2018/06/11

日本人の平均寿命を大胆に予測!今後、平均寿命は低下し、二極化が進む?

内閣府の予測では、日本人の平均寿命は、今後50年間のびつづけ、
女性の平均寿命は2050年には90歳を超える。
男性も80歳以上生きるのが当たり前になる…。

この予測に、私は真っ向から異議を唱えます。

日本人の平均寿命は、まだしばらくは伸びるでしょうが、その後、
低下します。
しかも、平均寿命で死ぬ人はそれほど多くなく、
40代や50代で死ぬ人と、90歳以上生きる人と、はっきり二極化します。


これが、私の予想です。なぜ、このようになると考えるかは、これから説明します。


<所得格差拡大、二極化が寿命にも影響を与える>

格差社会

現在の日本は、所得格差が拡大し、貧困層と富裕層の二極化が進んでいますが、
これが寿命にも影響を与える、と言うのが、私の考えです。

現在の所得格差は、そのまま情報格差につながっています。
富裕層には健康や医療にかんする新しく、正しい情報が常に入ります。
それを意識した行動や食生活により、健康を維持できます。

対照的に、貧困層は、食べられるものが限られますし、医療も不十分になりがちです。
つい先日も、蓄膿症で1週間後に再通院する必要があったのに、給料日前だったために断念した、
と言う話を聞きました。

このような細かい積み重ねが、健康格差を拡大させ、特に
体力が弱くなる40~50代以降の健康状態に、
大きな影響を与えます。

もし仮に、先ほどの例が、蓄膿症ではなくて、ガンだったら?
早期発見・治療すれば助かりますが、発見や治療が遅れたら、死に直結します。

貧困による健康や医療の問題は、若い世代ほど深刻です。
つまり、若い世代ほど、年齢が低い段階で、お金が足りない理由で健康を害し、早死にしやすいのです。

若い世代の死亡率が上昇すれば、平均寿命は一気に低下します。

これが、平均寿命が今後低下する理由ですが、
国の予測どおり平均寿命が伸びてくれないと、困ったことが起きてきます。


<社会設計・人生設計が成り立たなくなる>

平均寿命は、私たちの払う税金や、年金・医療保険などの社会保障から、
就職・結婚・定年などの人生設計まで、
切っても切り離せないほど密接に影響しています。

平均寿命や高齢化率のような人口統計は、現在だけでなく、将来の予測まで含めて、
政治・経済から日常生活まで、さまざまな場面での意思決定に利用されます。

現在の社会保障政策や定年延長などのルールは、単に高齢者が増えるだけでなく、
平均寿命が伸びていること、今後ものびる事を前提に決められています。

私の予測が正しければ
(と言うか、単に現在の延長線で将来を考えている国の予測より、
格差社会の現状を根拠にした私の予測の方が、はるかに信頼性があるのだが)


前提がくずれることで、年金や社会保障から、雇用、働き方に至るまで、
あらゆる場面で混乱が発生します。
(例えば、会社の現場では、現役の社員の急死が頻発し、残った社員にしわ寄せがくるなどのリスクが考えられます)

しかも極端な短命組と90歳以上生きる長命組とはっきり二極化すれば、
平均寿命そのものが意味のない数字になります。
寿命が二極化した社会では、平均寿命を根拠にした社会制度は破たんしてしまいます。

このような社会では、
国の社会保障や、
雇用されて対価として給料をもらうはたらき方など、
他人に依存することは、
極めておおきなリスクと言えます。
 
平均寿命が当てにならないこれからの寿命格差社会で、
あなたが満足で豊かにに生きる方法を、これから説明します。

 

スポンサーリンク

<必要なお金は自分で稼ぐ時代に>

国の予測と真っ向から食い違う、これからの寿命格差社会では、

収入を会社に依存したり、
保険を国に依存するといった、

自分以外の誰かにお金を依存する生き方を改め、
自分の必要なお金は自分で稼ぐ
という、
自分の身は自分で守る考え方が必要になってきます。

そのためには、富裕層だけが共有している、
医療・健康から経済・金融まで、ありとあらゆる「上質情報」に、
あなた自身が触れる必要があります。

「上質情報」を手にするためには、富裕層から認められるだけの
価値観・思考・行動様式をもつ必要があります。

(ここで、現在の収入は大して重要ではなく、意識や行動様式のほうを、富裕層は重視します)

世界のいわゆる上流と言われる富裕層たちが、
将来の経済や社会をどのようにとらえて行動しているか、
あなたがそれを真似するには、何から始めたらよいか。

世の中のあらゆるものが二極化する、
これからの寿命格差社会を生き抜くためにたいへん参考になりそうな動画を見付けましたので、
あなたの今後の人生に役立ててください。


ここから動画を入手

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人