FC2ブログ
2017/05/30

【不都合な真実】稼いでいるアフィリエイターの驚愕の日常とは!

もしあなたがネットビジネス、副業としてアフィリエイトをしている、或はこれからしようとしている場合、これから書く話を読んでショックを受けるかもしれません。
しかしこれが現実なのです。

アフィリエイトはネットビジネスの中でも最も手軽に出来ます。しかもある種ノウハウやパターンが確立しています。
「みんなが始めているから」と言う安心感も、ネットビジネスの初心者がアフィリエイトから入る事が多い理由です。

しかし、アフィリエイターの収入は「ゼロ」が約2割で「月5000円以下」が過半数と言うデータが出ています。
アフィリエイトプログラムに関する意識調査2014
その一方で月20万円以上稼いでいる人も16%。

この人たちのアフィリエイトにかける時間を見ると、
収入がない人たちは30分もかけていない場合が多く、
アフィリエイトだけで飯を食えるレベルの人は1日3時間以上時間をかけている、と言う結果になりました。

つまり
副業片手間の作業ではアフィリエイトでは満足な収入を得られない。
アフィリエイトだけで飯を食べていくには、結局そこに1日時間を費やしてしまう。しかも会社の給料と異なりサボれば即減収につながる。

と言うシビアな現実が浮かび上がってきたのです。
さらにプロのアフィリエイターは、稼ぎ続けるために情報交換の交流会参加、勉強会への参加、コンサルタントの指導を受けるなどで何十万、何百万と言うお金もつぎ込んでいます。

もしあなたがネットビジネスに対して、
・ごくわずかな資金で始められ、
・1日数分~1時間の作業だけであとは自由に生活し、
・不労所得に近い形で収入が入る

事を望んでいるのであれば、アフィリエイトはそのイメージとはかけ離れたビジネススタイルと断定するしかありません。

勿論、ブログ記事などは書き貯めればある程度「不労所得」の効果を生み出します。
これを聞くと、大変なのは最初だけ、と思われるかもしれません。
しかしアフィリエイトで取り扱っている商品はどんどん入れ替わっています。そのため古いブログ記事は収入を生み出さなくなってしまうのです。アフィリエイトで「不労所得」など実際には無いに等しいのです。
これではいつまでたっても大変な作業から抜け出す事は出来ません。

では何をすればネットビジネスで不労所得、と言う理想を実現できるのでしょう。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2017/05/29

バイナリーオプション(BO)って何?

最近、Facebookのネットビジネスグループなどで、やたらとバイナリーオプション(BO)に関する投稿を見かけます。
そこでバイナリーオプション(BO)とは何なのか、調べてみました。

バイナリーオプション(以下、BOと記す)とは、投資取引の一種です。為替取引を扱ったものが多く、その意味ではFXと似ていますが、FXとは全然別物です。

BOは、一定時間後の相場価格が現在より「上がる」か「下がる」かを予想するものです。
予想が当たれば所定の金額が利益となり、外れればそこに投資した金額がそのまま損失となります。

例えば、以下の例を考えてみます。
(難しい用語については後程解説します)
・現在、1ドル=111.00円
・15分後にドル円の価格が現在より上がるか下がるかを予想
・ペイアウト率は70%とする。
・レンジアウトは30銭とする。
・ドローアウトは無しとする。

この条件で、あなたが仮に「上がる」と予想し、そこに1万円投入したとします。
15分後の価格が以下のようになった場合と、あなたの損益です。
①1ドル=111.35円だった場合、1万円の損失
②1ドル=111.20円だった場合、7000円の利益
③1ドル=111.10円だった場合、7000円の利益
④1ドル=111.00円だった場合、7000円の利益

⑤1ドル=110.90円だった場合、1万円の損失
⑥1ドル=110.80円だった場合、1万円の損失
⑦1ドル=110.65円だった場合、1万円の損失

ルールは単純で、「上がる」と予想して予想通り上がれば利益、予想が外れて下がれば損失です。

FXと比較すると違いが一目瞭然です。FXの損益が価格の変動幅に比例するのに対し、BOでは「上がる」「下がる」のみが注目され、損益は価格変動幅に関係なく一定です。
またBOでは15分後なら15分後に必ず決済されます。FXのようにポジションをずっと保有し続ける事は出来ません。FXであれば「上がる」と予想して買いでエントリーし、予想が外れて価格が下がってしまった場合、価格の反転を待って決済する事が出来ます。しかしBOでは、15分後なら15分後の価格が現在より高いか低いか、だけが問題となります。15分より前の価格や後の価格は一切関係ありません

説明が必要な部分については今から説明します。
・ペイアウト率
予想が当たった場合に発生する利益の比率です。
ペイアウト率70%の場合、投資した金額の70%が利益となります。ですので1万円投資すれば1万7000円が戻ってきて7000円が利益となるわけです。
ちなみに予想が外れた場合、投資金額がそのまま損失です。ペイアウト率は100%より低いのが一般的なので、的中率50%ではトータルで損失となります。そのためBOで利益を出すには的中率を高める工夫が必要になってきます。
・レンジアウト
考え方に2通りあって、
「所定の値幅を超えたらアウト」の場合と「所定の値幅を超えなかったらアウト」の場合があります。
上記の例では「所定の値幅を超えたらアウト」方式を採用しています。
レンジアウトの値幅を30銭としているので、15分後の価格か111.30円を超えるか110.70円を割り込んだ場合、「上がる」「下がる」のどちらを予想した場合も外れ扱いとなります。
レンジアウトの考え方と有無については、利用する業者によって異なるので注意が必要です。
・ドローアウト
BOでは「上がる」「下がる」の2つしか選択肢がありません。しかし所定時間経過後の価格が同じ場合も起こります。ドローだった場合に勝ち扱いとするか負け扱いとするか、これも業者によるので注意が必要です。ここではドローは勝ちとしています。海外業者ではドローは勝ち扱いが一般的です。
ドローアウトを採用している業者では、例えば3銭をドローアウトの範囲とし、上記の例に当てはめると15分後に110.97〜111.03円の範囲に価格が入っていた場合は「上がる」「下がる」の予想に関係なく負け扱い、とする場合もあります。

このように、BOではレンジアウト、ドローアウトのルールがあり、単純に「上がる」「下がる」を予想するだけでは利益が出ない場合もあるので注意が必要です。

BOは詐欺か

ネット上の投稿で、「BOなんて稼げない!詐欺だから気を付けろ!」と言うものがあります。
しかしここまで読んだ方なら分かるように、仕組みを理解し稼げないリスクがある事は承知しなければなりませんが、「BO=詐欺」ではない事は明白です。
ただしネット上の広告、BO商材を売りたい記事に出ている「5分で100万円稼げる」なんてのは鵜呑みにしない方がいいでしょう。100万円稼げない事はありませんが、外れた場合は5分で150万円失うリスクと背中合わせになっていると考えて下さい。
また、BO自体は詐欺でありませんがBOを扱っている業者が詐欺業者の場合はあります
FX、BOのような金融商品の場合、
・国内業者では呑み行為が一般的に行われている。顧客の利益が業者の損失、顧客が損失を出せば業者が利益になるため、いかに稼ぎにくくするか、に重点を置いた予告なきルール改訂が日常茶飯事なので国内業者を使うのは全くお勧めできません
・海外業者は、人気ランキングに注目するとよい。突然業者が無くなって口座に預けたお金が全額パーになる場合もありその場合の補償も一切無いので、業者に対する評価や、金融ライセンス取得の有無に注意しましょう。日本の金融ライセンスは当然持っていませんが、海外のどこかの国で審査を受けライセンス発行された業者であれば安全です。

従って海外の健全な業者を用いる限り「詐欺」とは言えませんが、業者の見極めは重要です。
 

続きを読む

2017/05/28

互いに距離感ある人間関係が好きなあなた向けのネットビジネス

・子供の頃から、1人でいる時が、いちばん落ち着く。
・人の集まる場所が嫌いではないけど、
でも、そんな中でも1人で行動するのが好き。
・誰かと一緒にいる時間も悪く無いけど、
帰り道、1人になった時、なぜかホッと落ち着いた気分になる。

 
そんなあなたでも稼ぐことのできる、ネットビジネスです!
 
ネット権利収入


<あなたは、こんな気持ちを抱いてませんか?>


・会社の人間関係は、密着すぎる。
・仕事さえすれば、あとの事は構わないでほしい。
 
・ネットビジネスなら、煩わしい人間関係から解放される!


申し遅れました。
79ers(セブンティナイナーズ)と言う屋号で、個人起業した、
安藤慎哉(あんどう・しんや)と申します。

私は、子供時代から、人間関係が苦手でした。
自分1人でいる時間が、一番落ち着く。

学校でも、友達の輪に入ることができず、
入ったとしても楽しくない、
それよりは、自分1人で、電卓たたきながら数字で遊んでいる方が、
ずっと好きな子供時代でした。

大学時代、一瞬で打ち解けた同級生がいました。
なぜ、この人とは、近くにいても、話をしても、
息苦しさを感じないのか?

 
あなたにとって、大切なテーマですので、
他人のプライベート話など興味はない、
などと言わずに、このまま、お付き合いください。
 
この同級生が私に話しかけてくる話題は、
・政治
・経済
・戦争と平和
・科学
・医学


と言った、アカデミズムや、公共性の高い話が中心でした。

一方で、
・テレビドラマ
・昨日、帰宅後、何をしたか
・世間話


のような、多くのコミュニティの前提となる共通の話題や、
プライベート、世俗的な話は、一切、お互いに切り出しませんでした。

科学遺伝子・脳イメージ

つまり、


<一緒にいても、距離感が近くなりすぎなかった>


これが重要なポイントだったように思います。

また、私も、その同級生もそうでしたが、
グループワークの軽い雑談や、
配属された研究室内の人間関係では、

その濃密な関係に入るのが嫌で、
一歩離れた場所から他の人の会話を聞いていることが多かったと記憶しています。

しかし、その濃密なグループが答えに行き詰まった時、
たいてい、私や、その同級生の一言が、解決の糸口になっていました。


一言で表せば、


<いざと言う時、役立つ傍観者>


だったわけです。

あなたも、同じような体験がありませんか?


いつまでも昔話を続けてもしょうがないので、
話を今に戻しましょう。

 

続きを読む

2017/05/26

副業、そして自由な人生を……稼ぎ続けるネットビジネス

https://kafka-pt.net/l/c/KAfYg3tw/a2eY5Ebz
副業で年収200万円以上稼がないと、人並の生活さえ出来ない!
こんな事言われたら、誰でもドキッとしますよね。

でもこれ、現実なんです。埼玉県で人並の生活をするには月収50万円以上必要、と言う調査結果が出ています。これを実際の収入と比較すると、年収で200万円の開きがあるんです。
地方にお住いの方も他人事ではありません。地方では子供が自宅から大学へ通うのが難しく、物価も家賃も高い都会で子供が1人暮らしをするとなれば、都会の方以上にお金が必要かもしれません。

奨学金? 実は今、学生時代の奨学金を返せず自己破産する人が増えているのをご存知ですか?
大企業に就職しても決して将来が安泰とは言えなくなった今、借金・ローンを抱える事は大変リスクの大きい選択と言えます。

でも、足りない年収200万円を借金ではなく副業で手にすることが出来たら……?
お金に困る事もなくなり、将来自己破産する心配もありませんよね。

そうか、分かった。副業ね。でも、何を始めたらいいんだろう。
アフィリエイト? 転売? ヤフオク? メルカリ?
それともYouTube? FX? 株?
確かにこれらでも稼ぐ事は出来ます。
しかし本業の片手間で始めるには時間がかかりすぎたり、一時的に稼ぐ事は出来ても安定して稼ぎ続ける事の出来ないものがほとんどです。
ビジネスとして始める以上、継続的に稼ぎ続ける事が出来なければ始める意味がありません。

副業としてネットビジネスを始める時、もう1つ考えておかないといけない事があります。
それは、1年後は今ほど副業に時間を充てる事が出来なくなっているかもしれない、と言う事です。
例えば、今のあなたには毎日1時間、副業に充てる時間があるかもしれません。しかし半年後、1年後も同じでしょうか?
本業が忙しくなって副業は週2~3日、それも1日に5分しか時間が取れなくなっているかもしれません。(実際に私も、それに近い事を経験しました)
つまり、始める副業は、
1、短期間で報酬を発生させる仕組みを作り、
2、一旦仕組みを作ってしまえばその後は何もしなくても権利所得として報酬を受け取り続ける事が出来るもの

でなければならないのです!

そんな都合のいいビジネス……
 

続きを読む

2017/05/25

MLMはレバレッジのビジネス!の正しい意味とは?

MLMは、多馬力、レバレッジのビジネス。
このように言われます。

これは、あなただけでなく、
あなたから始まる、MLMグループの人全員の成果で、
あなたの収入が決まる仕組みになっている事から、
言われることです。


<MLMのレバレッジとはどのようなものか?>


これは、具体的な例を出して説明した方が分かりやすいので、
例を挙げて説明します。

例えば、あなたがビジネスコンサルをやっていて、
今日、東京でセミナーを開催するとします。

あなたのかつての教え子Aは大阪で、
同じくかつての教え子Bは名古屋で、
こちらも今日、セミナーを開催するとします。

あなたがセミナー参加者から得られる収入は、
あなたが開催した、東京の分のみです。

大阪の成果は教え子Aが、
名古屋の成果は教え子Bが、
それぞれ、全て手にします。

ところが、これがMLM組織で、
教え子Aと、教え子Bが、あなたのダウンだったとします。

この場合、
あなたは、東京の成果だけではなく、
大阪や名古屋の成果の分の収入も、同時に手に入ります。

しかも、教え子Aが大阪で稼げば稼ぐほど、
また、教え子Bが名古屋で稼げば稼ぐほど、
あなたの収入も、それに比例して増加します。

これがレバレッジの効果であり、
この例では、
あなた1人で、3人分の収入を稼ぎ出したことになります。

これは、MLMだからこそなせる業です。


<MLMは稼ぎにくいビジネスなのか?>


よく、MLMは稼ぎにくいビジネス、と言われます。

それは、ビジネスコンサルや、
アフィリエイトの場合、
売ったり、申し込みが完了すれば、その時点で収入になります。

これに対し、MLMは、
メンバーを紹介した時に入る、直紹介のコミッション
(例えば、ワールドベンチャーズと言う会社では、50ドル、約5500円)
が入るのみで、
(1件成約で5500円なら、アフィリエイト案件としても、決して悪くないが)

ダウンの育成は全て無料。
ダウンが成果を出して、初めてグループからの収入が入るため、

育成だけで結果に関係なく稼げるビジネスコンサルより稼ぎにくい、
と言う意味です。

しかし、この主張には、いちばん肝心な点が、すっぽり抜け落ちています。
それは、
人を稼がせるより先に、自分が稼げる人間にならなければならない
と言うことです。

あなたが稼げる人間になるためには、
稼いでいる人から、稼ぎ方を学ばなければなりません。

この時、
・あなたの成果に関係なく、先にお金だけ手に入るビジネスコンサル
・あなたが成果を出して、初めてお金が手に入るMLMのアップ


どちらが、より本気で、あなたに稼いでもらいたいと思うか。
そして、その気持ちを行動に移すか。

言うまでもありませんよね。

しかも、ビジネスコンサル料は数十万円から百万円以上と高額なのに対し、
MLMは、入会費の、数千円から数万円のみ。

ビジネスを学ぶのに、
MLMよりビジネスコンサルを選ぶ理由なんか、全くないのです。



<レバレッジがかかっているのに稼げない人が多い理由は?>


MLMは、自分1人では稼ぎ出せない収入レベルを、
多馬力、レバレッジで達成するビジネスです。

それにも関わらず、参加者の95%は、思うように稼いでいません。
この数字自体は、他のビジネスと比べても同等で、
MLMが他のビジネスより稼ぎにくいことはないのですが、
だからと言って、他のビジネスより稼げる人の割合が多いわけでもないのです。

なぜか?

これは、レバレッジの意味を勘違いしている人が多いからです。

レバレッジは、掛け算で作用します。
掛け算ですから、ゼロは何倍してもゼロです。

と言うことは、
まずあなたが、主体性を持って、積極的に行動しなければ、
決して稼げるようにはならないのです。

多馬力、レバレッジと、
他人に依存することは、全く別物です。


MLMで稼げない人と言うのは、この点を、
自覚しているか、無自覚のレベルで、勘違いしている場合が多いです。


<MLMが悪く言われる理由>


世間では、MLMに対してマイナスのイメージが強いですが、
これも、レバレッジビジネスの影の効果です。

MLMには、一定の割合で、依存心の強い人が、
「楽して稼げる」と言う理由で参加してきます。

当然ですが、ゼロを何倍してもゼロのままなので、
主体性のない、依存心の強い人は、稼げず、MLMを去っていきます。

ここで、人間の法則として、
依存心の強い人は、責任を他所に押し付ける傾向が強いです。

そのため、
自分の主体性、行動力の無さに、稼げなかった原因を求めず、
MLMが悪い、あんなもの詐欺だ、
と吹聴するのです。

そこに、MLMの無料サービスに顧客を取られたくない
ビジネスコンサルが便乗し、
MLMに入っても稼げないよ、
今数十万円払って自分から学べば、あとからその何倍も稼げるよ、と宣伝します。

稼いでいるギラギラ系の人の言葉なので、多くの人は、
内容や裏事情も吟味せずに、それが正しいと盲信します。

実際のところ、稼げる人の割合は、
MLMも、
アフィリエイトも、
コンサル業も、
FXや株も、
みな、大体5%くらいで変わらないのですが、

MLMだけは、影の部分がクローズアップされやすいため、
MLMが他のビジネスに比べて劣っていると思い込んでいるだけです。

 

続きを読む

2017/05/24

ネットビジネスの「稼げる」情報は誰が正しいのか?

ネットビジネスで何が稼げるか、調べていくと、
いったい、誰の言ってることが本当なのか、
分からなくなることがありますね。

たとえば、

アフィリエイトで月収100万円以上稼いでいるアフィリエイター曰く、
「アフィリエイトは今からでも稼げます。手法教えます。投資は損失のリスクがあります。MLMは詐欺が多いです」
 
トレードで月収100万円以上稼いでいるトレーダー曰く、
「投資ほど短期間で大きく稼げる手法はありません。アフィリエイトは市場が飽和しているので今から始めても稼げません。MLMは詐欺が多いです」
 
MLM組織を構築して月収100万円以上稼いでいるネットワークビジネス(MLM)参加者曰く、
「MLMは組織全体で収益を上げるので効率的です。グループで情報共有しながら活動できるので1人で悩む必要がありません。アフィリエイトは市場が飽和しているので今から始めても稼げません。投資は損失のリスクがあります」
 
ざっとこんな感じです。
一体、誰の言ってる事が正しいでしょう。

何を始めれば稼げるでしょう。稼ぎ続ける事が出来るでしょう。
 

<全ての人の言うことは、半分正しく、半分まちがい>


実を言うと、答えは人それぞれ、その人によって異なってきます

アフィリエイトは確かに市場が飽和、供給過多ですがそれでも稼ぐ人は後発でも稼いでいます。

投資は損失リスクが大きいですが、それでも安定して利益を出し続けている人もいます。

MLMは偽者も多いですが、きちんとした組織と報酬体系と商品・サービスの提供があれば、誠実さを見せれば人がついてくるので組織を構築でき、権利所得として安定して稼いでいる人もいます。

結局、どのビジネスが自分に向いているか、自分と相性のいいビジネスを始める事が稼げるようになるために重要です。
 

続きを読む

2017/05/23

「稼いでいる人」から「稼いでいた人」へ:どうしたらいいの?

前回の記事
ビジネスで「稼げる」と「稼ぎ続ける」は全く別の話!
で、一時的に「稼げる」事と安定して「稼ぎ続ける」事は全く別だと書きました。
もしネットビジネスで稼ぐ事が出来ても、稼ぎ続ける事が出来なければ、あなたは日の目を浴びる「稼いでいる人」から落ちぶれ族の「稼いでいた人」に転落してしまいます。

前回、今回とややイメージがわきにくいかもしれませんので、具体例を出します。

昨年(2016年)、私は、こちらの
7日間だけのネット通信講座
を受講しました。この講座は無料ですが、YouTube動画で収益を出す、と言うのが無料講座の内容でした。
講座の途中で、動画作成ソフト「鳳凰」の購入をする事になります。
無料講座の提供者と鳳凰の提供者は異なりますが、講座の受講生が鳳凰を購入すると、講座提供者にアフィリエイト収入が入る仕組みになっていました。これが1つ目の収入です。
無料講座が全て終わると、その後有料(約4万円)の講座を勧められます。これはgoogleアドセンスをブログに貼り、ブログにアクセスを集めて稼ぐ、と言う内容です。YouTubeだけより遥かに多く稼げますよ、と謳っており、4万円なら買うか(実際に私も購入した)、と言う人も多いので、これが2つ目の収入です。

いつからいつまでの話か期間は分かりませんが、関係サイト情報によれば、この人は、
・アフィリエイト収入が約3800万円
・コンテンツ販売収入が約4660万円
あるそうです。

「鳳凰」アフィリエイトと無料講座の後に紹介する有料講座の2本立てで、この人は「稼げる」ビジネスをし、その頃は「稼いでいる人」でした。

ところが雲行きが怪しくなります。
「鳳凰で作成した動画、タイトルで釣ってただスライド写真見せるだけじゃないか!」(そりゃそうでしょ、元々スライド写真集動画を作るソフトなんだから)
「タイトル詐欺だよ!」
「数か月経っても視聴回数は2桁のまま。これじゃ収益出ないよ!」
と言う悪評がみるみるうちに広がっていきました。
さらに
YouTube動画作成ソフト「鳳凰」動画のその後
で記したように、鳳凰が得意とする著作権の部分でも、「第三者のコンテンツと一致」と言う理由で収益化が無効にされる例が発生するなど、鳳凰及び無料講座に対する信頼は急激に落ちていきました。

そして今年2月、インフォトップから「死刑宣告」とも取れる通知です。
インフォトップより通知:「鳳凰」決済不能に
とうとう、鳳凰を購入する事が出来なくなってしまいました。

鳳凰購入が出来ないと言う事は、講座提供者のアフィリエイト収入は(鳳凰分は)ゼロです。
鳳凰の購入が出来なければ無料講座は成り立ちません。無料講座をまともに受講できなければ受講生がその後の有料講座を買う可能性は限りなくゼロです。つまり有料講座からの収入もゼロです。
この人がもし、他に収入源を作っていなかったとしたら?

そう、一時的に人を騙して「稼ぐ」事は出来ても、「稼ぎ続ける」事は出来なかったのです。
そしてかつて「稼いでいる人」として一世を風靡した講師は、今やネットビジネス参加者から見放されネットから全く収入を得られない「稼いでいた人」に変わってしまったのです。

一体何が問題だったのでしょう。
この人の場合、人を騙してでもとにかく売ってやれ、と言うスタンスで、ビジネスに必要な信頼を完全に軽視していました。(私が有料講座を購入した時も、PayPalでお金だけ支払ってトン面しようとしました。PayPalでクレーム扱いし、最後通告を突きつけたところようやくマニュアルだけ送ってきましたが、謝罪の言葉が無いばかりか自分の宣伝メルマガを送る事しか考えていないような、誠意のかけらも感じられない人でした)
人からお金をいただくのでなく騙し取るスタンスだったため、稼ぐ事は出来ても稼ぎ続ける事は出来なかったのだと思います。
そして「稼いでいる人」から「稼いでいた人」に変わってしまったのだと思います。
 

続きを読む

2017/05/22

ビジネスで「稼げる」と「稼ぎ続ける」は全く別の話!

ネットビジネスをはじめ、ビジネス話の多くは、
「稼げる」ことを謳っています。

しかし、実際のところ、ネットビジネスで単発で稼ぐことはできても、
その後、継続的に稼ぎ続けることができず、
消えていった人が大勢います。

実のところ、「稼げる」と「稼ぎ続ける」は、全く別物です。

そして、あなたが、ネットビジネスで安定して、
自由な生活をしていくためには、
「稼げる」ではなく「稼ぎ続ける」ことが必要です。


ほとんどのネットビジネス商材や、
ビジネスノウハウを教えるコンサルタントは、
「稼げる」ことばかり考えていて、
「稼ぎ続ける」ための内容を教えていません。

と言うより、「稼げる」ための指標は見ていても、
「稼ぎ続ける」ための指標を表に出さず、教えてもくれない場合がほとんどです。

「稼ぎ続ける」ための指標って何なのか?
今から、一緒に考えてみましょう。


<稼ぎやすい商品とはどういう商品か?>


それでは早速、あなたに質問です。

Aさん、Bさん、Cさんの3人が、ひと月に50万円稼ぎました。
その内訳は、

Aさん:単価5000円の商品を100個売った
Bさん:単価5万円の商品を10個売った
Cさん:単価50万円の商品を1個売った


あなたがこの3人の誰かの真似をして、
ひと月に50万円稼ごうと思ったら、
誰の真似をするのが、一番、稼ぎやすいでしょうか?

この質問の答えは、
「Cさんの真似をするのが、一番稼ぎやすい」です。

なぜかと言うと、
Cさんの真似をすれば、あなたは、1ヶ月の間で、
誰か1人に商品を買ってもらえれば、それで目標達成です。

これに対して、Aさんの真似をするには、
1ヶ月で100人もの人に商品を買ってもらう必要があります。

仮に商品の成約率が1%とすると、
Cさんの真似なら、あなたは100人を集客するだけでいいのですが、
Aさんの真似をする場合、1万人もの人を集める必要が出てきます。

安価商品の方が購買のハードルが低く、成約率が上がる、と考え、
成約率を5%で考えても、
Aさんの真似だと、2000人を集める必要が出てきます。

このように、「稼ぎやすさ」「いくら稼げるか」で考えるなら、
高額商品を売った方が、大きな金額を簡単に稼げます。



<稼ぎ続けやすい人は、どういう人か?>


それでは、次の質問です。

あなたは、
Aさん、Bさん、Cさんの3人の中で、
翌月、翌々月、半年先……、と、
安定した収入を稼ぎ続けることが最もできそうなのは、誰だと思いますか?

これ、答えは、Aさんです。

なぜかと言うと、
Aさんは、ひと月で100人もの人に、商品を売っています。

それだけ、商品を売る実力がある人です。
ですから、翌月は120件売って60万円稼ぐかもしれないし、

翌々月は不調で80件しか売れなかったとしても、40万円稼げます。

これに対してCさんの場合、
たまたま、まぐれで今月1件売れただけの可能性もあります。

翌月や翌々月は、1件も売れずに、収入はゼロ。
売れない月がずっと続いて、稼ぎ続けることができず、倒産するかもしれません。


<稼いだ金額より、売った件数を見よう>


これまでの例を見れば分かるように。

「稼げる」に注目するなら、高額商品を売る方がハードルが低いですが、
「稼ぎ続ける」に注目するのであれば、
売った件数を増やすことを意識した方がいいのです。


あなたが、今後も「稼ぎ続ける」ことを意識するのであれば、
「いくら稼いだか」よりも、
「何件売ったか」に注目した方がいいです。

また、ビジネスコンサルにビジネスを教わる場合、
「いくら稼いだか」よりも
「何件売ったか」に着目しているコンサルを選んでください。


その人は、
「稼ぎ続けるノウハウ」を意識しているコンサルで、
長期的にみれば、あなたにとってプラスです。

(参考記事『「稼いでいる人」から「稼いでいた人」へ:どうしたらいいの?』で、
一時的に稼げても、稼ぎ続けることが出来なかった具体例を紹介します)
 

続きを読む

2017/05/21

ネットビジネスがうまくいかないのは○○だから

皆さんはネットビジネスをされていますか?
収入は順調にのびていますか?

この記事にアクセスするくらいですから、読者の皆さんはネットビジネスに興味をお持ちでしょう。しかし成果は出ている人と出ていない人に分かれると思います。いや、成果の出ていない方の方が多いかもしれません。今のビジネスが順調な成果を出し続けていれば、エネルギーをそちらに集中させ、ネットで様々な情報を集める事はあまりしないでしょうから。

今から書く話は、あまり聞かないと思います。とある有料講座に参加した時のメモ、ノートからの抜粋です。いつまで公開できるか分かりませんのでそれを踏まえて読んで下さい。

ビジネス模式図(家)
これは、ビジネスを家に例えた模式図です。
柱に該当するのが商材、ノウハウ、サービスです。
しかし柱は土台があって初めて安定します。その土台に当たる部分は、人との繋がり方、自分自身なのです。

ではビジネスがうまくいかない場合、どこに原因があるのでしょう。
3つの要因に分けて考えてみます。
1、モノ → 共通
2、情報 → 共通
3、土台 → 人によって違う

目の前にあるモノや情報は誰が見ても同じです。しかし土台は人によって違います。その人がそれまでに歩んできた人生や積み重ねた経験が違うので、同じモノ、情報を見てもとらえ方が人によって違ってくるのです。
その一方で、多くの商材は土台をイメージさせないように作られています
表面的な謳い文句だけで、例えば「スマホ1台で」「1ヶ月で300万円稼げる」ひどいものだと「誰でも稼げる」(※)などと書いて販売してます。その方が受けがいいからです。

※なぜこれら文言の中でも「誰でも稼げる」がひどいものなのか、考えてみて下さい。



設問の答えにもなりますが、同じ時期に同じ商材やコースを使って同じビジネスを始めても、うまくいく人とそうでない人の差が出ます。それは人によって土台が違うからです。
どんなビジネス、手法にも人によって向き不向きがあり、適性が合えば成功するが合わなければ成功しようがないのです。「誰でも絶対に稼げる」ビジネスや手法なんて最初から存在しないのです。

さて、ビジネスの種類や手法は人によって適性が異なりますが、どんな場合でも気に掛けないといけない事があります。
それは、
「仕掛ける側に回らないといけない。仕掛けられる側になるな!」
です。
ビジネスで成功するには、自ら積極的に仕掛けていかなければなりません。
例えばこのブログ記事だって、一種の「仕掛け」です。皆さんの中にももしかしたら、「これは基本的な話だけど今まで聞いた事がない。それを気付かせてくれた人だからこの人の紹介するビジネスに参加すればきっとうまくいくだろう」と思われた方もおられるかもしれません(笑)

ここまで書いた話、ビジネスの土台に関する話、つまり基礎の部分です。ネットビジネスもリアルビジネス同様、基礎があって初めてうまくいくものです。基礎のしっかり出来ていない人が「誰でも稼げる」の文言につられて商材買ってビジネス始めても、うまくいくはずがないのです。
では、なぜ、そんな大事な話なのになかなか教えてくれる人がいないのでしょう。
それは、商材を売る人はその方が儲かるからです。
ネットビジネスに手を出す人には、「楽して儲けたい」と言う考えの人が結構います。そういう人にビジネスの基礎の話をしてもなかなか聞き入れてもらえません(本当はそれを聞かずして楽して儲けるなんてできるはずないのだが)。
それよりは「1日1時間の作業で月収300万円」「誰でも絶対に稼げる」という甘い謳い文句で釣った方が商材が売れやすいのです。どんな安い商材でも買えば3,4万円はするでしょう。それが1ヶ月で100人に売れたとしたら、300~400万円の収入です。しかもネットで売れば経費はほとんどかかりませんから、売り上げがそっくりそのまま利益になるのです。後から「絶対に稼げると言うから買ったのに稼げなかった。騙された!」と言われようが、売ってしまえばこっちのもの、と言う売り手は多いです。しかも商材が悪くて稼げなかったのか買い手のスキルがなくて稼げなかったのか断定するのは難しいので、返金に応じる事もありません。ほとんどの場合は「この商材を使っても稼げなかったあなたはよほどスキルがなかったのですね」で終わりです(しかも売り手のこの言い分が当たっている場合も多いのです)。
話がややそれてしまいましたが、商材の売り手にとっては、厳しい事書いて10人しか売れないよりも甘い文言で釣って100人に売れた方が圧倒的に利益になるので、あえて表面的な甘い文言しか出してこないのです。

続きを読む

2017/05/17

私が「旅するカフカ」に参加した理由

最近、ブログランキングで1位になるなど、
注目の「旅するカフカ」ですが、

なぜ、私がこのビジネスに参加したのか、
参加した時の経緯を振り返ってみます。

(参考記事:これだったら信用できる! 「旅するカフカ」ランキング1位に返り咲き!
カフカさんのブログ:旅するカフカ~PT実践


<最初は、コピーライティングの仕事を探していた>


実を言うと、
私は、最初から「旅するカフカ」や、
ネットワークビジネス(MLM)の案件を探していたわけではありません。

当初は、クラウドワークスに登録して、
コピーライティングの仕事を探していたのです。

と言うのも、ダイレクト出版発行の
「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」によれば、
コピーライティングは、

・わずかな労力で、不労所得を生み出すことができる。
・FXや株のような損失リスクがない。


と書いてあったため、
「これは最高の仕事だ!」
と思い、コピーライティングの案件を多く募集している、
クラウドワークスで応募してみることにしたのです。

クラウドワークス内の案件を見ていたら、
いきなり出てきたのが、
報酬10万円~30万円の、高額案件でした。

しかも、隙間時間に、スマホからのコピペ作業だけでいいと書いてあったので、
「コピーライティングって最高だ!」
「本当に、不労所得だ!」

と思いながら、ワクワクでその案件に応募しました。


<採用されない不安の方が大きかった>


一般的に、ネットビジネスを始める時と言うと、
「本当に始めていいのだろうか」
「この商材買っていいのだろうか」
と言う不安があると思います。

しかし私の場合、クラウドワークスでの仕事の応募だった事もあり、
始めて大丈夫か、と言う不安はなく、

むしろ、
採用されない不安の方が大きかったです。
とにかく、高額案件ですから、選考する方も、しっかり人を選んでくるはずだ。
自分は採用されるだろうか?


不安のポイントは、そこでした。


<アムウェイの経験が生きる仕事と確信した>


「旅するカフカ」の事業動画を見た後、
案件の応募者とやりとりする中で、

「MLMの仕組みの部分は、理解できましたか?」
と言う質問が来ました。

私は、ここぞとばかりに、
「アムウェイの経験があるので、MLMの事は理解できます」
と返答しました。

これに対して
「それなら、私より詳しいかもしれませんね」
と言う返信をいただきました。

この時点で、採用されない不安は消えました。

ただ、気になる点が2点、浮かび上がってきました。

・報酬の10万円~30万円は、この仕事の依頼主が払うわけではないのか?
・毎月、海外旅行に行かないと、報酬を受け取れないのか?


この部分については、実際にこの仕事を始めるかどうかの最終確認のポイントだったので、
仕事の依頼主が言う、
「通話コンサル」で質問として、
聞いてみることにし、

納得できる返答が得られたら、
「旅するカフカ」に参加する、
と方針を固めました。


<通話コンサルで、最終的な不安は消えた>


通話コンサルで、疑問点をぶつけたところ、

・この仕事の依頼主が報酬を支払うわけではないが、
 成果に応じた金額が受け取れる
・報酬を受け取るために、海外旅行に行く必要はなく、
 グループの人数がいれば、それだけで報酬を受け取れる


このような返答をもらいました。

報酬の金額については、期待外れな面もありましたが、
「ま、いっか」
「人を集めれば、実際に毎月10万~30万円入るんでしょ?」


とポジティブに考え、
「旅するカフカ」への参加を決意しました。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ