FC2ブログ
2016/07/08

FXで目標金額を決めてトレードをしてもよいか

FXで気になるのが決済のタイミング。これを逃して痛い目に遭う事が少なくありません。
「まだいける」と思ったポジションが急反転して利益どころか損失になってしまう場合も少なくありません。

そこで次のように考えてみました。

自分のように元会社員のトレーダーの場合、会社員時代の給料と比較し、それを上回る利益なら「まだいける」と思わずに決済してしまうのです。
1日当たり、或は1ヶ月当たりの利益の目標を決める事は果たして正しいでしょうか?

その前に取り合えず、会社員時代の給料と比較した計算方法を紹介します。この計算方法は、FX以外にも応用が効くので覚えておいて損はありません。

①まず、直近の年収(税引前、賞与も全て含める)を12で割ります。
 実際の月給より大きな金額になりますが、賞与を按分しているのでこれでいいのです。
②これをさらに20で割ります。20と言うのは土日を除く1ヶ月当たりの日数です。
 FX市場は土日は休みなので土日分は除かないといけません。

1日のトレードでこの金額以上の利益をコンスタントに出せるならば、年収は会社員時代よりアップです。

問題は、ここで出た金額です。
仮に会社員時代の年収が600万円だったとして、
600÷12÷20=2.5(万円)
つまり1日平均25,000円利益を上げられれれば今までの収入は確保できるわけです。

ドル円だけだと厳しいかもしれませんが、ダウなど変動の大きい品目を扱えるFX商品を用いればそれほど難しい金額ではありません。(ちなみに筆者は年収600万円なかったので目標金額はさらに低くなっています。)

注意点として、
手持ち金が少ない、相場の動きが小さい等の理由で、上記で計算した金額に届かない場合、少しずつ利益を積み重ね、全体で目標に届くようにします。

以上がFXトレードにおける目標金額の定め方でしたが、果たしてこのような金額を決めたトレードをして問題ないでしょうか?
 

スポンサーリンク

7年以上稼ぎ続け、月単位での負けがないと言うFXトレーダーの方が、この質問に対して出した答えは……?

「目標金額を定めてはいけない」
 
あらら。
ではなぜ目標金額を定めてはいけないのでしょうか。

目標金額を定めたトレードをすると、どうしても無理やり理由を作ってエントリーしたり決済ポイントを見誤りがちです。
結果的に利益を伸ばせず損失になりがちです。

だから、トレードは目標金額を定めてはいけないのです。あくまでチャートの動きだけを見てエントリーや決済をしなければならないのです。
またエントリー数量も決まっていて、概ね口座残高の5%です。口座残高が20万円につき1万通貨(1円ないし100pipsの値動きで1万円の損益が発生)が目安です。

FXで利益を出すためにはチャート上に現れるシグナルを基に裁量でトレードする事をお勧めします(自動トレードは知らないうちにお金が減ってしまうリスクがあります)。
MT4を用いて相場の反転を狙ってエントリー、決済するシステム
「天底チャート MT4」は、エントリーと利確のシグナルだけを見ればよいので心理的に気楽ですので、是非、ご利用下さい。


しかし人は収入額を基に支出を決めて生活します。
目標収入額を定めてはいけないと言われても欲しい金額はあるものです。
この問題にはどのように対処すればよいでしょう。

目標金額を定めてはいけない、と言うのは、あくまでFXや投資に限った話です。
投資以外の、損失リスクの無いビジネスに対しては目標金額を定めて行っていいのです。

そうです! FX以外にもう1つ、収入の柱を作ればよいのです!

とは言え、既にFXと言う業を持っており、ましてFX自体が副業と言う方ならなおさら、
もう1つの収入の柱にかけられる時間は非常に限られたものになります。
限られた時間の中でレバレッジを効かせて効率的に収入を得るにはどうすればよいでしょう。

その斬新な手法については、以下のサイトで配信中の動画(無料)で紹介しています。
どんな手法か興味があれば、動画をご覧ください。

旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。