FC2ブログ
2017/01/26

FX、大事なのはレバレッジより数量!

FXの紹介記事で必ず目にするのが「レバレッジ」。
レバレッジが高いほど、少ない資金で多くのお金を動かす事ができます。
レバレッジが無い場合、1ドル=100円で100万円でドルを買い、1ドル=101円になったら、1万円の利益です。1ドル=99円になった場合は、1万円の損失です。
ここでレバレッジが10倍だったらどうなるか?
上記の買い付け条件では、1ドル=101円になった時に10万円の利益が出ます(1ドル=99円になった場合は10万円の損失です)。
見方を変えて、1ドル=101円になった時利益が1万円となるようにするには、1ドル=100円時に買うドルは10万円あればよいのです。
もしレバレッジが100倍(※)なら、1万円でドルを買えば1円の値動きで1万円の損益が出る事になります。

※国内のFX口座ではレバレッジは25倍までですが、海外口座を使えばレバレッジ500倍なんてのもあります。為替相場に対する金融機関の姿勢から、本格的にFXで生計を立てるなら海外口座を使うのがベターです。

一方、FX取引では「通貨数量」も重要です。FXのサイトで目にする「1万通貨」「10万通貨」がそれです。
ドル円、クロス円(ユーロ円、ポンド円、豪ドル円等)では、レートが1円動いた時に生じる損益額を指します。例えば1万通貨の取引でドル円を買った場合、1ドル=100円が101円になれば1万円の利益が生じ、反対に99円になった場合は1万円の損失が発生します。

FXでエントリーする時、必ず考えないといけないのが、エントリー時の思惑と反対方向に相場が動いた時の損失管理です。値がいくら動いたらいくら損失が発生するか? どこまで耐えられるか? 必ず考えないといけません。
そして、今の相場環境ではどの程度の値動きが生じるかを予測し、値動きで生じる損失額からエントリーする通貨数量を逆算して決めないといけません。だからこそ、エントリー時の通貨数量が非常に大事なのです。

ちなみに目安として、口座残高20万円につき1万通貨でのエントリー、と言うのがあります。この場合、レバレッジの設定を国内口座最高の25倍にした場合、必要証拠金は4万円で、思惑と反対方向に5円動いたら全損失による強制決済です。実際のトレードでは思惑と反対方向に5円も値が動く前に損切りするのが常識ですから、この水準でトレードする限り、全損失する事はまずないでしょう。

レバレッジが低すぎると思うようなエントリーが出来ない場合も出てきますが、ある程度のレバレッジをかけておけば、後はレバレッジよりも通貨数量でトレードを考えた方が資金管理の面からもお勧めです。
 

スポンサーリンク

FXトレードで便利なのが、エントリーや決済のタイミングを教えてくれるツールの存在です。

こちらにある「天底チャート MT4」は、レンジ逆張りに適した、相場の反転ポイントを教えてくれる便利なツールです。
シグナルに従ってエントリーと決済をするだけなので心理的に気楽です。是非、ご利用下さい。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ