2018/03/16

即断即決?ネットビジネスの決断は48時間以内に回答しよう

ネットビジネスで「稼げる人」と「稼げない人」の違いは何か。
この質問への回答として、
「稼げる人は決断力が早い、ほとんど即断即決している」
 
このように書いている人が大半です。

間違いではないのですが、
この言葉だけを鵜呑みにして突き進むと、ほとんどの場合、詐欺師に騙されます、カモにされます。

と言うのも、「決断力の早さ」と「稼げる人」の因果関係が分かってないからです。
 
「決断力の早さ(原因)」から「稼げる人(結果)」になったのではなく、
「色々試して稼いだ実績がある(原因)」から「即、決断できるようになった(結果)」

が正解なのですが、
 
自分の商材を買わせたり、コンサルを受けさせるために、
意図的に因果関係の部分をミスリードしているケースが大半です。

<初心者は即断即決できないのが当たり前>

即断即決するには、多くの知識と経験が必要です。
このどちらか一方が欠けても、即断即決はできません。
ですから、ビジネスを始めたばかりの初心者は、即断即決しようなどと考えてはいけません。
むしろ、じっくり考えて決断した方が、色々勉強にもなるので、お勧めです。

<無料の情報は、とりあえず見ておこう>

ネットビジネスの検索や、商材のサイト見ていて、
「無料」の文字が出てきた場合、
無料のものは必ず入手しましょう。
 
・無料の情報やメルマガは、迷った時は、入手すると決める

こうやって、ルールを1つ決めておくだけでも、即断即決に向けて大きな前進になります。
無料の情報なら、完全ノーリスクで、手にしただけメリットがあるわけですから、
無料の情報まで迷った挙句、無視する理由など、
副業・ネットビジネスで稼ぐ気がない、以外には全くありえません


<有料案件の決断は48時間以内に必ず回答する>

無料の情報は、本当に買わせたい有料の商材・コースの紹介のために用意した場合がほとんどです。
その有料案件を買うか買わないか。
当然、値段見て決める事になるでしょう。
(安ければ特に気にせず買えるが、高い場合は考える)
 
高ければ高いほど、値段に見合った内容か、
自分が使いこなせるレベルか、
慎重に判断しないといけませんよね。
 
ここで、その場で決断できなかった場合、
48時間以内に「買う」「買わない」のいずれかの返答すると、相手に伝えて下さい。

LPやブログを見ていて相手がいない場合も、48時間以内に結論を出すようにして下さい。

なぜ48時間かと言うと、
48時間あれば、一通りのことは落ち着いて考えられるからです。
あまり時間をかけすぎると、最初の目的を忘れてしまって方向違いの結論を出してしまうことが多く、
即断即決がダメなのと同様、時間のかけすぎもダメなのです。

当然ながら、48時間後には「買う」「買わない」、「やる」「やらない」
いずれかの結論を必ず出していなければなりません。
さらなる引き延ばしはしてはいけません。
 

続きを読む

2018/01/28

誰でも稼げるネットビジネス環境を守るために必要なたった1つの行動とは!

ネットビジネスはごく一部のお金持ち・情報持ちだけが稼げるビジネスで、
それ以外の人は大金払って金持ち(メンター)を紹介してもらい、
何度も直接会ってメンターに認められなければ稼ぐ事ができない。

副業レベルの活動では稼げない、ネットの中だけでは稼げない。
 
こんな事を言われたら、ショックですよね。

でも、あと1年か2年したら、これが現実になるかもしれないのです。
しかも、既にその兆候は出ているのです。

一昔前なら、スタバのフラペチーノを家族3人でなめ合ってる人が、
1ヶ月で10万円稼ぎ出す事も容易でした。

しかし今は、「知ってるか知らないかの問題」と言われ、
リアルに「稼ぐ情報を知ってる人」を紹介してもらわないと稼げないと言う人も増えてきました。
稼げない初心者が稼げるようになるためのハードルが上がっているのです。

<過去の行い(原因)が現在の状況(結果)を生み出している>

ではなぜ、ネットビジネスを取り囲む環境がこのように悪化してしまったのでしょうか。

今の結果を生み出す原因は、必ず過去の行いにあります。

あなたは通販で何か買う時、どこで買ってますか?
個人のブログ記事についているアフィリエイトバナーには見向きもせず、
大手が大々的に製品紹介しているサイトから購入しませんでしたか?
 
ネットビジネス初心者らしき人が紹介している商材には目もくれず、
同じ商材を一流と呼ばれる人が紹介した時に飛び付いて買ってませんか?

これがいけなかったのです。

1人1人のこのような行動の積み重ねが、
「全く稼げない人」と
「稼ぎまくる人」を生み出し、
常に一流が稼ぎ続ける一方で、
初心者や大半のアフィリエイターが全く稼げない状況を作り出してしまったのです。
 
<「稼がせてあげる」気持ちと行動が大事>

それでは、どうすれば今後も、初心者でも誰でも稼げるネットビジネス環境を守っていく事が出来るでしょう。

それは簡単です。
わずかな手間を惜しまず、いかに初心者、自分に近い目線、生活水準のアフィリエイターを稼がせてあげるか。
これを常に意識して行動することだけです。

例えば、あなたがビジネス商材を購入しようとする時、
誰かよく分からない、初心者っぽい人のブログで気になる商材を見付けたとします。
恐らく、この時点で購入は出来ないと思います。
そこで、検索で調べたり、FacebookやLINEで流れてくる情報をチェックしたりすると思います。

その中で、確かに信用できる情報を発見したとします。
ここで、その信用できる情報を発信している人から購入するのでなく、
同じ商材を紹介している、最初に見付けたブログから購入するように心がける
のです。

とにかく、大事なのは、
「自分以外の初心者アフィリエイターに稼がせる」
と言う考え方と行動です。

このような行動を毎日少しずつ心がけているだけで、
不思議と、あなたを稼がせたいと思うようになる人が増え、
あなた自身も自然にお金が増えていきます。

 

続きを読む

2017/12/11

ネットビジネス成功のコツ:一流を体感し二流から学ぶ

副業・ネットビジネスで最短で成功したいのであれば、
「一流を体感し、二流から学ぶ」
ことをお勧めします。

多くの成功本では「一流から学べ」と書いてあるし一流と呼ばれる人も学ぶなら一流からと主張するので、この主張は奇異に感じられたかもしれません。
しかし一流から学ぶのは二流になってからの話で、まだ二流にもなっていない三流や三流以下の初心者がいきなり一流から学ぶのはかえって逆効果です。

私の体験談になってしまうのですが、私は高校受験で県内一流の私学と地元では名の知れた公立進学校の2校受験しました。
自分では公立校のみ考えていたのですが、中学の担任が「一流私学を受けてみろ」と強く勧めたため2校受ける事となりました。
結果的に私学の方は不合格で公立進学校に通う事になったのですが、ここで私学受験した事が「一流の体感」だったのです。
一方、高校に入ってからの成績は、1年次はBクラスでした。中学では成績上位だったのが進学校で地域の頭のいい子ばかりが集まった途端、Bクラスになったのです。しかしそこから徐々に成績を伸ばし、最後は上位10%に入るかどうかの位置まで順位を伸ばしました。
ここで私が成績を伸ばせたのは、県内一流の私学ではなく、地元では有名でも県内で見れば二流の学校だったからこそ適度な刺激を受けて伸びたのです。もし仮に県内一流の私学に合格して通っていたとしても、周りについていけず落ちこぼれていたに違いありません。

ネットビジネスを学ぶのもこれと同じです。
一流の指導者の周りにはレベルの高い人ばかりが集まります。これについていければいいのですが、実力差がありすぎるとついていけず落ちこぼれて「自分は出来ないんだ」となってしまいます。
これに対し二流の指導者の周りは一流の周りと比べるとレベルが下がった人が集まります。教える内容もそのような人向けです。ですから落ちこぼれず適度な刺激となって力を付ける事が出来るのです。
 

続きを読む

2017/11/20

稼げるマインドと稼げないマインドの驚くべき違い

これから書く話は、月収1000万円以上を毎月稼ぎ、教え子にも初月から30万円以上は確実に稼がせている方から聞いた話です。

この方は以前、参加費50万円の1泊2日のビジネスセミナーに参加しました。
この合宿には120名が集まり、申し込み後すぐに定員に達したそうです。

1泊2日でさぞかしいい内容を教えてもらえたかと思いきや、内容はビジネスブログの書き方を教えてもらったのみ。

2日目、他の参加者がバックヤードに集まって講師の悪口を口々に発していました。
それを見たこの方は、 「あそこで悪口を言ってる人たちは稼げない人だろうな」 とすぐに思ったそうです。

そして、この合宿から何か学ぶべき点がないか、必死になって考えました。

考えた末、ある事に気付きました。

この合宿は確かに内容は散々だ。しかし1人50万円もする合宿に120名がすぐに集まった、その集客方法は素晴らしいものであり、学ぶべきだと。

そして現在。
この方は自分が稼ぎ、人にも高い再現性で稼がせる事が出来ている一方、あの時講師の悪口を言ってた人でまともに稼げた人はいない、倒産したり連絡がつかなくなってしまった人ばかりだそうです。


稼げる人と稼げない人は考え方がこうも違うのか、と驚かされる話です。

稼げない人はすぐ原因を外、他人に求めます。
それに対して稼げる人は、よくないものの中からもよかった点、学ぶべき点を見つけ出しそれを糧に成長していきます

自分が稼げる人になりたいなら、まずは稼げるマインドを身に付けなさい、と言うお話です。
 
実はこれは、ほんの一例にすぎません。他にもあっと驚くような話がたくさんあるのです。
 

続きを読む

2017/07/27

名波浩監督から学ぶマネジメントのポイント

名波浩(ななみ・ひろし)。
現役時代はサッカーJリーグ、ジュビロ磐田の中心選手としてチームの黄金時代を築き上げ、現在はジュビロ磐田の監督を務めています。
名波氏は選手だけでなく監督としてもその才能を発揮しつつあり、それはチームの成績や選手のモチベーション、ホームゲームの観客動員数など様々な場所に現れています。

名波監督の選手起用、目標に対する考え方等は、マネジメント全般、我々が副業、ネットビジネスオーナーとして成功する上でも参考になる部分が大変多いです。
例えば。

1、目標の上方修正は今の目標を達成した後で行う

今シーズン前、名波監督はチームの目標として「いかに早く勝ち点40を突破するか」を掲げました。
シーズンが半分少し終わったところで、早くもこの目標は見えてきました。「もっと上位を」「優勝も狙えるのでは」と言った声も聞こえてきます。
これに対して名波監督は、
「目標を上方修正するなら、今の目標を突破してからであるべき」
と考え、現時点での修正は考えていません。
実はここに重要なポイントがあります。
目標を達成するに次の目標を設定してしまうと、それを達成できなかった時に「出来なかった」と言う未達感だけが残ります。またもう一息で目標達成だから頑張ろうとモチベーションを高めていたところでゴールを遠ざけるのは、メンタル面で大きなマイナス、疲労感を増幅させてしまいます。
目標を達成したで次の目標を設定する事で、人は達成感を味わう事ができ、それを次のモチベーションにつなげる事が出来るのです。

2、安易な補強は可能性をつぶす

この記事を書いている2017年7月27日現在で、ジュビロ磐田は外国人枠をまだ残しています。決定力の高いエースストライカーを補強すべきでは、との声も聞かれます。
これに対して名波監督は、
「現場としてはいらない」
と考えています。理由として、外国人のストライカーを採ってしまうと今いる選手の将来性、可能性をつぶす事になりかねないから、としています。補強しない事で今いる選手に「お前が頑張らないといけないんだ」と言うメッセージを伝える事になるのです。
補強すればチームは短期的に結果を残すかもしれませんが、ジュビロ磐田のようなビッグネームとは言えない資金も決して潤沢にあるわけではないチームの場合、補強で入った選手は結果を残せばビッグネームに移籍しがちです。その時残った選手が結果を出せなければ長期的にはマイナスです。それよりは現有選手の力を最大限引き出した方が長期的にプラスです。

この事を副業、ネットビジネスに当てはめて考えてみます。「安易な補強」と言うのは、すぐにお金が手に入るビジネスを始める行為に相当します。例えば今のビジネスがちっとも結果が出ないから少額資金でFXを始めるケースです。
FXはエントリーした瞬間からお金が動くのですぐ結果が出ます。少し利益が出たから決済、を繰り返せば一時的には稼げます。しかし目先の利益だけでFXを始めた場合、ほとんどの人が長期的にはマイナス、トータル損失に転落しています。やっとFXでは稼げないと悟り元のビジネスに戻るわけですが、その間にそのビジネスで稼ぎやすい旬の時期は終わってしまうかもしれません。安易に結果を求めたばかりに元のビジネスの可能性をつぶしてしまいトータルでも損失だけが残ってしまうのです。
それよりは、最初のビジネスを粘り強く続けた方が長期的には結果を残しやすいのです。

3、現場の感覚を優先する

名波監督はある日、試合前日に紅白戦を行いました。そこでは「2トップ+1トップ下」「1トップ+2シャドー」の2パターンを試しました。試合後、コーチ陣にどちらがよかったかと聞いたら全員が「2トップ+1トップ下」を選びましたが、選手に聞いたところ、選手は全員が「1トップ+2シャドー」を選びました。
実際の試合は選手がいいと言った「1トップ+2シャドー」を起用し、チームは勝利しました。
これについて名波監督は
「選手がピッチ内で責任を持ってやれば、成功、失敗どちらに転んでもその体験によってチーム力がつきレベルアップにつながる
と考えたのです。

副業、ネットビジネスも同じです。商材やマニュアルは「コーチ陣」です。しかし全ての場合においてマニュアルに書いてある手法でうまくいくとは限りません。マニュアルにAと書いてあるが自分がやってみたらBの方がうまくいきそう。そう考えるならBをとことん試すべきです。結果がどうあれ、この試行錯誤が稼ぐポイントを掴む原動力になるのです。
他にも「現場の感覚を優先」から言える事はあります。実際に結果を出し続けている人の意見はまさに「現場の意見」です。それを参考にすれば結果を出しやすくなります。一方でネットビジネスの「ネ」の字も知らない、分かってない人の言う事を聞いていたら、間違った方向に進んでしまいます。それでは当然、結果を出す事は出来ません。誰の声が現場の声、現場の感覚なのか、の見極めは重要です。

4、まず見て学び、自分で考える

中村俊輔選手がジュビロ磐田に加入してしばらくの間、名波監督は川辺駿選手を中村俊輔選手とはあえて組まないようにしていました。その狙いは、まず中村俊輔選手を見て学び、俊輔をどう使うか考えてもらう事にありました。若い選手は新しく入った選手に対して自分のやり方を押し付ける傾向にあるが、それでは持てる力を使いこなせないからです。
川辺選手が俊輔選手を見て学び、頃合いを見計らって名波監督は2人を組ませました。そして実際の体験を通してすり合わせを行い、強力なホットラインにまで持ち上げました。

副業、ネットビジネスでも成功者が何をしているのか見て学び、自分に落とし込んで展開する事が重要です。自分流をビジネスに展開するのでなく、成功者を真似るのです。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人