2016/11/05

睡眠不足にならないFXツールを教えます

一週間ぶりの記事配信です。

相場の急変が相次ぎ、ゆっくり記事を書く余裕がありませんでした。
最も、この期間中に利益を伸ばす事が出来ましたが。
後は含み損を抱えたポジションの扱いをどうするか、ですね。
ただしその多くはドル円のドル買いポジション。
急激な円高進行で含み損が増えてますが、果たしてロスカットすべきなのか。
証拠金と残高の関係を見ればまだ余裕あり。
相場はいつまでも同じ方向に動き続ける事はありませんからね。
何かをきっかけに一気に円安になるはず。
そう考えると、まだしばらくは様子見と言ったところでしょう。

ところで昨日(8月17日)は、アメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公開される日でした。
問題はその時間。
日本時間で8月18日午前3時。真夜中です。
上記要旨は毎月公開され、NYが夏時間の間はいつもこの時間です。
さすがに寝てましたが、その前後は手持ちのポジションがどうなるか気になって眠れず。
時々目が覚めてはスマホで確認。
これがさらに熟睡を妨げる悪循環。

おかげで今日は朝から時折睡魔が襲ってきます。
「休むも相場」
と言いたいのですが、こういう日に限ってドル円が普段大人しい早朝から急激な変動。
含み損を抱えたドル買いポジションが手元にある事からゆっくり休む事も出来ず、仮眠を取りつつチャートに向かう午前の私。
 
FXやっててこんな思いをした事が一度や二度は誰でもあるのではないでしょうか?
 

スポンサーリンク

時間とお金を両立させるためにFX始めたのに、こんなはずじゃなかった!

実は、間違ったトレード方法かトレードツールを使っているからこのような事が起きるのです。
こうならないためには、以下のツール「天底チャート MT4」を使えば全て解決です。

「天底チャート MT4」は相場の反転ポイントを見極めてエントリーや決済のシグナルを出してくれます。シグナルに従ってトレードするだけなので、心理的に気楽です。

是非、ご利用下さい。


(元記事作成日:2016年8月18日)
(改訂(1):2017年10月26日)

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人