2018/06/24

ワールドベンチャーズの報酬がストップ!心配はまったく不要です!

2018年6月15日にeウォレットに入金された、ワールドベンチャーズの報酬が、
1週間以上たった、6月24日時点でも、
eウォレットからプリペイドカードへの移転が止まったままで、日本円で引き出せません。
 
しかし、これを理由にワールドベンチャーズが詐欺とか危険と騒ぐ必要は、まったくありません。
その理由を、これから説明します。


<アメリカ人サラリーマンは、働き方がアバウト>


eウォレット

小見出しに書いたとおり、アメリカ人のはたらき方は、結構アバウトです。

私がかつて勤めていた会社でも、アメリカとの直接やり取りがありましたが、
納品の1週間のずれはザラでしたし、
製造会社、運送会社、それぞれのアバウトさを重ねると、
注文した商品が、予定より1ヶ月遅れて届いた時もありました。

こういうアバウトさのある国なので、
ワールドベンチャーズの報酬移転が1週間や、場合によっては1ヶ月、ストップしたとしても、
何も驚くことはありません。

世界的にみれば、日本人のきまじめさや几帳面さの方が、
むしろ規格外です。

ネットビジネスで海外案件を扱うと、日本人と外国人の意識のちがいに困惑することもありますが、
それは、単に意識のちがいの問題であり、
それを理由に、詐欺とか危険のレッテル張りするのは、まちがっています。

(ただし、こういうアバウトさを受け入れられないのであれば、海外との取引はしない方が精神衛生上、無難です)

(2018年7月14日、追記)

6月15日発生の報酬の他、7月6日発生の報酬も、報酬移転が止まっていましたが、本日、
7月6日発生分は、プリペイドカードへの移転が完了しました。

単に移転が遅れていただけの話と言うのは、これではっきりしましたが、
後から発生した報酬を先に移転させるあたり、アバウトなアメリカ人ならではですね。


<中国での不正出金問題が影響か?>


WVカード表 WVカード裏

ワールドベンチャーズをめぐっては、2017年秋に、
中国国内で、不正な出金が発生し、
ワールドベンチャーズ側が一時的に支払いを止めるできごとがありました。

この問題が、今回のeウォレットからプリペイドカードへの送金の遅れの原因かと言うと、
既に送金が終わった人もおり、
今回の送金遅れの原因ではないようです。

もちろん、再び中国問題で送金がストップする可能性は、ゼロとは言い切れません。

現在、日本人がワールドベンチャーズに登録する場合、
香港の代行業者を通じての登録(登録地は香港)になるため、

中国で問題が起き、国レベルでワールドベンチャーズからの送金手続きが停止した場合、
影響を受けることが避けられません。

しかし、この問題が原因で、送金が永久に停止することは考えられませんし、
報酬自体は、ワールドベンチャーズのルールに従って、正常に発生していますので、
通常通り、ワールドベンチャーズの会員募集を続けて、特に問題はありません。


それでも、
そういうカントリーリスクのあるビジネスを実施したり、続けることに、
不安は出てくるかもしれません。

でも、このピンチは、逆に大きなチャンスになります。
理由とチャンスに変える方法を、説明します。
 

スポンサーリンク

<日本法人が設立されれば、日本人会員は香港から切り離される>


ワールドベンチャーズは、
法人のオープン国でしか登録できませんが、
 
オープン国の国民しか登録できない決まりはありません。
所定の手続きを踏めば、
オープン国の法人を通して、非オープン国の国民が登録することもできるのです。
(だからこそ、日本人が、香港を通して、会員になれるのです)

ある程度会員が増えた時点で、その国に現地法人を設立し、
晴れてワールドベンチャーズのオープン国になります。

オープン国になった時点で、当然ですが、登録国は自国になります。
日本法人が設立されれば、日本人会員は香港から切り離され、
その瞬間に、中国問題の影響を受けなくなります。

もし仮に、その時点で、中国問題が原因の未払い報酬があったとしても、
日本人会員には、未払い分がまとめて支払われるでしょう。

また、報酬の支払い元も、米国法人から日本法人に切り替わるかもしれません。

今回発生した、報酬の支払い遅れの原因が、
・アメリカ人ならではのアバウトさ
・中国リスク
のどちらだったとしても、
日本法人が設立されれば、全て解決するのです。



<ピンチの時ほど、質の高い会員が集まりやすい>


現在のワールドベンチャーズは、
日本法人設立に向けての最終準備段階に入っている一方で、
報酬支払の遅れなど、リスクも抱えています。

一見したところ、逆風が吹いているように思えますが、
ビジネスチャンスで考えるなら、
むしろ、今が、いちばんおいしい時期です。

なぜなら、このような状況下で参入する人は、
自分たちがワールドベンチャーズの日本上陸を手助けしよう、と言う、
強いギブ精神、高い意識の持ち主だからです。


一般的なアフィリエイトや物販などと異なり、
MLMは、意識の高い人がダウンについた時が、いちばん成長します。
(反対に、意識の低い人がダウンになっても、あなたのメリットはほとんど無しです)

ワールドベンチャーズの日本上陸による会員数増加と、
日本上陸により、現在、しばし発生している報酬に関する問題は全て解決する。

自分たちで目の前にある問題を解決してやろう、
俺たちがワールドベンチャーズのピンチを救い、日本上陸を手助けしようと言う、
気概のある人にとって、今のワールドベンチャーズは、最高のビジネス舞台です。

質の高い人に向いたビジネス環境だからこそ、
やりがいがあり、短期間での高収入も期待できるのです。


報酬未払いを理由に、新規募集を停止したり、退会する人も、昨年、けっこういましたが、
本当にもったいない。

やめるどころか、継続する、新規に始めるタイミングです。

目先の状況に一喜一憂せず、
日本法人設立に向けての大きな流れに乗って、
今こそ、ワールドベンチャーズを自分の利益に変えましょう!

旅するカフカ
このグループから参加すれば、
リアルな友人を一切勧誘しなくても、
ネットだけで、アフィリエイトの要領で、ワールドベンチャーズに参加できます。

これからのMLMは、ネットの時代です!
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。