FC2ブログ
2017/03/14

クラウドワークスの注意点:情報の重みを考えよう!

クラウドワークスと言う仕組みをご存じでしょうか?

ネット上で行う業務の発注・募集と受注・応募を行う場所です。
この中で自分に合った条件の仕事を見付け、契約して業務を行います。
発注者はクラウドワークスに代金+使用料を支払い、受注者は使用料を差し引いた金額を受け取ります。

しかしこれは「プロジェクト」と呼ばれる仕組みの場合です。
他に「タスク」と呼ばれる仕組みもあります。
これは、発注者が仕事を呼び掛け、受注者が応募。発注者に承認されればお金が入ります。

問題は、「タスク」の仕事の内容と金額です。
勿論、きちんとした仕事もありますが、中には個人情報収集が目的のタスクも少なくありません。それでいて報酬は1件10円のような微々たるものです。その上「30秒で終わる」等の文言で、「楽な仕事だから単価が安いのは当然」と思わせておいて個人情報の価値の重大さに気付かせないようにしています。

これに騙されてはいけません。小銭のために個人情報を安易に提供すべきではありません。それがどのように使われるか、分かりませんから。
はっきり言って、10円どころか10万円もらってもその後の事を考えたら全然ペイしないような案件もあります。
幸い、クラウドワークスでは仕事を中断してもそれが発注者に知れたり自分の評価に影響する事がありません。「応募する」をクリックしない限り具体的な仕事内容が分からないものも多いので「応募する」のクリックは仕方ないかもしれませんが、提供する情報の種類、仕事を完遂するのに必要な登録内容、これらに問題がある場合は、その時点で受けないと決め引き返す事が重要です。

個人情報は10円どころか10万円の対価でも安すぎると心得て下さい。

スポンサーリンク

クラウドワークスと言うのは、このサイトの事です。ここに登録すると、ネット上で在宅で出来る、ものによってはスマホでも(つまり外出中でも)できる仕事がいっぱいあるので、自分に合った仕事を見付けて報酬を得る事が出来ます。

https://crowdworks.jp/

仕事を引き受ける時は、内容だけでなく、その後の事を踏まえてもそれに見合った対価が報酬として設定されているか、と言う視点を忘れないで下さい。

それさえ分かっていただければ、本記事の目的は達成、と言うのが私の率直な思いです。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ