FC2ブログ
2018/10/04

開業医の長男に生まれ、医者になれなかった君へ

確か、君に初めて会ったのは、高校の時かな。

入学当初から、頭のいい人ってことがすぐ分かって、
この進学校の中でも頭のいい人か、
と、僕は、ため息をついたな。

正直言って、高校時代の君は、あまり感じのいい人ではなかった。

頭はいい、勉強はできる。
でも、はっきり言って、それだけだった。

開業医

君が医者の息子だと知った時、僕は、
正直、こんな人に将来医者になってほしくないと思っていた。

学校祭でも、球技大会でも、君は、クラスメイトに全く協力しなかったし、
勉強さえすれば、他の学校行事なんて、自分には関係ない。
そんな態度だった。

そんな人に、人の気持ちの分からない人に、医者になんかなってほしくない。
あの頃は、そう思ってた。

そう言えば、学校祭で思い出した。
今思えばの話だけど、君の方が、やはり、賢かったね。
だって、
学校祭とか球技大会のような学校の行事って、いっけん、楽しい事のようだけど、

実は、労働者を育てる、労働者に必要な協調性を育てるためのプログラムなんだ。

君のお父さんは、開業医、つまり、自営、個人事業主だね。
子供の頃から自営のお父さんの生き方を見てきた君には、
労働者の生き方が耐えられなかった。
労働者を育てるためのプログラムも、受け入れられなかった。

そうだよね?

そんな君が、一浪して、神戸まで医学部の受験に行って、
結局、不合格で、君が医者になるのを断念したと聞いた時、

僕は、最初は胸をなでおろしたよ。
あんな人が医者にならなくて、本当によかったと。

受験不合格

だけど、後から考え直した。
君が、これからどんな人生を送るのか。

君は、開業医の長男と言うことで、
医者になるようなプレッシャーを、絶えず家庭内で受けていた。

その目的だけのために、学校で嫌われ役になろうが、
頭のよさだけを見せて、他のことは何もしないで、突き進んだ。

医者になる夢を断たれた、そんな君に、これから行くところがあるのだろうかと。
 

スポンサーリンク

 
まちがっても、君は、サラリーマンにはなれない。
いや、パートやアルバイトだって、できない。

だって、子供の頃から染み付いた、個人事業主の思考、
労働者にはなれない思考が、骨の髄まで染み付いているから。

ワールドベンチャーズ5

でも、君が幸せになれる方法が、1つだけある。

僕も……、うん、君はとっくに分かっていただろうけど、
会社員には向いていない人間。

会社員を12年間やってきたけど、だんだん息苦しくなってきて、
どうにも耐えられず、ついには辞めちゃった人さ。
今は、個人でネット起業してる。

ネット起業して、ある程度実績が出てから、
ネットビジネスしてる人同士の集まりに参加したんだけど、

君のような過去を持つ人もいたし、
学校には全く馴染めず、大学を中退や休学した人もいたし、
自分のような人は決して1人じゃない、世の中にいっぱいいると、気付かされたんだ。

もう気付いたかな。
君も、そのような人が集まっているところに来ればいいのさ。
そうすれば、君は幸せになれる。

今までの人生で失ったものを、すべて、取り戻せる。


え、怪しいって?
僕が、何かの宗教に引っかかってるんじゃないかって?

疑う気持ちは分かるよ。
僕だって、最初は半信半疑だったんだから。

でも、それは思い込みだって、すぐ分かった。
ほら、人って、新しいもの、自分にとって未知の領域となるものに対して、
不安に感じたり、怪しいと思ったりするものだって言うじゃない。

今、君が抱いている感情が、まさにそれ。

僕は、今やってるビジネスがあったから、息苦しい、
君が見ても、合わないとはっきり分かる、会社員生活から抜け出すことができたんだ。

君だって、どうせ帰る場所もないんだし、
このままやりたくない事をやって食いつないで、
屈辱感にまみれてこのまま生きていくくらいなら、

いっそ、残りの人生を、僕がやってるビジネスに賭けてみようと思わないかな?

最終的な判断は、君に任せるけど、
僕は、君はこのビジネスに挑戦した方がいいと思う。

いや、挑戦するべき。

君は、似たような仲間のいるところに行った方がいい。
それが、君がこれからの人生を幸せに生きられる唯一の方法だと、
僕は確信を持って断言するよ。


君は、少しでも早く、
そのスマホで下のバナーをタップして、
レターと動画を見た方がいい。

それじゃ。健闘を祈るよ。
君の今後の人生を幸せに過ごせる事を願って。

次は、このビジネスの仲間として会おうな。
それじゃ。

旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ