2018/03/13

「旅するカフカ」は、特定商取引法の定める「連鎖販売取引」に該当しない!

前回の記事 の最後で紹介した、
「旅するカフカ」について、
どのような商法に該当するのか?

との質問を受けました。

ビジネスの仕組みを知ってる方からは
「MLMだから、連鎖販売取引だね?」と聞かれました。

実は、「旅するカフカ」は、
「特定商取引法の定める『連鎖販売取引』」には該当しません。

その理由を説明します。

<「旅するカフカ」のビジネスモデル>

説明に入る前に、「旅するカフカ」のビジネスモデルについて説明します。
「旅するカフカ」に参加すると、
WV社と言う、アメリカのベンチャー企業(格安旅行やスマート決済カードを取り扱っている)の会員になります。
会員を募集し、自分の紹介で誰かが会員になると紹介報酬が入ります。
会員同士はバイナリーの組織でつながり、4人以上の紹介を出すと、バイナリーの規模の大きさに応じた収入が入るようになります。

この部分だけ見ると、ビジネスモデルはMLMそのものです。
にも関わらず、特商法の定める連鎖販売取引に該当しないのはなぜでしょうか?

<特商法は海外取引には適用されない>

ここでポイントとなるのは、
会員はアメリカ法人との直接契約になる点です。
つまり、海外取引です。

特商法は、日本の国内法であり、海外法人との契約には適用されません。
だから、
「特定商取引法の定める『連鎖販売取引』」に該当しないのです。

(決して「連鎖販売取引」でない、とは言ってないので注意)

<勧誘には特商法の規制が適用されるが……>

より厳密に見ると、特商法が適用される部分もあります。
それは、海外法人であるWV社と契約する、具体的に言うと勧誘の段階です。

日本国内で日本国内在住者を対象に勧誘する場合は、
特商法の連鎖販売取引の規定に則った勧誘方法を使わなければなりません。
(国外在住者を対象にする場合は、特商法は適用されません)

最も、「旅するカフカ」も、その上位に位置する村井よしあき氏のADSも、
具体的に誰かを勧誘する事なしに、インターネット上の広告や記事で人を募集しているので、
「勧誘」の規定がそもそも適用されませんが。

しかし、本当に注意しないといけないのは、勧誘段階で特商法が適用されると言っても、
実質的に有名無実です。

国内法人との契約であれば、違法な勧誘をした場合、いつでも契約を取り消す事ができますが、
海外法人であるWV社の場合、
特商法違反を理由に契約を取り消す事は出来ないのです。
 

スポンサーリンク

<アメリカの法律は適用される>

これを聞くと、「旅するカフカ」の世界は、全くの無法地帯と思われるかもしれません。
しかし、決してそのような事はありません。
 
なぜなら、特商法など日本の国内法は適用されませんが、
WV社がアメリカの法人であり、
アメリカの法律は適用されるからです。

アメリカの法律に基づき、入会から14日以内であれば、
クーリングオフが実施できます。

日本の法律が適用されないだけで、
適用される法律自体は存在し、法に基づいた秩序があるので、その点は安心して下さい。

(反対に、アメリカの法律に抵触する勧誘を行った場合、最悪、賠償問題に発展する事も絶対に無いとは言えないので、注意して下さい)
(アメリカは日本よりMLMに対して遥かに寛容であり、一般的なビジネスマナーさえ守れば、まず大丈夫です)


<「旅するカフカ」からビジネスの国際展開を行って、権利収入を得よう!>

「旅するカフカ」に日本の特商法が適用されない事は、
厳しすぎる日本のMLMの法規制を受けない、と言う意味ではむしろプラスです。
 
しかも、WV社は現在、世界中に進出して各国に次々と現地法人を設立させている途中であり、
今、参加すれば、MLM組織を国際展開できます。
世界中がターゲットなので、組織が飽和して稼げなくなる心配がありません。

言葉の問題を心配されるかもしれませんが、google翻訳などを使えば全く問題ありません。

またとない大きなチャンスですので、
今、目の前に転がっているチャンスに飛び乗って、大きく稼いで、
金銭的・時間的な自由を手に入れましょう!


カフカグループの詳細、及び、参加方法については、
「旅するカフカ」
で配信されている、PR動画を視聴して下さい。
 
-----------------------------------------------------------------
 
<連絡先>
Facebook:安藤 慎哉
LINE ID:deofficer79ers
LINE@:@fuv7421p
LINE@に登録をお願いします

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。