2017/01/18

一流から学んだり一流の真似をしても成功しない理由

会社で働いても時間を縛られ、決して高いとは言えない給料しかもらえない。
だったら自分で稼いで時間と収入を両立した方がいい。そう考える人は多くいます。
実際、ネット上でブログ検索すれば、川島和正氏や大谷正光氏など、会社員の何十倍も多く稼ぎ、しかも自由な時間も満喫している著名、一流の人はいくらでもいます。そこを目指してネットビジネス始める人も多くいます。

最終的に一流の人を目指す、目標とするのは構いません。ですが、ここに大きな落とし穴があります。
それは、いきなり一流の人を目標としたり一流の真似をしようとしたり一流から学ぼうとしてしまう事です。
実は、初心者は一流を真似したり一流の人を当面の目標としてはいけないのです。
世の中には一流になるには一流から学ばないといけないと書いた本や記事が山ほどあり、多くの人は一流になるためには一流から学ぶ必要があると考えます。
これ、真っ赤な嘘です。
より厳密な事を言えば、一流から学んで一流になれるのは、既に一流に近い下地の出来ている二流の人だけです。二流以下の初心者は基礎となる知識や考え方、マインドセットが違いすぎるので一流の真似をしてもしたつもりになっているだけで実は全く真似出来ていないのです。

一体どういう事なのか? 次のようなエピソードがあります。

これは、ネットビジネスを始めて半年くらい立った時に私がある人から言われた事です。
「仕事は来るのか」
最初、何の話かさっぱり意味が解りませんでした。しかしすぐに意味が解りました。
ネットビジネスと言えば1日数分とか1時間のような短時間の作業でレバレッジを大きく効かせて会社員並かそれ以上の収入を得るビジネスモデルです。実質的な不労所得か不労所得に準ずる形の収入、仕組みからの権利収入を得るのがネットビジネスです。仕組みを作る作業はありますが収入になるような仕事を人からもらう事はありません。
(転売やラインコンサルだって自動化されているような世界です)
これに対しこの人は、ネットビジネスに対するこのような基礎知識が全くなく、単にインターネットでやり取りするだけで人から仕事をもらって労働対価として収入を得るビジネスモデル(クラウドワークス型のビジネスですね)がネットビジネスだと思い込んでいたのです。

この例を見てもらえれば分かるように、レベルが異なる人と言うのは思考回路が根本から異なっているのです。
ですから、なるべくレベルが近い人を目標としてステップアップ、段階的に上のステージを目指していった方が最終的に一流になれる可能性が高いのです。

1、初心者は、まずは三流を目標として三流を目指しましょう。
2、次に三流になったら、二流を目標として二流を目指しましょう。
3、二流になったら、ここで初めて一流を目標としましょう。ここまで来れば一流を目標として一流の真似をすれば一流になれます。

 

スポンサーリンク

しかし一流に近付くのを早める方法はあります。それは、自分より少し実力が上の人、もう一段実力が上の人、さらに一段上の人……、が一堂に集う場所を利用する事です。各レベルの人の考え方や行動を連続的に把握できるので上位の考え方を身に着けるのに大変参考になります。

このような場所は、ネットMLMと呼ばれる仕組みを活用しているところで参加者同士のLINEグループとして多く見られます。ネットMLMについては誤解も多いので注意が必要ですが、インターネットを使ってネットワークビジネス(MLM)の仕組みを展開、拡大させるビジネス手法の一種です。
ネットMLMの特徴は、
・人集めについては実質的にアフィリエイトと同一である事、
・人が集まってからはMLMの特長が生かせる事
です。このため、長期的に権利収入・不労所得を得る仕組みを求めている人に注目されています。

勿論、実際に各レベルの人が一堂に集まっているネットMLMのグループを利用しなければ一流に近付くのを早めると言う今回の目標は達成する事が出来ません。

この視点から見た、私がお勧めのネットMLMグループは、「旅するカフカ」で知られているカフカ氏のMLMグループです。このグループはお金の稼ぎ方やマーケティング手法、様々な分野の一流が集まっており、それを求めて各レベルの参加者が加わって現在のグループを形成しているため、各分野の長所をそれ以外の部分については読者である今の貴方と大きく違わない(つまり真似しやすい)人から学べるため、スキルアップしやすく成果を出しやすいです。

「旅するカフカ」が具体的にどのようなビジネスを行っているかは、下記のレターからメルマガ登録すると、メルマガで配信される4本の動画の中で詳しく説明しています。
(残念ながら、メルマガで配信される動画を見ない限り詳細を知る事も出来ませんし彼らについて書かれた評価記事を正しく理解・判断する事も出来ません)

メルマガを見て参加されたいと思った方は、メルマガの最後に参加方法の説明がありますので、その説明に従って下さい。
メルマガを見たからこのビジネスに参加しないといけない義務は有りません。また、メルマガ購読者からアクションを起こさない限り、カフカ氏から連絡が届く事はありませんのでご安心下さい。

旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人