FC2ブログ
2018/02/05

「久世&あいカフェ」の評価と気を付けるべき点

最近、Facebook上をやたらにぎわせている
「久世&あいカフェ」

ネットビジネス、アフィリエイトで稼がせると言ってますが、本当に稼げるのでしょうか?
無料でセミナーやカフェ会を主催していますが、バックエンドには何があるのか?
ここで全て紹介します。

①濃密な人間関係が特徴

久世&あいは、他のビジネスコースと比べても濃密な人間関係に特徴があります。
セミナーやカフェ会、バックエンド以前に、
自分がドライ、ウェットどちらの人間関係を好むか、を意識する必要があります。
 
久世&あいは、ウェットな人向けのカフェ会やバックエンドです。
セミナーに参加するだけなら特に問題ありませんが、
ドライな人がカフェ会やバックエンドまで参加してしまうと、後から生理的に耐えられなくなるので、
くれぐれもその日その場の雰囲気でバックエンドのコースに参加すると決めてしまわないようご注意下さい。

(ドライな方の対処方法は、記事の後半に書いてありますので、そちらをお読み下さい)

カフェ店コーヒー カフェイメージ

②バックエンドには何がある?

無料のセミナーやカフェ会のバックエンドに、有料の塾が控えている事は、大体見当がついているでしょう。
本当に完全無料でビジネスの指導してくれる人なんかいませんから。

バックエンドの商品は、マンツーで指導するアフィリエイト集客、営業、販売のコースです。
35万円コースと50万円コースがあり(2018年2月1日現在)、
自分が稼ぎたいだけなら35万円コース、
カフェ会やセミナーの開き方など、人を稼がせるスキルまで学びたいなら50万円コースに参加する事になります。

繰り返しますが、久世&あいはマンツーでかなり濃密な指導になるので、
ウェットな人向けです。
中身が濃さそうだからと言って、ドライな人間関係を好む方が参加すると、後から耐えられなくなってしまうので、
その点はくれぐれもご注意下さい。

(ドライな方の対処方法は、記事の後半に書いてありますので、そちらをお読み下さい)

③久世&あいは詐欺か?

ネットで検索すると、久世&あいカフェ会について、
「Facebookで詐欺を拡散するペテン師」
と出てきます。目立つ位置に出てくるので、そのように判断されたかもしれません。

しかし、この点についてはあまり重要ではありません。
特に気にする必要はないです。

なぜかと言うと、久世&あいグループが拡散しているのはオプトインアフィリエイトで、
短期間で多くの登録を実現できなければ全く稼げない世界の人です。
その短期集中型のオプトインアフィリエイトで5分おきに報酬が発生している人たちですから、
集客・販売スキルは確かと言えるのです。

拡散しているものが何であろうが、集客・販売スキルが確かである以上、その点は学んでしまえばよいのです。
(これが稼げるマインドと言うものです。一方、詐欺の案件ばかり垂れ流してるからダメなやつと決め付けるのは稼げないマインドです。
こちらの記事 も併せてお読み下さい)
 
一方、流す案件については、久世&あいで紹介されたオプトインを流すと、詐欺に加担してしまいます。
案件は、別途用意する必要があります。
何を流せばよいかについては、この先の記事で説明します。
 

スポンサーリンク

④ドライな方は何をすればよいか?

そもそも自分はドライな人なので、久世&あいカフェ会やコースへの参加は耐えられない。
このような場合、LINEだけでやり取りするビジネスグループで、
実践しながら学べるビジネスグループに参加するのがお勧めです。

ドライな方はどうしても、聞く、頭で学ぶだけでは理解が不十分になってしまう事が多く、
「実践しながら学ぶ」は必須です。

私自身、久世&あいの集客・営業スキルは認めても、
扱ってる案件はどうみても詐欺の片棒を担ぐようなものばかりで拡散したくない、
もっと自分が信頼できる案件を流したいと考えていましたが、
それがちょうど、ドライな方向けのビジネスグループです。

エントリーはこちらから

上記エントリーフォームから参加できる、「旅するカフカ」と言うグループです。
グループに参加し、仲間を増やす事で報酬が発生します。

グループ参加者同士はLINEグループでつながっているので情報交換はスムーズです。
一方、リアルな人間関係のようなベタベタ感が無いのでドライな方でも安心です。

グループ内でやる事や参加費用などは、全てエントリーフォームに登録すると配信される動画の中で説明しています。
動画を見ただけでは登録した事にはなりません。
動画を見たから登録しないといけない決まりもないので、
少しでも気になった方はまず、
↓↓↓をクリックして、事業動画を受け取って下さい。

エントリーはこちらから
 

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ