FC2ブログ
2018/10/19

プロ野球のクライマックスシリーズを批判してはならない

世間では、
プロ野球のクライマックスシリーズについては、批判的な意見が多いです。

半年間に及ぶ、143試合のペナントレースよりも、
クライマックスシリーズの期間の数試合だけで、

日本一の球団
(正確には、日本シリーズに進出する球団)
を決めてしまう事に対する批判です。

しかし、もしあなたが、ネットビジネスや起業で成功したいなら、
クライマックスシリーズのシステムを批判しない方がよいのです。

広島ファンレフト席2


<成功者は、集中して短期決戦で成果を出す>


なぜ、ビジネスや起業で成功したい人が、
クライマックスシリーズを批判しない方がよいのか。

それは、クライマックスシリーズの思想が、
成功者が成功するツボを押さえたシステムになっているからです。

世の中のほとんどの人は、
まじめに、コツコツと、
努力することが正しいと、子供の頃から教え込まれています。

そのような価値観でプロ野球を見るため、
ペナントレースで半年間かけて、
コツコツと勝利を積み上げて優勝したチームが、
日本シリーズに進出するのが正しいと考えがちです。

しかし、一流の成功者は、
いつも気を張って、平均的にコツコツ努力なんかしません。

ほとんどの時間は、自分の好きなことをして、自由に過ごします。

その一方で、
ここぞと言う場面、仕掛け時に、
ものすごい集中力で、短期決戦で荒稼ぎします。

これが、ちょうど、プロ野球のクライマックスシリーズの
根底に流れている思想です。

コツコツまじめ型よりも、
ふだんは肩の力を抜き、
短期決戦、ここぞと言う場面で成果を出したチームを評価する。

これが、クライマックスシリーズです。
 

スポンサーリンク

<成功者になりたければ、成功者の考え方を批判してはならない>


つまり、
平凡な人は、まじめ、コツコツ努力を評価すべきと思っているのに対し、

成功者は、
ふだんは自由で、
ここぞの場面で短期決戦で集中して、そこで成果を出す人を評価するのです。

クライマックスシリーズを批判する人は、
この、成功者の考え方を批判した事になるのです。

人間だれしも、自分が批判の対象になりたいとは思いません。
ですから、
成功者になりたければ、

成功者の考え方や、
成功者の考え方を色濃く反映した、
プロ野球のクライマックスシリーズを批判してはならないのです。


今、イチオシのビジネス
旅するカフカバナー
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ