FC2ブログ
2017/05/22

ビジネスで「稼げる」と「稼ぎ続ける」は全く別の話!

ネットビジネスをはじめ、ビジネス話の多くは、
「稼げる」ことを謳っています。

しかし、実際のところ、ネットビジネスで単発で稼ぐことはできても、
その後、継続的に稼ぎ続けることができず、
消えていった人が大勢います。

実のところ、「稼げる」と「稼ぎ続ける」は、全く別物です。

そして、あなたが、ネットビジネスで安定して、
自由な生活をしていくためには、
「稼げる」ではなく「稼ぎ続ける」ことが必要です。


ほとんどのネットビジネス商材や、
ビジネスノウハウを教えるコンサルタントは、
「稼げる」ことばかり考えていて、
「稼ぎ続ける」ための内容を教えていません。

と言うより、「稼げる」ための指標は見ていても、
「稼ぎ続ける」ための指標を表に出さず、教えてもくれない場合がほとんどです。

「稼ぎ続ける」ための指標って何なのか?
今から、一緒に考えてみましょう。


<稼ぎやすい商品とはどういう商品か?>


それでは早速、あなたに質問です。

Aさん、Bさん、Cさんの3人が、ひと月に50万円稼ぎました。
その内訳は、

Aさん:単価5000円の商品を100個売った
Bさん:単価5万円の商品を10個売った
Cさん:単価50万円の商品を1個売った


あなたがこの3人の誰かの真似をして、
ひと月に50万円稼ごうと思ったら、
誰の真似をするのが、一番、稼ぎやすいでしょうか?

この質問の答えは、
「Cさんの真似をするのが、一番稼ぎやすい」です。

なぜかと言うと、
Cさんの真似をすれば、あなたは、1ヶ月の間で、
誰か1人に商品を買ってもらえれば、それで目標達成です。

これに対して、Aさんの真似をするには、
1ヶ月で100人もの人に商品を買ってもらう必要があります。

仮に商品の成約率が1%とすると、
Cさんの真似なら、あなたは100人を集客するだけでいいのですが、
Aさんの真似をする場合、1万人もの人を集める必要が出てきます。

安価商品の方が購買のハードルが低く、成約率が上がる、と考え、
成約率を5%で考えても、
Aさんの真似だと、2000人を集める必要が出てきます。

このように、「稼ぎやすさ」「いくら稼げるか」で考えるなら、
高額商品を売った方が、大きな金額を簡単に稼げます。



<稼ぎ続けやすい人は、どういう人か?>


それでは、次の質問です。

あなたは、
Aさん、Bさん、Cさんの3人の中で、
翌月、翌々月、半年先……、と、
安定した収入を稼ぎ続けることが最もできそうなのは、誰だと思いますか?

これ、答えは、Aさんです。

なぜかと言うと、
Aさんは、ひと月で100人もの人に、商品を売っています。

それだけ、商品を売る実力がある人です。
ですから、翌月は120件売って60万円稼ぐかもしれないし、

翌々月は不調で80件しか売れなかったとしても、40万円稼げます。

これに対してCさんの場合、
たまたま、まぐれで今月1件売れただけの可能性もあります。

翌月や翌々月は、1件も売れずに、収入はゼロ。
売れない月がずっと続いて、稼ぎ続けることができず、倒産するかもしれません。


<稼いだ金額より、売った件数を見よう>


これまでの例を見れば分かるように。

「稼げる」に注目するなら、高額商品を売る方がハードルが低いですが、
「稼ぎ続ける」に注目するのであれば、
売った件数を増やすことを意識した方がいいのです。


あなたが、今後も「稼ぎ続ける」ことを意識するのであれば、
「いくら稼いだか」よりも、
「何件売ったか」に注目した方がいいです。

また、ビジネスコンサルにビジネスを教わる場合、
「いくら稼いだか」よりも
「何件売ったか」に着目しているコンサルを選んでください。


その人は、
「稼ぎ続けるノウハウ」を意識しているコンサルで、
長期的にみれば、あなたにとってプラスです。

(参考記事『「稼いでいる人」から「稼いでいた人」へ:どうしたらいいの?』で、
一時的に稼げても、稼ぎ続けることが出来なかった具体例を紹介します)
 

スポンサーリンク

<「稼ぎ続ける」もう1つの方法>


あなたが安定して「稼ぎ続ける」には、
もう1つの方法、考え方があります。

それは、あなたが稼げなかったとしても、
あなたの教え子が稼ぐことができれば、
それに応じてあなたにも収入が配分される、
収入モデルのビジネスに参加することです。


ビジネス環境と言うのは、時間の経過と共に変化しますし、
ネットビジネスでは、特に顕著です。

その時、既に過去のモデルで実績を出したあなたより、
何の実績もない、真っ白な状態でビジネス始める後輩の方が、
新しいビジネス環境に柔軟に適応でき、
早く、しかも圧倒的に稼いでいるケースが多々あるのです。


実際、30代の私より、
20代前半のネットビジネス起業家の方が、
明らかに成果が出るまでの期間が短いですし、

その20代前半の起業家が
「今の10代はすごい」と言うほど、
圧倒的に稼いでいる10代のネットビジネス起業家がいます。

(具体的な数字を出すと、
20代前半の起業家が月に300万円稼いだのと同じ期間で、
その10代の起業家は、月に800万円稼いだ)


<多馬力を活用することで、自分1人の限界を超えた収入が手に入る>


ほとんどの起業家は、
「いかに自分の力で稼ぐか」を意識します。

自分でコントロールできない要因は除いて考えろ、と、
教えている、ビジネスコンサルもいます。

しかし、自分1人でできることには、限界があります。
世界の成功者を見渡しても、

本当に多く稼いでいる人は、
むしろ、
いかに自分以外の人に稼いでもらうか、を意識しています。

自分の収入を、
自分だけでなく、自分以外の他人にも作ってもらうからこそ、
自分1人では到底稼げないレベルの収入を生み出すことができるのです。


しかも、そこでは、社長と社員のような、
雇用や、利害が相反するモデルではなく、
お互いがwin-winの関係になる、
ビジネスモデルを採用しています。

お互いがwin-winになるからこそ、安定して稼ぎ続けることができるのです。

そんな都合のいいビジネス、どこにあるんだ!
とか、
一部の限られた人だけができるビジネスモデルだろ?
と思われたかもしれませんが、

このビジネスモデルを採用したビジネスは、
現在、ネットビジネス、
アフィリエイトの形で、あちこちにあり、
それこそ、誰でも気軽に参加できる時代です。

もちろん、あなたも、たった数万円の初期費用で、
今すぐに、始めることができます。

(注:「無料案件を独学で進めてもネットビジネスは成功しない!」でも触れましたが、
無料で稼ごうとすると、かえって痛い目に遭います、
ビジネスで初期費用がかかるのは、当然の話です)


このビジネスモデルの正体や、
安定して稼ぎ続けることができる理由、
はじめ方について、
全部で4本の動画にまとめたコンテンツがあります。

以下のフォームに、あなたのメールアドレスを入力するだけで、
あなたのメール宛に、動画が届きます。

あなたが、一時的な「稼げる」よりも、
安定して継続的に「稼ぎ続ける」ことを重視されるのであれば、
動画も合わせてご覧下さい。


ここから、動画を見ます
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ