2016/11/05

FXはメンタルで勝てないトレードはするな

このところ感じている事があります。
それは、
「FXはメンタル勝負」
と言う事です。
どういう事でしょう。

実は最近、スワップポイントが大きなマイナスと言う理由でタブー視していた、EUR/NZDの買いポジションを取る事がありました。
勝敗は、1勝4敗と散々。
しかも4敗の内2敗はもう少し待っていれば利益決済できたものでした。
なぜこのような事になったのでしょう。
当然ながら、テクニカル的にEURが上げると読んで仕掛け、5回中3回は実際に上げたのに、利益決済出来たのは1回のみ。

その理由は、理屈とは違うところにあったのです。まさにメンタル。
EUR/NZDペアは、売りで入ればプラスのスワップポイントが付きます(FX会社によるが、Big Bossではそう。金利差を考えても大抵の場合はプラスと思われる)。その半面、買いで入ると大きなマイナススワップです。
つまり、売りのポジションはよほど強い上昇トレンドが発生して含み損が大きくなりすぎない限りは何日でも持ち越せるのですが、買いのポジションはデイトレが基本、持ち越してもせいぜい1~2日です。
それでも(Big Bossの場合)スワップポイントが付くのは日本時間午前6時をまたいだ時、と言う仕様があるので、午前中仕掛けたポジションなら夕方でも夜でも決済出来ればいいような気がします。

が、メンタルがそれを許さなかったのです。
せいぜい1時間で決済できなければ、、まして反落の動きがあれば、それだけで「ダメだ!」となってしまい、損失決済してしまったのです。
まして最近はドル円でも大きめの損失決済が続いていたため、メンタル的に余計すり減っていた影響もあったかもしれません。

FXで利益を出すにはテクニカルだけではダメなのです。
メンタルで勝てない時、メンタルで勝てない通貨ペアでは勝負してはいけないのです。
そういう勝負をすると、普通なら勝てる相場でも負けてしまうのです。
メンタル的に取引に及び腰の場合は傍観者としてチャートを眺めるだけにした方がよいでしょう。
或はいっその事チャートを見ないようにした方がよいでしょう。
 

スポンサーリンク

FXでメンタルで勝てるトレードをするためにはチャート上に現れるシグナルを基に裁量でトレードする事をお勧めします(自動トレードは知らないうちにお金が減ってしまうリスクがあります)。

トレンドは継続、とはよく言われますが、必ずどこかで終わりがやってくるのもまた事実です。
トレンドの反転を正確に見極められると大きな利益を出しやすくなります。

MT4を用いてトレンドの反転を狙ってエントリー、決済するシステム
「天底チャート MT4」は、エントリーと利確のシグナルだけを見ればよいので心理的に気楽ですので、是非、ご利用下さい。


(元記事作成日:2016年9月16日)
(改訂(1):2017年9月20日)

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人