FC2ブログ
2017/03/10

クラウドワークスで十分な収入と自由な時間を得る方法

ネット上で仕事の依頼を出したり仕事を受けたりするサービス、クラウドワークス。
自宅にいるまま自分の好きな時間裁量で仕事でき、自由な半面、報酬が低いのがネック。
本当に儲かるのでしょうか?

クラウドワークスにも色々なタイプの仕事があります。
単にアンケートに答えるだけ、のようなものは、答えて10円報酬とか、その程度です。暇だからやって実績作っておこう、それ以上の意味はありません。

一方で、仕事の発注者と個別に対応して仕事内容、納期、報酬を決めるものもあります。
このタイプでしたら、もっと高報酬が期待できます。
とは言っても、初心者には受注しにくいのも事実。

はじめは参入ハードルが低く単価も低いものから挑戦し、実績を重ねたら徐々に高報酬の仕事にシフトしていく。
こういう段階を踏んだ考えが必要でしょう。
 

スポンサーリンク

以上の点を踏まえると、クラウドワークスだけで大きな収益を上げるのは現実的とは言えません。仮に単価の高い案件を受注できたとしても、今度は自由な時間が取れなくなるデメリットもあります。

クラウドワークスの仕事でスキルを身に着け、その後は自前のネットビジネスでもっと高単価で何か展開できたら、間違いなくその方が儲かり時間も自由に使えます。
この場合、成長性があり、将来の報酬がクラウドワークスのような労働型の収入ではなく仕組みからの権利収入になるよう仕向けるのがポイントです。

このような仕組みからの権利収入を得る方法、ポイントは、以下のレターからメルマガに登録すると、4本の動画で紹介します。

旅するカフカバナー

メルマガの最後に、継続的な権利収入を得るための企画の案内が出てきます。この企画は他の参加者とノウハウを共有出来るメリットがあります。
企画に参加する事が時間と収入を両立させる最短ルートと判断された方は参加しましょう。
(メルマガ見たから企画に参加しないといけない決まりはないので、収入の仕組みに興味を持たれた方はその時点でメルマガ登録して下さい)

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ