FC2ブログ
2017/01/25

FXと株、どちらがいいか比較してみた

ネットビジネス関連で売られている様々な商材。その中でもFXや株と言った金融商品関係は、原理的にいんちきが出来ない事から、「ホンモノ」として支持されています。
が、実際に投資業を始めてみると、特にFXの場合、ネットビジネス目線とは真逆の目線を多くの投資家が持っているような印象を受けています。「FXより株・債券」と言った具合で。

実際のところ、FXと株はどちらがいいのか?
私自身、2017年1月25日時点で株は未経験ですが、FXは1年近く実施しています。その上で様々な情報を読んでいると、見事と言っていいくらい、書いてある内容がしっくり来ません。
そこで私なりに感じている事をまとめてみました。

Q1:金額が多く動くのは? 値幅(騰落率)は為替より株の方が大きいと言うけど……
A1:
確かに値幅(騰落率)は為替より株の方が大きいです。しかしFXではレバレッジがかかっている事を忘れないで下さい。株は相場の動いた額でしか自分の損益が変動しません。しかしFXはレバレッジがかかっているため、相場の変動幅以上に自分の損益が変動します。ドル円のレートが1円動いたら口座のお金全損失、と言う事も起こり得ます。株ではこのような事はまず起こり得ません。

Q2:株は会社が倒産したらただの紙切れでしょ?
A2:
確かにそのリスクはあります。しかしそれが、株で起こり得る最大損失です。そして株価には、株券がただの紙切れになった場合の「ゼロ円」と言う絶対的な下限があります。
一方為替は、異なる2通貨のレート、比率です。比率なので上限も下限もありません。理論上は1ドル=100円も1ドル=10円も、反対に1ドル=1000円も起こり得ます。それでも1ドル=100円でドルを買って1ドル=1円になっても99円失うが1円残る……。
なんて思ったら大間違いです。それはあくまでレバレッジのない外貨預金の場合です。FXはレバレッジがありますし、レバレッジがあるからこそのFXです。レバレッジが2倍だったとしても、1ドル=100円でドルを買って1ドル=50円になったら、50×2=100円で全損失です。

Q3:チャート見てる時の精神状態が……
A3:
まさにそこです。トレードは人間が行うものですから、トレード時の心理は極めて重要です。FXと株でどちらが優れているか、と言う質問で、「両方やってみて、精神的に落ち着ける方を選ぶべき」が唯一にして最高の正解です。ただし投資に回せる資金が限られている場合は、実質的にFXしか選択肢がありませんが……。
精神的安定を求めるなら、FXより株でしょう。レバレッジが無い分、投資した以上の損失は出しようがありませんし、株券が紙切れになった時の「株価ゼロ」が絶対的な下限でこれ以上下がりようが無いと言う安心感は大きいです。
チャートをテクニカル的に見る時の目線も、下限があるのとないのでは全く変わってきます。私は昨年末よりリートにも投資していますが、為替チャートとリートの基準価格チャートで目線がまるで変わってくる事はすぐ分かりました。

Q4:ネット上の情報はファンダメンタルな話ばかり。でもFXやってるとあまりファンダメンタル要因は重要でないように思える
A4:
為替は特にそうですね。投資のプロ、銀行員でさえ、「為替はまるで分からない」と言います。ネット上の情報に為替の変動要因としてファンダメンタル要素が挙がっていますが、それが実際の相場に影響する時としない時がある、と言うのがこの1年間FXトレードをしてきて感じた事です。ドル円で言えば、毎月第一金曜日のNY時間早朝に発表される米国雇用統計や、ブレグジット、米国大統領選と言った極めて強い要因がある場合は、テクニカルを無視した値動きが出る事もありますが、大抵の場合はテクニカル的に入った方が安全です。そもそもファンダメンタル要因は全てテクニカルに織り込まれています(これはFXに限らず、株や債券、リートでも言える事です)。

Q5:だったら株もテクニカル的に見た方がいいのかな? ファンダメンタル要因になりそうなものを一個一個追う事など出来ないよ!
A5:株に関しては、実際に株式トレードしている人の言ってる事を参考にして下さい。
ただし、ファンダメンタル要因がテクニカルに織り込まれている事は間違いなくその通りと言えます。株の場合もテクニカルを無視した値動きが発生する要因は当然存在しますから、何がテクニカルを無視しそうな要因かを調べるのがよいでしょう。
それを除けばあとはテクニカル目線で攻めても問題ないと思います。が、実際に株式で利益を出している人がファンダメンタル、テクニカルのどちらを重視しているかを調べて下さいね。

Q6:手数料の面でFXは株より有利?
A6:
はっきり言って利用する口座次第です。確かに私が利用しているFX口座はエントリー時に手数料はかかりません。しかしスワップポイントにそれが織り込まれています。つまり、為替市場で高金利通貨を買って低金利通貨を売った場合、通常はスワップ金利がプラスなのでポジションを持ち続けるだけである程度利益が出ます(ただし相場変動による損益に比べたら微々たるものなのでスワップ目的のFXは絶対にダメです!)が、私の利用している口座では、ドル円、ユーロドル、ユーロ円と言った主要通貨同士のトレードでは、売買両方向がマイナススワップです。手数料を取らない代わりにスワップで心理的にポジションを長期間持ち続けにくくし、損失決済を煽る事で業者が利益を得ていると言えます。豪ドルやNZドルを買って円、ドル、ユーロを売った場合はさすがにスワップがプラスですが……。
 

スポンサーリンク

結局、FXと株、それぞれ一長一短あるので、一概にどちらがいいとは言えません。
資金の制約が厳しいならFX、下値を意識した精神的安定を求めるなら株でしょう。

FXに関してはこれまでも様々な商材を紹介してきましたが、株の方はまだしていませんでした。



こちらは週足ベースで土日の間に銘柄を決めてエントリー、決済するタイミングを知るプログラムです。プログラムを購入すると、週足ベースでトレードする方法、安値圏から反転上昇する銘柄の見付け方、見付けるためのツールを受け取る事ができます。
これを使うと、かなり高い確率で利益につなげる事が出来ます。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ