FC2ブログ
2017/01/27

FX:スイスフランショックで大損した会社は信用できる!

あらかじめ断っておきます。本記事は一部関係筋が流した裏情報を元に作成しています。記事の信憑性については各自の判断でお願いします。

前回の記事で、為替相場に対する国内の金融機関の姿勢が問題ありなので本格的にFXを行うなら海外口座で、と書きました。
では、国内口座の何が問題なのでしょう?
国内でも問題ない会社は無いのでしょうか?

それを知るには、為替相場がどのように決まるかを知る必要があります。相場ですから、買いたい人と売りたい人の力関係で決まります。買いたい人が多ければ相場は上がり、売りたい人が多ければ相場は下がります。
(人と書きましたが、厳密には通貨量のバランスで決まります。1万通貨買いたい人が100人いて100万通貨売りたい人が1人いるなら、人数は1:100ですが売買される通貨量は同数なので相場は変動しません)

本来であれば、例えばドル円の買い注文を金融機関に入れた場合、金融機関はその注文をインターバンクに流す必要があります。そしてインターバンクに示される相場で買い注文のエントリーを入れるのがあるべき為替相場の在り方です。
ところが国内の金融機関のほとんどは、インターバンクから時々刻々と変動するレートだけを引っ張ってきて、それを基に自社内で売買注文を完結させてしまいます。そして顧客の損失が金融機関の利益に、顧客の利益が金融機関の損失になるような構造になっています。
さらに話をややこしくしているのが、為替相場に唯一絶対のレートは存在しないと言う事です。目まぐるしい通貨量の売買が常に行われているインターバンク市場ではレートも1秒未満のレベルで絶えず変動します。その中から「今のレート」を拾ってきても、通信環境その他の理由で「今のレート」は金融機関によって異なってきます。今が1ドル=115円00銭なのか、115円03銭なのか、それとも114円97銭なのか? 金融機関によってまちまちです。
顧客の利害と相反する立場にいる金融機関は、これを利用していかに顧客に損失を出させるか(=いかに自分たちが利益を出すか)を常に考えています。ドル円で買い注文が多く115円00銭を割ったら損切りするポジションが多い場合、インターバンクのレートが115円00銭までしか下がらなかったとしても、金融機関は自社内でレートを勝手に、例えば114円97銭まで一時的に下げます。インターバンク直結型の口座で取引していればこの条件では損切に遭いませんが、「この」金融機関で取引した人は、金融機関内の相場は114円97銭まで下がっているのですから、115円00銭を割ったとして損切りされてしまいます。
このような価格操作が国内のFX会社では日常茶飯事行われています。
それだけでなく、「決済しようとしたが出来なかった」と言う話もよく耳にします。利益決済されるとFX会社の損失になるから、通信速度を遅くするとか回線アクセス限度量を減らす等して、皆が決済しそうな時に決済しにくくするのです。
さらに、「FX担当の人はいかに追証を取るかばかり考えていた」と言う話も耳にします。追証(おいしょう)とは、相場が急変して指定の損切り価格で決済出来ず、口座残高がマイナスになった時、金融機関に支払う金の事です。国内FX会社では追証有りが一般的です。このため、口座残高がマイナスになった場合は金融機関に借金した事になり、その分の支払いを求められます。海外口座では相場急変時のリスクは金融機関が負うのが当たり前で、追証無しが当たり前、口座残高がマイナスになってもゼロにリセットされ、その分の損失は金融機関が負います。

この追証に対する考え方の違いが、国内口座より海外口座を勧める最大の理由です。最も、この違いを生む背景には、
国内FX口座:顧客の注文を銀行内で完結→顧客と業者の利害が相反する
海外FX口座:顧客の注文をインターバンクに流す→その手数料(スプレッドやスワップに反映されている)で業者は利益を得る→顧客が利益決済しやすい注文環境を整えた方が注文数が増え、業者も利益が増える→顧客の利害と業者の利害が一致する

と言う事情があるのですが。

それでも海外口座は怖いから国内口座でFXしたい、と言う人もいるでしょう。国内でも注文をディーリングルームで完結させずにインターバンクに流している業者なら問題無いわけです。どうやって業者を見分けるのか?

業者を見分ける1つの手がかりとして、2015年1月のFX業者の損益を調べる、と言うのがあります。2015年1月に大損失を出したFX業者は比較的信用できます
なぜそう言えるのか?
それには2015年1月15日に発生した「スイスフランショック」について説明する必要があります。
この時のユーロ/スイスフランの4時間足チャートを下に出します。
EURCHFスイスフランショック4時間足
4時間足の1本の足で、1ユーロ=1.2スイスフランから一気に0.87スイスフランまで値が暴落し、その後1.02スイスフランまで急騰した値動きになっています。
1.2スイスフランからわずか2~3時間の間に0.87スイスフランまで価格が急変したわけです。
(これがいかに大変な値動きか分からない人は、ドル円相場が1ドル=120円だったのが2~3時間後に1ドル=87円になった事を想像してもらえばよい)
ここで問題となったのは、それ以前に多くの投資家が持っていたポジションの方向でした。当時、EUの経済不安から、ユーロが売られ安全通貨とされるスイスフランが買われやすい環境がありました。これに対しスイス中央銀行が、スイスフランの高騰による経済への悪影響を避けるため、1ユーロ=1.2スイスフランを割らないよう(スイスフラン高とならないよう)大量にスイスフランを発行しスイスフランの価値を下げていました。このような事情から、多くの投資家が価格下限の安全圏とされていた1.2スイスフランでユーロ買い注文を入れ、それより少しユーロが値を下げたら損切りするよう注文を入れていました。また、ユーロが売られやすい経済情勢から大幅なユーロ高は望めず、通貨数量やレバレッジを大き目にユーロ買い(スイスフラン売り)注文を入れるのが一般的でした。
このような中で2015年1月15日、スイス中央銀行は突如としてスイスフラン安誘導政策をやめました。やめたのはスイスフランを発行し続ける事による悪影響が顕著に出てきたためなのですが、これによりユーロ売りが(スイスフラン買い)が加速。多くの投資家が持っていたユーロ買いポジションの損切り(買いポジションの損切りなのでユーロ売りになる)が一気に執行され、あっと言う間に値が1ユーロ=0.87スイスフランまで飛んだのです。

今、値が飛んだと書きました。上に示したチャートでは値が連続して変動したように描かれていますが、実際には一気に値が飛ぶような動きをしました。損切りラインを比較的浅く入れていた投資家は辛うじて難を逃れた(それでも相当値がすべって大きな損失を出し、口座残高がマイナスになった人も多い)のですが、損切りラインが深めだった人の災難はそんなものではありませんでした。最安値の0.87スイスフランに近い値で損切り決裁されてしまった人もいたのです! 一瞬にして口座の全財産を失い、膨大な借金が残りました。

さて、この後投資家や金融機関はどうなったでしょう?
 

スポンサーリンク

ここがポイントです。海外FX口座は追証無しが当たり前で相場急変による顧客の損失は金融機関が負担するのが通例です。そしてしっかりインターバンクにつないだからこそ、値が飛んだ動きそのままの価格で損切り決済する事となり、損失額も膨大となりました。
一方、ディーリングルームで相場を作っていた金融機関の場合、確かに値は滑りましたが、価格は飛ばず連続した値動きの中で損切り決裁が行われました。そのためインターバンクにつないだ金融機関と比較して損失額は大幅に小さくなりました。(一説によれば10分の1以下の損失幅)

スイスフランショックと言う未曽有のパニック相場環境の下、インターバンクとつないだFX業者と社内ディーリングルームで呑み行為をしていたFX業者との間で、損失幅が大幅に異なる結果となりました。
インターバンクにつないだFX業者の方が、文字通り桁違いの損失を出しました。
これが、タイトルに書いた「スイスフランショックで大損した会社は信用できる」の理由と意味です。
スイスフランショックで大損した会社は、インターバンクにつないでいて呑み行為をしていない、顧客と利害が相反しない業者である、と結論付ける理由です。

最後に、スイスフランショックのような時はどうにもなりませんが、通常の相場環境である限りFXで勝ち続けるのに便利なツールを1つ紹介します。

こちらにある「天底チャート MT4」は、レンジ逆張りに適した、相場の反転ポイントを教えてくれる便利なツールです。
シグナルに従ってエントリーと決済をするだけなので心理的に気楽です。是非、ご利用下さい。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。