2018/06/01

ブログ集客でセミナー参加者を増やす6つの方法

定期的に開催されるセミナーについては、
いちいちFacebookやTwitter、LINE、メルマガで拡散するよりも、
集客用のブログ記事を1つ書き、ブログからセミナーに誘導した方が、少しの労力で済みます。

これから、セミナーに効果的に人を誘導するブログ記事の書き方を説明します。

<1、記事のタイトルに、セミナー名や主催者の名前を入れる>

記事のタイトルには、セミナーの名前や主催者の名前を入れます。
しかも、なるべくタイトルの前半部分に入れます。

これは、YAHOO!やgoogle検索で、記事がヒットしやすくするためです。
あなたがブログ記事をSNSやメルマガで拡散しないのであれば、
検索でヒットさせるしか記事を読んでもらう方法がありません。

ですから、検索されやすいタイトルを付ける必要があります。タイトルは検索されやすさにまともに影響するので、
ここで手を抜いてはいけません。

タイトルのキーワードは、
関連キーワード取得ツール
キーワード検索数チェックツール
・google AdWords (個人のログイン画面が出てしまうため、リンクは差し控えさせていただきます)

で、ある程度検索ボリュームがあり、競合が少ない組み合わせで選びます。

また、文章的なタイトルが関連キーワードで提案された場合、検索ボリュームがあれば、それもOKです。

ただし、タイトルは自然な日本語になるようにつけて下さい。
不自然なタイトルを付けると、検索で優先順位が下がってしまいます。


<2、ポジティブな内容を書く>

当たり前のことですが、ブログの読者にセミナーに参加してもらいたいわけですから、
ポジティブな内容で書きます。
 
・参加するメリット
・参加しないデメリット

セミナーに参加すると、どんないい事があるか。
(例:1ヶ月で50万円稼げた、日常生活では出会えない仲間ができた、など)

参加しないデメリットと合わせて書くと、よりメリットが強調されます。
(例:AIに仕事が奪われる、突然病気になったら収入がゼロになる、など)

ただし、デメリットは書きすぎると、読者が暗い気持ちになり、セミナー参加の意欲が萎えてしまうので、
ほどほどにして下さい。


<3、バックエンドに触れない>

ここは、かなり重要なポイントです。
あなたが、セミナーに実際に参加して、バックエンドも買った場合、
うれしさのあまり、バックエンドまで、つい、まとめて勧めたくなる気持ちは分かります。

しかし、バックエンドの紹介をしてしまうと、
売り込みのためのセミナー、
と言う印象を、読者に与えてしまいます。

人は、売り込まれると思うと、警戒心を持ち、行動しなくなります。
ですから、バックエンドがあろうがなかろうが、
バックエンドについて書いたり、バックエンドがあるとほのめかすこともしないでください。


あくまで、セミナーの内容に絞って、参加のメリットを書くようにします。


<4、参加の特典や実績を伝える>

セミナー参加者に、通常10万円相当のアフィリエイトキットが無料配布される、
のような特典がある場合は、特典にも触れます。
また、セミナーに参加したことで、月収50万円稼げた、のような実績がある場合、
実績を証明できる画像の添付をしてもよいでしょう。

ただし、ここは強調しすぎると逆効果なので、さらりと書きます。

なお、セミナーの種類が医療・健康系の場合、客観的な根拠でない、個人体験の記載等に関して、
厳しい法規制があるため、書くのは控えて下さい。

また、ネットワークビジネス(MLM)の場合は、「実績」は、
すぐれた人ではなく、平均的な収入を伝えると法で決まっていますので、この点も注意してください。
 

スポンサーリンク

<5、セミナーに参加した感想、何が学べたか、を書く>

これが、いちばん重要です。

あなた自身の、セミナーに対する感想や、何を学んだか、セミナー前と比べてどう変わったか、を、
あなた自身のことばで書きます。

と言うのも、セミナーの客観的情報は、あなたの記事を読まなくても、主催者のサイトに直接アクセスすれば分かります。
読者があなたの記事に求めているのは、
あくまで、あなた以外の人には書けない情報
です。

記事を書く目的が、
ただのレビューでない、セミナーに参加してもらうことである以上、

ほかの誰でもない、あなたの記事からセミナーに参加しなければならない、
と読者が感じる記事になっている必要があります。

読者が、あなたの記事を読めば、これ以上、セミナーについて調べる必要がない、
二次検索されない記事にすることで、成約率が上がります。


<6、とにかく記事を書く、書き方を学ぶ>

最初から、うまい記事を書けた人はいません。

今、ブログを書けば何十万、何百万と言うお金が入っている人でも、
書いても書いても稼げなかった時期が必ずあります。

とにかく、実際に記事を書いてください。どんどん書いてください。
量をこなすことで、記事の質が次第に上がっていきます。

書いた記事は、他の人に見てもらうことで、
どこをどう改善するとよりよい記事になるか、
客観的に理解することができ、上達のスピードも早くなります。

あなたと同じように、ネット集客を学んでいる人どうしが集まる場所に参加すると、
さらに効果的に学ぶことができます。

すぐ下のリンクをクリックすると、ネットで稼ぎたい人向けの、人数限定の学習セミナーに参加できます。
興味があれば、参加してみて下さい。

ネットビジネスセミナーに参加します

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人