FC2ブログ
2016/07/11

FXには損失リスクがある、その恐ろしい実態を公開!

前回の記事 で紹介した計算方法で、目標金額を定め、
利益がその金額に到達した時点で、欲張らずに決済したらどうかと書き(本当はそのようなトレードをしたらいけなかったのだが)、
それを実行に移しました。

この方法を使ったところ、見かけ上、その金額を少し上回る金額で決済を続ける事が出来ていました。

が、目標金額を定めたトレードは、やはりやってはいけないトレード。実際は手放しで喜べる状況ではなかったのです。

・利益を確定した時点でノーポジション
・ポジションはあるが含み益のポジションのみ


のいずれかであれば手放しで喜べるのですが、
私の場合、強烈な含み損のポジションを5つ抱えた状態での「利益達成」だったのです。
これら厄介ポジションをトレンドに合わせて除去しなければこれまでの利益も「砂上の楼閣」です。

そして土日を挟み今日(2016年7月11日)、作業決行!

5つの内2つは除去できました。
しかし作業中にトレンドを読み誤り、証拠金の兼ね合いから30万円のマイナス損失決済せざるを得なくなりました。(T_T)

上級トレーダーにとっては大した金額でないかもしれません。しかし本格的に始めたばかりの私にとってこのマイナス30万円はかなりの痛手です(口座残高120万円から始めています)。

その上まだ危ないポジションが3つ残っているのです。
(この記事を書いている時点で、30万円中3万円は取り返したが、まだ27万円の損失が残っている)

厄介ポジション精算のために大きめの数量で新規ポジションを立てて広い意味での「ナンピン」で決済しようとしたのですが、
この方法はリスクが大きすぎますね。
含み損を無くそうとして新たな含み損を抱える、負のスパイラルにはまってしまいました。

本日の時点で含み損を抱えた3つのポジションはそのまま残してますが、これを損失確定させずに決済する事は至難の業です。
(追記:実際、後から大損失を出す結果となってしまいました)
 

スポンサーリンク

このように、FXはうまくやれば利益を出せる半面、
一気にお金を失う、含み損を解消しようとして新たな含み損を抱える負のスパイラルに陥るリスクがあります。

やり方次第で回避できる事例ではありますが、
頭では分かっていても実際に始めてみるとやってはいけない事をやってしまうのがFXです。

相場が絶えず動く、しかも勢いよく動き出す事もあるため、
頭の中がパニックになってしまい冷静な判断が出来なくなってしまうのです。

・為替相場と言う風見鶏的なランダムな値動きをしやすい
・土日を除く24時間動き続ける
・他人を意図的に損失させて利益を独占しようと言う志向の強い欧米勢が相場を主導している


この現実がある限り、FXでチャートを前に正常な思考が出来なくなってしまうのは避けられないかもしれません

いっそFXを辞めて、損失リスクの無い(経費はかかるがそれ以上の損失は発生しない)ネットビジネスへ乗り換えた方が安全かもしれません。
一方で、FXならではの作業にほとんど時間をかけないと言う条件は譲れない。

実は、スマホ1台もしくはパソコン1台の「ながら作業」だけでも継続的な権利収入が得られるビジネスがあるのです。

興味があれば、以下のサイトで配信中の動画を見れば、どんなビジネスか分かるので、
一度、ご確認ください。

旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ