FC2ブログ
2018/05/25

近視でもメガネかけない子供が増加!原因は家庭の貧困?

小学校、中学校、高校の視力検査で視力低下を指摘されたにも関わらず、
眼科検診もしなければメガネも買わない、
見えにくいまま放置の子供が増えているそうです。

大阪府の調査では、眼科「要検診」のうち、6割以上が未受診との報告もあります。

<子供の視力低下の放置は、こんなにもよくない事だらけ!>

視力検査

未受診の原因で、一番多いのが、親の無関心です。
子供がどのくらい見えてないか、親など他人からは分かりません。
また、大人自体が、車の運転などを除けば、見えにくいまま生活している場合もあり、このようなケースでは、特に子供の視力への関心が薄れがちです。

しかし、子供が見えにくいまま過ごすことは、大人が思っている以上に、問題が多いのです。

視神経は、概ね6歳くらいまでで発達します。
この期間に見えにくい目で過ごすと、矯正しても視力の出ない目になりやすく、
その子が大人になってから、車の運転ができない、事前に危険を察知できないなど、大変不便な生活を強いられることになります。

学校生活を視力の低い状態で過ごすと、
周りの子供が見えているものが自分だけ見えないことで、友達の輪に入れず、仲間外れにされがちです。
また、視力が低いことで本人が感じる劣等感は、周囲が思っている以上に大きく、
どこか自信のない、引っ込み思案な性格になることもあります。

黒板の字が見えず、勉強をあきらめたり、
無理して黒板を見ることで、目や脳が疲れてしまい、集中力が続かない人になりがちです。



<親の経済的貧困や、仕事の影響でメガネを買えない子供たち>

眼鏡色々な形

視力低下にも関わらず眼科未受診の子供が、受診しない原因で、
最近増えているのが、
家庭の経済的貧困や、親の仕事で時間が取れない、という理由
です。

教室の一番前の席で、やっと黒板が見えるくらいの視力しかないのに、
お金がないのでメガネが買えない、
このような子供が増え、席がえで、どうしても、黒板が見えない席につかざるを得ない子供が出てしまう。
教育現場からは、こんな声も実際に出ています。


子供が近視で視力の低いまま学校生活を送るデメリットは、既に書いた通りですが、
経済的貧困が背景にある場合、さらに深刻な問題が起こってきます。

それは、貧困の連鎖、貧しい家庭の子供は貧しい生活しかできない、
それが世代を超えて引き継がれ、階級化してしまう問題
です。

親が貧困で子供のメガネが買えないと、子供は視力の低い、見えにくい状態で学校生活を送ります。
このため、勉強がはかどらず、学校の成績が伸びません。
また集中力の続かない人になり、高収入の仕事には就けないでしょう。

そのまた子供ですが、近視は遺伝するので、やはり近視になり、そのままでは見えにくい目になります。
しかし、貧困世帯で、メガネが買えず、見えにくい目のまま学校生活を送ります。
そして……。

この連鎖です。

この連鎖のやっかいなところは、社会の仕組みを変えても解決できないことです。
つまり、
親の経済力で行ける学校が決まってしまうと、貧困が固定化・階級化されてしまい、それは平等ではないので、
貧しい家庭の子供でもじゅうぶんな教育が受けられるよう、チャンスは与えられます。
(そのような努力はなされています)

ところが、近視で見えにくい目のまま過ごした子供は、
そのチャンスを生かすだけの学力と集中力が身に付かない
のです。
 

スポンサーリンク




<親の経済的自立が、抜本的な解決方法>

近視が原因の「貧困の連鎖」を断ち切るには、
親が十分な収入を持ち、なおかつ、子供といっしょに過ごす時間も同時に確保する以外に、抜本的な解決方法はありません。

近視の遺伝はどうしようもありませんし、近視になりやすい社会環境も自分1人では変えようがありません。
社会制度をととのえても、子供がそのチャンスを生かせないのでは意味がありません。
自分の意思で変えられるのは、親の経済力と時間的自由だけです。

現在、子供を持つ親が働いて得られる収入は低く、
普通に働くと言う考え方では、

・子供に必要な生活水準に見合うだけの収入
・子供といっしょに過ごす時間

の両立は、まず無理です。

しかし、両立を可能にする方法があります。
それが、ネットビジネスです。

ネットビジネスは、種類さえまちがわなければ、

・子供と一緒に過ごしながら、隙間時間だけの作業でOK!
・パソコンに向き合わなくても、スマホだけでできるビジネスもある
・ビジネスの種類によっては、これだけで正社員以上の収入を手にすることができる


まさに貧困の連鎖を断ち切るビジネスです。

実際に、あるビジネスを始めたことで、
・子供といっしょに過ごす時間が増え、自分のストレスも解消し、子供の性格も明るくなった
・今まで子供に不自由な思いをさせていたが、お金に余裕ができたことで、子供の好きなものを買ってあげられるようになった


このような声が出ています。

このネットビジネスを始めるなら、今すぐです。
と言うのも、
子供の成長は早く、メガネなど必要なものを買い与えるのが3ヶ月遅れたら、
それだけで、かなり大きな影響が出てしまいます。

子供のためにネットビジネスを始めるのは、早ければ早いほどよいのです。


<あるビジネスとは、このビジネス>

先ほどさらっと触れた、子供をもつ親に人気の「あるビジネス」は、
以下のリンクから動画を手にすると、その内容のすべてが動画で分かるしくみになっています。

子供には不便な思いをさせないですむよう、このビジネスを始めてみませんか?
動画は無料で入手できるので、興味があれば、さっそくチェックしてみてください。

ここから動画を入手

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。