2017/02/12

記事の更新頻度を書いてみた

もはや星の数ほどあると言ってもいい、ネットビジネス系、アフィリエイト系、アドセンスバナー広告付きのブログ。
そこから収益を上げるには、いかに読んでもらい、いかに広告をクリックしたいと思わせるかがポイントです。

では、どうすれば読んでもらえるか?
一期一会とは言いますが、一見さんばかりでは収益は上がりません。rピーターが増えてこそ収益も増えてきます。
なのですが、読み手だって時間は限られています。限られた時間を有効に使いたいと考えます。
即ち、記事が更新されたピンポイントで来てもらえるのが一番効率的です。
アクセスすると記事が更新されている。しかし無駄にアクセスしなくても良い。こういうブログは読み手にもある種の安心感を与えます。

では、どうすればピンポイントで安心して読み手に来てもらえるか?
それには、記事の更新頻度が読み手に分かる事が大事です。つまりブログのトップページに記事の更新頻度を入れておくのです。勿論、書き手はそれを守るのですよ。

私は、「原則1日1記事。ただし都合により更新しない場合あり」と記しておきました。こうする事で、このブログの更新頻度がはっきりするので無駄にアクセスしなくなります。更新頻度がはっきりしていないと、更新されても記事にアクセスしてもらいにくくなりますので、ここは重要なポイントです。

スポンサーリンク

とは言っても、自分で決めた更新頻度が次第に守れなくなるのも悲しいかな人間の特徴。
それを克服する1つの方法が、ブログ記事作成代行サービスです。

ブログ作成代行 アフィリエイト

記事作成を代行してもらう事で、定期的な更新を維持できます。代行する側もお金をもらって記事を作成するので、自分で気ままに更新するより更新頻度の維持厳守は確実です。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人