2018/04/22

大成信一朗氏が語る、下手くそなビジネスセミナーの活用法

大成信一朗(おおなり・しんいちろう)。
この名前を聞いた事あるでしょうか?
 
ネットビジネス、リアルビジネスを問わず、あらゆるジャンルのビジネスにおいて、
受講生を稼がせた「稼がせ上手」として、その世界では著名な人物です。

大成さんのすごいところは、ビジネススキル以前のマインドの部分です。
かつて、 この記事 でも紹介したように、
定員120名がすぐに集まったが、中身がカスのビジネス合宿に参加した時、
「騙された、詐欺だ」
と思わずに、
「この合宿主催者の集客のスキルは素晴らしい、見習おう」
と考え、徹底的にリサーチし、真似したそうです。

ですが、大成さんがこのビジネス合宿から学んだのは、それだけではなかったのです。
下手なビジネスセミナー、合宿にも活用方法がある事を、大成さんは身をもって教えてくれました。

どんな活用方法か?
 
 
 
それは、
「あんな人でもセミナーやってるんだから、自分でも出来る、自分ならもっと上手くできる」
と考え、セミナーを始めるきっかけにしたそうです。

実力のない、下手くそな講師やビジネス合宿を、
詐欺とか、騙されたと思わずに、
これなら自分でも出来る、ときっかけにしたのです。

世の中には、例えばココナラでわずか500円のビジネスノウハウ聞いて、大した事がないと、
「お金を捨てた、騙された」と悪評書き立てる人もいます。
こんな考え方している間は、自己成長できないし、稼げるようにもなりません。

大成さんのような、どんな内容のものであっても、
そこから学ぶ点を見付けたり、
行動のきっかけにする。
この姿勢こそが、ネットビジネスを含む、
あらゆるビジネスで稼げる人の基本的な考え方です。

 

続きを読む

2018/04/22

ビジネススクール、コンサル受けても稼げないのはなぜか

安価から高額まで、様々なビジネススクールやコンサルに手を出したけど、
いつまでたっても稼げるようにならない人っていませんか?

行動力がない、行動量が足りない、全て言われた通りに実施していない、
などの理由が考えられますが、
複数のスクールやコンサルを受けている人には、
これらとはまた違う、特有の原因が考えられます。
 
それでは、質問です。
ビジネスセミナー受講し、バックエンドのスクールまで申し込む時、あなたは何を考えますか?
 
「今のビジネスをどうやったら伸ばせるか」
「どうやったら、もっと稼げるようになるか」

このように考えますよね。
 
「今までの事はやめて、新しいことを始めよう」
こういう考えでビジネススクールに入る人、コンサルに教わる人は少ないと思います。
 
ところが、いざ蓋を開けてみると、
「そんな事やったって稼げるようにならない」
と今までを全面的に否定し、
新規に一から自分のビジネスをやらせるスクールやコンサルが本当に多いです。

 
ここに、いつまでたっても稼げるようにならない理由があります。
今までを否定するマインドで始めてしまうため、
せっかく積み重ねた過去の経験が全く活きてこないのです。

 
同じところを右往左往、あるいはグルグル回っているだけで、ちっとも成長していかないのです。
 
ビジネスで成果を出したいのであれば、
今までの行動を受け入れた上で、
今のビジネスを認めた上で、
それをさらに引き伸ばす。

このようなスタイルのスクールで、またはコンサルから教わる必要があります。

 
これまでのあなたを認めた上での指導であれば、過去の経験が生きてくるので、
「経験の積み重ね」ができ、
稼げるようになっていきます。
 

続きを読む

2018/04/15

ネットビジネスの断り文句を減らして成約させる方法

「予定が入っているから行けない」は言い訳ではない!
 
ネットビジネスを紹介された人の断り文句として、
「既に予定が入っているから行けません」
「ビジネスを始めるお金がありません」
と言う声を、よく耳にします。
 
ネットビジネスしたいと言いながらこのような態度を取る人に対して、

「そんなのは本気でない事を正当化するただの言い訳」
「本気で稼ぎたいなら予定変更してでも行く」
「本気ならお金は何としてでも工面する」

と言う人がいます。
 
確かにビジネスを勧める人の言ってる事は、間違いではありません。
間違いではありませんが、断った人だけを責めるのは片手落ちです。
 
ネットビジネスを勧める側の勧め方に、
予定を変更してでも行きたい、と言う気持ちにさせるだけの魅力がないのです。
 
人間、空いた時間に予定を入れるのは簡単ですが、
既に決まった予定を変更するのは、
大きなエネルギーが必要です。
 
ですから、予定を変更してでも行きたい、と思わせるには、
それだけ大きな魅力を出す、魅力を伝える必要がある
のです。
 

続きを読む

2018/04/02

ネットビジネスは「バカほど稼げる」ビジネス!?

ネットビジネスの勧誘で
「バカでも稼げる」
「高卒の私でも稼げた」
と言う表記が目立ちますが、実態を見ていると、
 
「バカだから稼げた」
「低学歴だから稼げた」

 
と書いた方が正しいように思われます。
では、なぜ高学歴の人はネットビジネスで成功しにくいのか?
 
それは、高学歴特有の思考回路に理由がありました。
 
<大衆は常に間違う>

この一見すると不可解な現象の謎を解くカギ、キーワードは、
「大衆は常に間違う」です。
 
例えば、AさんとBさんが、同じネット商材をアフィリエイトしていたとします。
Aさんの紹介する商材と、Bさんの紹介する商材は、同じ価値でしょうか?
 
当然、同じ価値ですよね。
だって、紹介する人が違うだけで、商材自体は全く同じものだから。
 
しかし、Aさんは、商材の仕組みや簡単に稼げることのPR、実際に稼いだ人の事例を事細かに紹介し、
一方Bさんは、漫然と商材を並べただけだったとします。
 
この時、AさんとBさんで、どちらから買いたいと思うでしょうか?
きっと、Aさんから買いたいと思うはずです。
 
同じ商材を紹介しているにも関わらず、人は、Aさんの紹介する商材は、Bさんの紹介する商材よりも、
価値の高いものと判断したのです。


ここまでは、ビジネスやコピーライティングの基礎でも普通に出ている話ですが、大丈夫でしょうか?
 
問題は、ここから先です。

多くの人は、本来同じ価値のものを、違う価値と判断した、つまり間違った判断をした事になります。
これに対する考え方や行動が、「バカ」と高学歴で大きく異なってくるのです。

高学歴の人は、ともすれば、
「みんななんてバカなんだ、同じ価値のものを違う価値と判断するなんて。
 間違った判断をするから稼げないんだよ。よし、俺が正しい判断とは何か教えてやろう」
と言う態度を取りがちです。
 
確かに、大衆が間違った判断をしている中で、いち早く正解に気付き、行動した者だけが、
大きく成功し、圧倒的な稼ぎを得ているのは事実です。

もし、アフィリエイトサイトの目的が、大衆に正しい考え方を伝える、
間違いを正してもらう事であるならば、高学歴の人が取った行動は目的にかなっています。


<教育ではなく、ビジネスが目的>

しかし、ここで大事なのは、目的は商材を売ることであり、大衆を教育することではない、と言う点です。

同じ商材を違う価値であるかのように人間がとらえるのであれば、それを利用し、
自分のアフィリエイトサイトから、その商材を買いたいと思わせる必要があるのです。
 
「バカ」な人は、こうすれば検索されやすくなる、読者が商材を買いたいと言う感情になる、と言われた時、
愚直なくらい、素直にその通りに実行します。
 
高学歴の人は、少しうまくいかなかった時、
「こんなやり方だからダメなんだ」と、自分の価値観を読者に押し付ける態度を取りがちです。

この違いが、ネットビジネスはバカほど稼ぎやすい、と言われる理由です。
 

続きを読む

2018/03/28

イタリア人のサッカー観に学ぶ、人生のチャンスの生かし方

<サッカーは人生の縮図だ>
 
3度の飯よりサッカーが好き、
と言われるくらい、イタリア人はサッカー好きが多いそうです。
 
そこまでサッカーが好きなのは、意外な理由がありました。
 
イタリア人に言わせれば、サッカーとは、自分の人生そのものなんだそうです。
90分の勝負の中に、人生の全てが詰め込まれているそうです。
 
自分の人生と重ねて試合を観るからこそ、
そこまでサッカーに夢中になるのです。
ミラノACミランサンシーロ2 ミラノACミランサンシーロ
 
<ウノゼロ(1-0)が最高に美しい、の奥深い意味>

そんなイタリア人にとって、最も美しいサッカーのスコアをご存じでしょうか?
ウノゼロ(1-0)
 
これが、サッカーで最も美しいスコアなのだそうです。
 
イタリア人がサッカーに自分の人生を投影していることを踏まえれば、
1-0の試合が、
人生を最も正確に表していることになります。
 
1-0のスコアが表す人生とは何か?
 
それは、
人生において大きなチャンスは一度しかない。
その一度きりのチャンスを掴んだものが勝ち組となり、
逃したものは負け組となる。

 
端的に言えばこういう話ですが、実際のところは、もっと奥が深いです。
 
サッカーのその1点って、90分の中のいつ入るか、全く分かりませんよね。
シュートを何本も打って、その内の1本が決まるわけですが、
何本目のシュートがゴールに入るかは、誰にも全く分からないわけです。
 
常に、目の前にあるチャンスを、
人生でたった一度きりの大きなチャンス、
と思って行動するから、
本当の大チャンスを手にすることができる。

 
もし、それが大チャンスではなかったとしても(シュートに失敗しても)、
次に来るチャンスこそ、本当の大チャンス、と思って行動し続けるから(シュートを打つから)、
本当の大チャンスを手にすることができる(ゴールが決まる)。
 
これは本当の大チャンスではない、と思って行動しなければ、
大チャンスが目の前に転がっていても気付かず、逃してしまう。
そして、それを他人に取られてしまい、自分には二度とチャンスが訪れなくなる。
 
これこそが、1-0のサッカーが教えてくれる、人生の哲学なのです。
そして、人生とは、決して2-0や3-0、3-1などではなく、
1-0のサッカーなのです。
   
ミラノ1 ミラノ街並み

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。