FC2ブログ
2018/07/11

ビジネスで失敗しないお金の使い方

ビジネスで成功しようと思ったら、お金について正しい知識を持つことは絶対に必要です。
その上で、正しいお金の使い方をして、初めてビジネスがうまくいきます。

お金を稼ごうとする人が、お金の勉強もしないのは、
海外旅行に行きたいのに英語の勉強をしないのと同じくらい、奇妙な話です。


<お金の本質とは>


まず、お金とは本質的にどういうものなのか、説明します。

過去記事、「 お金について真剣に考えてみた 」でもお金の話をしましたが、
今回は、さらに掘り下げます。

①、お金はエネルギーである

まず、お金はエネルギーである、と言うことです。
紙幣や硬貨は、いずれも、エネルギーであるお金を目に見える形で表したものにすぎません。

エネルギーですから、絶えず動かし続けるのが健全です。
川の流れがきれいでも、その川から水をくんで放置すると、水が腐ってくるように、

お金も、1ヶ所に貯めて動かさないままだと、不健全な存在へと変わっていきます。

たえずお金を回し続ける人のところに、お金は集まってきます。

②、お金はきれいなものでも汚いものでもない

日本人には、お金に対して汚いイメージを持つ人が多いですが、
お金自体は中立で、
きれいなものでも、汚いものでもありません。

むしろ、お金は交換ツールで、価値を提供した、対価として受け取るものです。

お金がきれい、お金が汚いと言うのは、
そういう言葉を発する人の心がきれいか、汚いか、を表しています。

即ち、心がきれいな人は「お金はきれい」と言い、
心が汚い人は「お金は汚い」と言っているのです。

③、幼少期のトラウマ、お金との思い出が、お金に対するイメージを決める

その人のお金に対するイメージは、大抵、幼少期に体験で決まってきます。

例えば、幼少時代に父親が仕事でほとんど家庭をかえりみず、
母親や祖母が、家庭内で父親の働き方に対する不満をもらしていた場合、
子供は、お金(や仕事)に対して、マイナスのイメージを持つことがあります。

ほとんどの場合、
その人のお金に対するイメージは、潜在意識レベルで決まってきます。

なかなかお金が稼げない人は、幼少期の体験が原因で、
無意識にお金を遠ざけているのです。



<お金持ちになる3つのルール>


①お金に対して罪悪感を持たない

当たり前の話ですが、お金に対して罪悪感があると、無意識のうちにお金を遠ざけてしまいます。
どうしてもお金持ちになれない、お金が稼げない人は、
潜在意識レベルにある、お金に対するイメージを書き換える必要があります。

潜在意識の書き換え方については、
潜在意識を書き換えてお金を圧倒的に引き寄せる法則とは! 」で説明していますので、
そちらをお読み下さい。

②自分の年収は、自分で決める

自分がパッと思い描く年収が、自分が快適に感じる年収です。
この年収は、潜在意識レベルに刷り込まれているため、達成するのはそれほど難しくありません。

一歩で、ばく然と「年収1000万円」を唱えても、
自分にとっての根拠がないと、達成するのは困難です。

③スキルに自己投資せよ!

稼ぎたいと言いながら、これをしない人が本当に多いですが、
本気で稼ぎたいなら、ビジネススキルに対して、数千円、数万円で済むレベルの投資は、
迷わず積極的にした方がいいです。

もちろん、本気で学びたい人は、数十万円レベルや、1件で100万円以上するコンサルにも、
積極的に投資しています。

お金はエネルギーで、お金を動かす人のところに集まる性質があるため、
自己投資できない人のところには集まらない(すなわち、稼げない)のです。


<行動できる自分になれる、魔法のワーク>


行動できない人が行動するには、
何か、めちゃくちゃ強い動機、理由が必要です。

そのための、魔法のワークを、簡単に紹介します。

それは、30分間、自分の動機を200個書くことです。
ポイントは、
パッと思い付いたことはすべて書くこと、
手を休めずに書き続けることです。



<学校では教えてくれない、お金の使い方>


学校では、詐欺に遭わないよう気を付けましょう、と言う教育はなされても、
お金の原理原則にもとづいた、支払の法則や、稼ぎ方の話は、一切教えてくれません。

例えば、返金保証のない話には注意しましょう、とは教わっても、
返金保証がついたスクールには、質の低い人が集まりやすいが、
返金保証のついてないスクールには、質の高い、稼ぎたい意欲の強い人が集まる、
と言った話は、一切教わりません。


・返金保証なし
・権利収入
・海外の案件
・みちょぱ

これらのキーワードは、学校や消費者庁は、詐欺に気を付けろキーワードとして教えますが、
実は、質の高い稼げる案件の集まっているキーワードでもあります。

これらキーワードに手を出して稼げないとか騙されたと言う人は、
そもそも稼げる思考回路をしていない可能性が高いです。

(参考:「 稼げるマインドと稼げないマインドの驚くべき違い 」)

ビジネスで成功するために大切なお金の使い方は、

・投資やメンターに、まずお金を使う先払いの原則
つまり、お金が出来たらコンサル教わります、ではなく、
お金を稼ぐために、まずコンサルを先に教わる
、この考え方が必要です。

また、段階の世代や、その両親の世代の考え方である、
大企業は安定とか、
同じ会社に定年まで勤めるとか、
そんな考え方をしていたら、10年後には生活できなくなります。

それが、今の日本の現状です。
ですから、スキルへの自己投資は、絶対に必要な時代です。
 

スポンサーリンク

<失敗しない自己投資、2つのポイント>


①メンターが合うか、直感で判断

自分に合わない人に教わっても、内容を信じられませんし、教わったとおりに行動することもできません。
そもそも、今までの自分と違う世界に足を踏み入れるのですから、
信用できる人から教わらなければなりません。

自分と相性の合うメンターかどうかは、深く考えずに直感で判断してください。
深く考えても、まず正しい答えは出てきません。

なお、あの人は有名だから、とか、お金持ちだから、という理由で弟子入りするのは、非常に危険です。

②費用対効果を考える

例えば、1年間で5倍に資金を増やせる、180万円の株式投資講座があったとして、
自分が株式投資に回せるお金が30万円しかなかったのであれば、

この講座を受けても、30万円が150万円になる(120万円増える)だけで、
1年経っても、60万円の赤字ですね。

しかも、株式市場環境の変化で、思うように稼げなくなるリスクも考えたら、
この講座は費用対効果が悪い講座と言えます。

しかし、株式投資に300万円回せる人であれば、1年後には1500万円(1200万円増える)わけですから、
環境変化のリスクを考えても、じゅうぶん、この180万円は投資する価値があると言えます。

このような費用対効果の考えは、常に頭に入れておく必要があります。


<収入を上げる3つのステージ>


・ステージ0:会社給料のみ、もしくは、ビジネス収入が月収10万円未満
・ステージ1:ビジネス月収10万円~30万円
・ステージ2:ビジネス月収50万円
・ステージ3:ビジネス月収100万円

ビジネスする時、だいたい、この3つのステージが、節目になってきます。

この中で、ステージ1を達成するのが、一番エネルギーが必要で、時間もかかります。
次に、ステージ1からステージ2を達成するのも、エネルギーと時間がかかります。

しかし、ステージ2を一旦達成してしまえば、そこからステージ3に行くのは、あっと言う間です。
ステージ3から、例えば月収300万円を達成するのは、さらに早いです。


<メンターにすべき魔法の質問>


最後に、あなたがビジネスで成功するための、魔法の質問を紹介します。

それは、毎月、メンターに対して、
「現状は△△です。月収○○○万円欲しいんですが、今月、私のやるべきことを、一緒に確認してください」

と聞くことです。
そして、メンターに教わったことは、必ず、その通りに実践してください。

何かうまくいかない事が起きた場合(例えば、言われた通りにやったら、Facebookのアカウントが凍結された、など)、
メンターにすぐ報告するのです。

メンターにフィードバックして、新しい指導をもらってください。

ビジネスなんて、「できる」と思えば、誰にでもできます。
「できない」と心のどこか、無意識レベルで思っているから、できないのです。

あなたの成功を邪魔している悪魔は、あなた自身だけです。


ビジネスで成功するには、
・潜在意識レベルの、お金に対するマインドブロックを外し、
・ビジネスやお金の本質、基礎知識を学ぶ
この2つとも達成する必要があります。

私も教わっている、大成信一朗さんと言う方は、これらビジネスの基本から、
あなたにあった稼ぎ方まで、オーダーメイドで教えてくれます。

以下のサイトに登録すれば、大成信一朗さんの教え子が、
実績と、稼ぐために注意した点を話して下さいます。

期間限定です、興味があれば、すぐ登録してください。
WEB対談配信LINE
ID検索は「@osbiz」
@マークをお忘れなく
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ