FC2ブログ
2017/09/13

広島東洋カープが強い理由

今回は、前回までと記事の内容をガラリと変えてお伝えします。

さる9月8日、ナゴヤドームまでプロ野球の中日-広島戦を観に行きました。私は中日ファンで、残念ながら試合は0-3で負けてしまったのですが、この試合を見ていて、広島が強い理由が分かりました。

広島ファン
<相手投手に一球でも多く投げさせる>

この日、中日の先発は笠原、広島の先発は薮田でした。2人の投球数を比べると、笠原の方が遥かに多かったのです。広島の各打者は粘りに粘る、凡退するにしても相手に10球投げさせるなど、打席で相手投手を疲れさせる内容が多かったです。
これが回を重ねるごとにボディブローのように相手投手にダメージを与えます。
笠原は5回を1失点、5回の菊池のホームランによる1点に抑えましたが、菊池のホームランは菊池1人の力で生まれたものではないのです。それまでの広島の各打者が粘った事で笠原に少しずつダメージを与え、甘く入ったところで一発、だったのです。

<誰かは崩れる>

相手投手に一球でも多く投げさせるとどうなるか。
相手チームは早めの投手交代を余儀なくされます。しかもセ・リーグはDH制がありませんから、投手にも打席が回ってきます。先発投手は打席に立ちますが、中継ぎ陣は打順が回って来たら代打を出すケースが多いです。つまり、先発投手が引っ込んだチームは次々と継投する事になります。
そこで広島の各打者が中継ぎ陣に対しても粘りの打席を見せたらどうでしょう。持ちこたえる投手もいますが、誰かは崩れそこから得点が生まれる可能性が高くなります。
実際この試合、中日は二番手祖父江と三番手谷元は1本ずつ余分にヒットを打たれ追加点を許しました。

今年(2017年)、広島は逆転勝ちが多いですが、このデータも、各打者が粘りの打席を徹底すれば相手投手がどこかで崩れる可能性が高くなる事を示しています。また逆転勝ちが多い事は、相手チームの投手リレー「勝利の方程式」が崩れている事にもなります。
打者1人1人が粘る、相手投手に一球でも多く投げさせる事は、これほどまでに勝負に影響を与えるのです。
 

スポンサーリンク

<平日のビジターゲームを多く見る方法>

広島ファンレフト席2
野球はサッカーと違って平日にも試合があります。そして当然ながら、ホームゲームとビジターゲームが半分ずつあります。
ホームゲームでも仕事の都合で平日の試合を最初から観る事が出来ない場合も多いですし、ましてビジターゲームは生で観る事すら出来ない。TV中継もビジターはホームに比べて少ない傾向にあります。
一般的なサラリーマン生活では、ビジターの試合はなかなか観る機会がありません。

しかし、
・外出先でもスマホからの作業で収入を得る
・短時間の作業で不労所得に近い形で効率的に収入を得る


このような収入源とライフスタイルを手に入れる事が出来れば、ビジターの試合も思う存分球場で観戦できます。

旅するカフカバナー

上記レターにアクセスすると、プロ野球どころか世界中の名所を旅し続けている方の驚くべき収入源が分かります。詳細を知るにはレターのフォームから無料のメルマガに登録する必要があります。
あなたも同じ方法を使って、好きな事をしながら稼ぎ続けるライフスタイルを手に入れませんか?
レターからメルマガに登録すると、メルマガの最後でこの収入源を手にするグループへの招待があります。心の底、魂の底から会社員生活は嫌だ、自由な生活を手に入れたいとお考えの方は、メルマガの説明に従ってグループに参加して下さい
なお参加は任意で、メルマガに登録したからグループに入らないといけない義務はありません。収入の仕組みを知りたいだけの方も参考としてメルマガ登録して頂いて構いません。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。