FC2ブログ
2018/01/03

ネット時代の興味と行動を集客に反映させよう

2018年になりました。「稼げる人」は正月から動きます。

と書いたところで本題に移りますが、読者の皆さんは箱根駅伝を見たでしょうか?
箱根駅伝は正月の風物詩であり、テレビ世代なら多くの人が見ているものです。

箱根駅伝

しかし私は箱根駅伝は全く見てません。3日、知名度では箱根駅伝よりはるかに劣るアーティストの屋外ライブを見てました。
屋外ライブの途中休憩の時間に昼食を取り、店内で箱根駅伝の中継が流れているのを見て
「箱根駅伝のシーズンだな」
と思って終わりでした。

この私の興味と行動様式こそ、ネット時代特有のものであり、情報源の中心がネットの人にとっては当たり前のものです。
即ち、自分が興味や関心を持ったものは深堀して調べ行動する一方、
興味が無ければ箱根駅伝くらいメジャーなものでさえスルーしてしまう
のです。

オレンチェ記事用

ネットビジネスで集客し稼ぐには、このようなネット世界の興味や行動の様式を理解する事が絶対に必要です。
その上で、自分や自分の記事、自分の販売もしくは紹介する商品にいかに興味を持ってもらうかがポイントになります。
 

スポンサーリンク

それではどうやって自分や商品に興味を持ってもらうかですが、
効果的なのはFacebookやTwitterなど多くの人が利用するSNSで自己PRする事です。

YAHOO!やgoogleの検索エンジンでヒットすればいいのですが、検索で見られるのはほんの一部のサイトに限られるので、多くの場合、検索頼みでは人が集まりません。
スパムにならない程度に、SNSでの告知活動した方が見られる確率が高まります。

気を付けたいのが、SNSではビジネス宣伝投稿が大量に氾濫しており、その中で目立つ存在、興味を引き付ける存在になる必要がある点です。
特別な存在にならなければ「その他大多数」の中に埋もれてしまいます。

読者の興味を引き付けるには、冒頭の5行で特徴的なキーワード、キャッチフレーズを並べる事です。
読者は冒頭の文言を見て続きを読むかスルーするか決めるからです。

興味を引き付けるタイトルの付け方、記事の書き方を覚えるには、2通り方法があります。

1つ目は、
アフィリエイトで稼ぐコピペの極意3つのポイント
で紹介した方法を実践する事です。

2つ目は、その記事の中でも紹介した、大成信一朗さんの、

月収100万円必達!ネットビジネス錬金術セミナー

を受講する事です。このいずれかの方法で、読者の興味を引くタイトル、冒頭文の書き方はマスターできます。

なお、大成信一朗さんの錬金術セミナーは、少人数制のセミナーです。
人気が高くすぐ満席になるので、こちらを受講される方は早めにエントリーするようにして下さい。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ