FC2ブログ
2017/10/11

あなたは度近眼?ネットとリアルでターゲット数が違いすぎる件

もしあなたが自分は度近眼と思っている方であれば、以下の記事に強く同意するでしょう。
そうでない方も、ネットとリアルでターゲット数がこんなに違うのかと実感できるはずなので最後まで読んで下さい。

-10_25D眼鏡下縁無しレンズ厚み7
-10_25D眼鏡下縁無し3

これは私が普段使っている眼鏡です。レンズの厚みやレンズ越しに映るボールの大きさをレンズの外と比較すれば、私がかなりの度近眼である事は分かると思います。

ある時私は次のような疑問を持ちました。「私より強度の近視の人は世の中にいるのだろうか」と。

<親しいターゲットはゼロ人>

自分の親しい人や学校の同級生に、私より強度の近視の人はいませんでした。かなり目が悪いと言ってる人でも、眼鏡の度数が私より弱い人ばかりだったのです。眼鏡を正面から見ても、私ほど顔の輪郭が食い込んでる人はいませんでした。

<身近でよく会う人でもたったの1人>

眼鏡の輪郭を見れば度数が自分より強いか弱いかある程度見当はつきます。この方法を使えば、たまたま見かけただけの人でも自分より強度の近視か判断できます。
10年ほど前、スーパーで時々見かける女性で、明らかに私より度数の強い眼鏡かけた人が1人いました。この人は、私がリアルで見かけた、自分より強度近視である初めての人です。
しかし私以上の強度近視はこの1人だけでした。自分が話しかけ出来ないがよく見かける人まで調査範囲を拡大しても、リアルでは自分より強度近視の人は1人しか発見できなかったのです。しかも実際に目の話をしたり眼鏡交換して確かめたわけでなく、これは推測に過ぎないのです。

<コンタクトユーザは認識されない>

目の話が出来る間柄ならともかく、ただ町で見かけるだけの人の場合、ターゲットの全てを拾い上げる事が出来ません。
そうです。コンタクトレンズ着用者です。眼鏡と違ってコンタクトレンズは遠めには着けているかも分かりません。ある程度近距離から見ればコンタクトレンズ着けていると分かる場合もありますが、度数までは分かりません。
つまり仮に私より強度近視の人に会ってたとしても、眼鏡でなくコンタクトレンズで視力矯正しているためターゲットとして認識されずに終わってしまったのです。

以上が、リアル世界で私より強度近視の人を探した結果です。見付けたのはたった1人。

しかしネットを使うと、この状況は一変します。

<ネットの向こうには強度近視がいっぱい>

自分と他人とどちらが強度近視であるか知りたければ、眼鏡の度数を比較すれば一発で分かります。コンタクトレンズの場合眼鏡と度数が違いますが、眼鏡の度数に換算すればOKです。(なお裸眼視力を比較してもどちらが強度近視かは分かりません)

YouTubeやブログで顔を出している人、IDで個人識別できる人で、なおかつ眼鏡やコンタクトレンズの画像情報を出している人に限定しても、自分より強度近視の人を10人見付けるのに大した時間はかかりませんでした。

リアルでは本当にいるのかさえ半信半疑だった自分より強度近視の人が、ネットでは大した労力をかけなくても次々と見付かったのです。

実はこの話、ビジネス・マーケティングのターゲット探し(集客)の考え方にも大いに参考になります。
 

スポンサーリンク

<リアルにいない人もネットの向こうには多数いる>

つまり、リアルな世界ではなかなか自分が売りたい商品を求めているターゲットがいなくても、ネットを使えばネットの向こうにはその商品を必要としている人が多数いる、と言う事です。
 
一例を上げると、いまだにアムウェイで稼ごうとしている人、稼げていますか? リアルな勧誘しかできないアムウェイでは稼げなくて当然です。既にビジネスメリットは消滅してますし、リアルな世界にアムウェイ商品を必要としている人はほとんどいないのが普通だからです。
そもそもMLMに対する風当たりは強く、リアルな世界だけ見ていたら「本当にMLMで稼げるの?」となってしまいます。
 
しかしリアルな世界にいなかった私以上の強度近視がネットの向こうには多数いたように、
 
・MLMの報酬の仕組みに魅力を感じたり、
・近い将来、MLM冬の時代からMLM春の時代に入るはず、それに備えて今から準備しておこう、

 
このように考える人はネットの向こうには大勢います。
報酬の仕組みだけMLMを模倣し、ネットを使ったアフィリエイトで集客すれば、強引な勧誘をする事なく、それどころか人に会う事も無理やりセミナーに参加する事もなく、自分の考えに賛同する人を集められるのです。そして単発ではなく継続的な収入を得られるようになるのです。

自分の好きな時間に、好きな場所で、好きなだけ作業し、気が付いたら会社の給料より多くの収入を受け取っていた。
ウソとしか思えないような世界を現実に手にした人が手掛けているのが、これ。
         ↓ ↓ ↓
旅するカフカバナー

早速始めてみませんか? 何もしなければそのような生活が手に入る確率は0%です。行動すれば0%よりも高くなりますよ!

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ