FC2ブログ
2017/01/29

オン・オフの区別はネットビジネスには存在しない!?

ネットビジネスを専業化すると、オン・オフの区別が本当にないとことに気付きます。

会社員や公務員のような、
・通勤したらオン(主に平日昼間)
・帰宅したらオフ(主に夜間休日)

このような区別がないのです。

同じ個人事業主でも、店舗構えている人は、オンとオフがありますが、
ネットビジネスは、それがありません。

では、オン・オフの区別がないことは、悪いことなのか?
と言うと、実は、そうではない、オン・オフの区別がない時代に「先祖返り」しただけなのです。

どういう事なのか?


<昔は「働きたい時に働く」が一般的だった>


近代的な産業社会になる以前、
世界で言えば、イギリス産業革命よりも昔、
日本で言えば、明治の近代化が進む以前、

今で言うオン・オフの明確な区別はありませんでした。
何時から何時まで仕事、のしばりもなく、
仕事する気になったらぼちぼち仕事するか、
これが一般的でした。


<産業革命によって、オン・オフが発生するようになった>


しかし産業革命によって大量生産の機械が導入され、工場で大量の労働者が機械を動かして生産するようになると、
人によって働く時間がまちまちでは、生産できません。

何時から何時まで機械を動かして働く、
と言う規則を設ける必要が出てきました。

そして、働く場所が家から工場に変わり、
・仕事の時間は工場で働く、
・それ以外の時間は家で過ごす

と言う、明確な区別が生じました。

つまり、オン・オフの区別は、あって当たり前、しなければならない、と考える人が多いですが、
長い人類の歴史の中でみれば、
たかだか200年少々しか、そのような時代は存在せず、
むしろ、オン・オフの区別のない時代の方が、圧倒的に長かったのです。


(参考:私たちが当たり前と思っている、雇われての時間給も、産業革命によって生まれたものです。
産業革命が生み出した、時間給と言う非常識」もあわせてお読みください。)


<「働き方改革」で、オン・オフの区別は消える?>


現在、IT技術の発達により、
産業革命に匹敵する、社会構造の大変化が起こっています。

これに伴い、オフィスに出勤して働かなくても、
ネットを使った在宅ワークが可能になりました。

さらに一歩進んで、在宅なら、何も会社に雇われなくても、
フリーランスとして、個人で仕事をすればよい、と言う考え方も次第に広まり、
アフィリエイトなどのネットビジネスも、かなり一般的になりました。

このような働き方は、産業革命以前の、家庭内工業や、
晴耕雨読の農業のように、

住む場所と働く場所の区別がなくなり、
仕事をする時間も、自分の好きな時、やりたい時にできるようになりました。

まさに、「働き方改革」、
ネットワーク化・IT化により、オン・オフの区別は消えた
のです。
 

スポンサーリンク

<オン・オフの区別がなくなるのは、むしろ好ましいこと>


オン・オフの区別がない生活を、もしかしたら、
だらしがないと非難する人が出てくるかもしれません。

しかし、既に書いた内容から分かるように、
オン・オフの区別自体が、産業革命によって生み出された、
機械による工場での大量生産を前提とした発想であり、
決して、人類普遍の常識や善悪、道徳ではないのです。


IT化と在宅ワークにより、この前提が崩れましたから、
オン・オフの区別がないことは、決して悪いことでも、非難されることでもないのです。


むしろ、オン・オフの区別をなくすことは、
・好きな時に好きなことができるので、ストレスがたまらない
・育児、子育てしながらでも仕事ができる

と言った、メリットの方が多い、好ましいことなのです。



<オン・オフの区別のない生き方に移行しなければならない>


オン・オフのある生活が、決して当たり前のものではなく、
時代の要請によって生まれ、
時代の変化によって消えつつあるもの、
 
このように考えると、オン・オフの区別のない生き方、働き方をすることは、
だらしがない事でも何でもなく、

むしろ、オン・オフの区別を当たり前と思っている方が、時代の変化に残されており、
オン・オフの区別のない生き方、働き方をすることは、
これからの時代を生きる人の義務、と言っても過言ではない
くらいです。

そのような生き方は、決してだらしがないとは違う、
時代の変化に柔軟に応じた、新しい生き方なのです。

今までの常識が、今後のわずかな年月のあいだに、いかに一気に崩れ去り、
今のうちから、新しい時代の求める生き方をする必要があるか、

以下のレターと動画を見れば、さらにイメージがわくようになります。
よろしければ、ご覧ください。

※リンク先のサイトでは、本当に重要な情報は、動画のみで発信しています。
レターだけ見て、動画も見ずに批判的なコメントを発した場合、
あなたの価値や信頼性を損なう恐れがあるので、ご注意ください。


旅するカフカバナー
 
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ