FC2ブログ
2018/08/28

仮想通貨・投資詐欺3つのパターンを、大谷正光氏が警告!

かつては香港系やその他海外系投資ファンド、
最近では、仮想通貨関係の、

「儲かる」話が、あちこちにありますが、その大半が、詐欺、
つまり、実際には儲かるどころか、損をする案件です。

投資家として、株式運用などで大きな利益をあげ、
かつては海外ファンドの投資詐欺に引っかかった経験もある、

大谷正光さんと言う方によれば、
「投資詐欺には、大きく3つのパターンがある」
そうです。

これから、投資詐欺の3つのパターンを説明していきます。
なお、大谷さんは、この3つのパターンに関しては、
「騙されないよう、強く警告します」

と強い口調で語ってますので、これから紹介する3つのパターンが出てきた時は、
本当に注意してください。

大谷正光さんとの2ショット2
向かって左が私、右が大谷さんです(2018年6月1日、名古屋某所にて撮影)


<パターン1:投資案件のネットワークビジネス>


投資詐欺によるパターンの特徴が、
ネットワークビジネス(MLM)の仕組みを使って、紹介したら報酬が入りますよ
と謳っているものです。

ネットワークビジネス(MLM)自体は、決して悪いものではなく、
商品やサービスの実体があるネットワークビジネス
例えば、このビジネス)を、

人間関係や、信頼、ビジネスマナーの基本にもとづいて広める、
正しいネットワークビジネスであれば、何も問題ありません。

しかしながら、ビットコインや、仮想通貨ICOと言う、実体のないものを扱い、
(注:商品やサービスの実体がないネットワークビジネスは、ねずみ講と言って、違法)

紹介すれば報酬を払いますよ、と言う、
詐欺タイプのネットワークビジネスが、まん延しています。

そもそもの話、ビットコイン、仮想通貨自体は、ただの通貨で、
それがビジネスとしての価値を生むわけではありません。

価値を生まない、ビジネスとしての実体がないが、

これに参加すれば儲かる「らしい」よ、
仮想通貨で8桁稼いでいる女性がいるけど、会ってみない?

こういう誘い方をしてきた例があるようです。

この8桁と言うのがくせ者で、
1千万円なのか、5千万円なのか分からないし、
年間1千万円なのか、数年間の累計で1千万円なのかも分からない。

このような誘いを受けた時、騙されない方法は、
証拠を見せてもらう、話の実態を、自分で確認することです。

「分かりました。それでは、証拠を見せて下さい」

それ以上に、覚えておきたい話として、
ビットコイン、仮想通貨で、実際に儲けることができるのは、
トレードだけ
、と言う事実です。

ビットコインや仮想通貨のネットワークビジネスと言うのは、
何の価値も利益も生み出さない、
それらをネタにした、架空のビジネスです。


<パターン2:あなたのお金が、あなたの手を離れる投資案件>


投資詐欺2つ目のパターンは、
あなたのお金が、あなたの手を離れる案件
です。

どういうことかと言うと、
例えばネットを使ったFXや株の売買では、
自分の意思で、自分の好きなタイミングで、
自由にエントリー、決済ができます。

これは、あなたのお金が、あなたの手元にある状態です。

そうではなくて、
・資産運用は投資のプロにお任せ!
・元本保証で、年利2倍に必ずなります!
のような謳い文句に乗せられて、

自分以外の第三者にお金を預けて、運用してもらうパターン、
これが、あなたのお金が、あなたの手を離れるパターンです。

例えば野村證券のような、よほど社会的に認知された、大手証券会社に
資産を預けて運用してもらうのでない限り、

自分以外の第三者にお金を預けた時点で、
半分以上持っていかれる、と言う覚悟、取られても自己責任、と言う感覚でいた方がいいです。


と言うより、投資のセオリー、基本は、
自分でコントロールできるところで運用する、
いつでも自由に契約、解約できるところで運用する
、です。


<パターン3:新種のコイン、仮想通貨>


投資詐欺3つ目のパターンは、
新種のコイン、仮想通貨を扱っているものです。

かつて1円だったビットコインが、100万円以上に値上がりした、
これと同じことが、この仮想通貨でも起こりますよ、と言う話です。

仮想通貨ICOでよくあるパターンですね。

これもおかしな話で、
ビットコインがなぜ値上がりしたのかと言うと、
世界通貨として実際に使える、
日本でも、海外でも、リアルな支払いでビットコインが使える、

通貨、世界マネーとしての価値が認められたから、値上がりしたのです。

他にも世界的信用を得そうな仮想通貨がありますが、
これは見方を変えれば、

ビットコインが世界の仮想通貨のスタンダードになった今、
新規の仮想通貨が登場しても、
それがビットコインを押しのけて世界のスタンダードになる可能性はきわめて低い

と言う話でもあります。

ですから、仮想通貨ICOで「今始めれば1万倍になる」
と言われても、

お金をつぎ込んだ分だけ損失になって終わり、
儲かったのは、仮想通貨ICOを出した胴元だけ

と言う結末になるのが、ほぼほぼです。
 

スポンサーリンク

<投資詐欺3つのパターン:まとめ>


1、仮想通貨・投資のネットワークビジネス
 (紹介すれば、報酬が入るよ)
2、あなたの手元をお金が離れる
 (○○に預ければ元本保証で必ずもうかります)
3、新種の仮想通貨ICO


これらの話が出てきた時は、詐欺の可能性が非常に高いので、
くれぐれもお気を付けください!




<なぜ、投資詐欺に騙される人が多いのか?>


それにしても思うのが、なぜ、投資詐欺に騙される人が多いのか、と言うこと。

これは、理由はきわめてかんたん、シンプルで、
日本人の金融リテラシーが低すぎるから。
この一言に尽きます。

と言うのも、海外では、義務教育で、金融や投資の基礎知識を教えますが、
日本の学校では、金融の教育をいっさいしておらず、
私たちは、資本主義、お金中心の社会にいながら、
肝心のお金について、一切学ばずにきているのです。

起業家、ビジネスオーナーでさえ、金融の知識がない場合が多く、
投資詐欺で騙されやすいのは、むしろ、ビジネスで成功した起業家なのです。

・ビジネスで成功して手に入れたお金を一瞬で失わないためにも
・年金だけでは足りない老後の資金を増やそうとして、逆にカモられないためにも


金融、投資、お金について、しっかりと学ぶ必要があるのです。

金融カルテル解体トレーニング

このプログラムで、金融社会の本質を学ぶことができます。
なお、あまりに本質を突きすぎているため、
いつ販売停止に追い込まれるか分からない商品です。

購入は、どうぞ、お早めに。
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ