FC2ブログ
2017/12/19

FXは海外口座の方が国内口座よりおすすめ!

海外で投資と言うと、危険なイメージを持つ方が多いです。
あなたも、海外口座は危険と思われているかもしれません。

しかし、FXに関して言えば、
海外口座の方が、国内口座より、むしろ安全です。


海外口座が安全な理由は、全部で5つあります。
これから、順番に説明します。


<1、レバレッジの制限がない>


国内のFX口座には、レバレッジの上限が25倍と言う制限があります。

しかも、本日(2017年12月19日)のニュースで、来夏からレバレッジの上限を
25倍から10倍程度に引き下げを検討すると発表しました。

(2018年10月20日追記:金融庁による、一律のレバレッジの上限引き下げは、中止となりました)

この点、海外のFX口座には、レバレッジの制限がありません。
私はBigBossと言う海外口座で、レバレッジ200倍で取引していますし、
レバレッジ555倍や、会社によってはレバレッジ800倍もあります。



レバレッジが高いと危険と思われる方が多いですが、
実は、レバレッジが高いこと自体は、危険ではありません。

それどころか、
過去に「FXの資金管理は、レバレッジより通貨数量を意識すること!」の中でも触れましたが、

エントリーする通貨数量さえきちんと管理すれば、
レバレッジが高い方が、むしろ安全です。


それは、同じ通貨数量のエントリーであれば、
レバレッジが高い方が、
必要証拠金が少なくて済むからです。

国内外を問わず、証券会社は、
証拠金維持率と言う指標でFX口座の管理をしているため、
必要証拠金は少ない方が、証拠金維持率が高くなって安全です。

例えば1ドル=112円の時に1万通貨(1円のレート変動で1万円の損益が発生)の取引をする場合、必要証拠金は、

・レバレッジ10倍:112000円
・レバレッジ25倍:44800円
・レバレッジ200倍:5600円

となり、レバレッジが高い方が必要証拠金が少なくなります。


<2、追証がない>


国内のFX口座は、含み損拡大で、
口座の評価残高が一定(必要証拠金と同額程度)以下になると、
追証発生で、口座への追加入金を求められます。

しかも、上述の通り、国内FX口座は、レバレッジが25倍に制限されているので、
必要証拠金の額が、そこそこ大きく、
少しのレート変動で、すぐ追証発生水準に達してしまいます。

例えば、口座残高5万円で1ドル=112円の時に1万通貨買いでエントリーし、
証拠金維持率100%で追証が発生するとすると、追証発生時のレートは、

・レバレッジ10倍:証拠金不足で1万通貨の取引できない
・レバレッジ25倍:1ドル=111.48円で追証発生
・レバレッジ200倍:1ドル=107.56円で追証発生

となります。レバレッジが低い方が、追証が発生しやすく危険です。

しかも、実際には、海外口座は、
証拠金維持率が100%や、50%、20%(証券会社による)になっても、

単に通知や強制決済するだけで、
追証は求めないのが通常です。


海外口座は、
ただでさえ、レバレッジが高く、証拠金維持率が下がりにくいうえに、
証拠金維持率が一定水準以下になっても、
口座への追加入金は求められないと言うことです。


<3、ゼロカットシステムを採用>


海外口座はゼロカットシステム採用が当たり前です。

ゼロカットシステムがあると、
相場が急変して強制ロスカットが追い付かず、
口座残高がマイナスになった場合でも、
強制的に借金を抱える心配がありません。

マイナス分の金額はFX会社が負担し、
再び口座残高ゼロからリスタートできます。

国内FX口座は、ゼロカットシステムを採用していないため、
相場の急変で強制ロスカットが追い付かなかった場合、
あなたは、自動的に借金を抱え、マイナス残高分の支払いも求められます。


この点は、海外口座の方が、著しく安全です。


<4、相対方式ではなく、NDD方式を採用している>


国内FX口座では、投資家の損益と証券会社の損益が相反する、
相対方式での取引が一般的です。

このため、一見したところ分からないような細工があり、
利益を出せる取引のはずなのに、損失で終わってしまった、
と言ったケースもあります。

この点、海外FX口座は、ディーリングルームでの呑み行為がなく、
全注文を市場に流すNDD取引が一般的です。

NDD取引では、投資家が取引で利益を出せば出すほど、
そのFX口座を喜んで取引してもらえ、業者も利益になります。

海外FX口座は、国内FX口座とちがって、
投資家(あなた)の利益と業者の利益が一致するので、
業者による不正のしようがありません。

 

スポンサーリンク

<5、約定スピードの速さ>


これはFX会社にもよりますが、
NDD取引を採用している海外FX口座では、
約定スピードを速くすることに力を入れるケースが多いです。

と言うのも、絶えず相場が変動しているFXでは、
約定スピードは、投資家が思惑通り利益を出すために必須です。

なお、約定スピードの速さは、パソコンで取引した場合のみ有効です。
スマホからの取引では、
通信環境によって、約定が遅れたり、売買不成立になる場合もありますので、
なるべくパソコンで取引した方が、この点では安全です。


<どの海外FX口座がおすすめか>


以上、これまで述べてきた5点から、
海外FX口座が、国内FX口座より安全と言うことはお分かりいただけたと思います。

それでは、どの海外FX口座が、おすすめでしょうか?

海外口座を利用する時に不安になるのが、
資金持ち逃げや倒産などのリスクです。

この点については、
海外のどこかの国で、金融取引業の認可を受けている業者を選定する事です。

また、ディーラーを通さず、あなたが直接取引できることが、絶対条件です。
FXではなく、外貨運用の話になりますが、
海外の業者自体は、至って健全なのに、
間に入ったディーラーが詐欺と言うケースが多々あるからです。


私がおすすめするのは、
私自身も使っている口座ですが、
BigBossと言う、海外FX口座です。

BigBossは、ニュージーランドのFX業者です。

特徴として、

・スプレッド(売値と買値の差)が小さく、売買手数料も無料
・通貨ペアが豊富で、FXの他に、先物取引や仮想通貨も使える
・口座維持手数料が不要

(海外口座では、口座維持手数料が毎月、口座から引き落とされるところもあります)
・日本語サポートが充実

パソコンからの操作では、約定スピードが非常に早いです。
MT4アプリを導入すれば、スマホでも使用できます。

私も使ってから2年以上たってますが、
常に、顧客目線で仕様改善を行ってます。
5か月連続で、顧客満足度1位の実績もあるそうです。

必要書類さえあれば、口座開設も簡単です。
国内のFX口座を利用するくらいなら、
BigBossに口座開設した方が、断然おススメです。


<ここからFX証券口座開設できます>

 
スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ