるタイプの方が参加してきます。

そのような方は、最初の挨拶だけLINE上で交わした後、
グループ内の他の方と、自然に打ち解けていく傾向があります。

ビジネスの基本は、
まず自助努力、
それで解決しない時は、分かる人に聞く、の順番ですから、

「困った時だけ、あなたの出番」でも、
ビジネスとしては、十分、回ります。


それに、あなたと同じタイプが参加してきたとしても、
ビジネスを通じて、
リアルではなかなか巡り合えない、
似た者同士、知り合うことができます。

どのようなタイプの人が参加してきても、
あなたには、メリットしかありません。


旅するカフカバナー


<人間関係に息苦しさを感じるのは嫌だけど、完全に放置されるのも嫌!>


ビジネスである以上、その気持ちは分かります。

このビジネスに参加すれば、
メンバー専用サイトにアクセスでき、

・成功するためのビジネスマインド
・成功者が実践してきた手法や習慣
・時々刻々と変わっていく、ネットビジネス環境の中で、
常に最新の動向とノウハウ


を、あなたに提供し続けます。

あなたは、その中で、
ネット上の付き合いのマナーさえ守れば、
無料で、自由に、それらの情報にアクセスしたり、活用することができるのです。


正直言って、このビジネスほど、
あなたの性格や人間関係の好みを尊重したビジネスは、
他にないと思っています。

ビジネス成功のコツは、最後は、人間関係です。

それと、議論ではなく、実践・行動です。

このチャンスを逃せば、
長期的にあなたに向いたビジネスは、二度と現れないかもしれません。

深呼吸を1、2回したら、意思を決めて、
下のバナーをクリックまたはタップし、
所定のフォームに入力して、
事業動画を受け取りましょう!

旅するカフカバナー
 
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ