FC2ブログ
2017/07/21

ある日突然、googleアドセンスが非承認に

googleアドセンスは、収益源として活用してる人が多い一方、チェックが厳しく、身に覚えの無い、あるいは「この程度で?」と言う内容でアカウント無効化される人も多いです。
しかもgoogleがシステム保護を口実に詳細を全く明かさないため、内容が分かれば再発防止できるであろう違反でもアカウント無効化、二度と収益化出来ない憂き目に遭う人も後を絶ちません。

そんな悪夢が、ついに私にも訪れてしまいました。(>_<)

アドセンス非承認
今朝起きたら、このようなメールが届いていました。アドセンスアカウントで無効な操作が検出されたためアカウント停止、です。

これはgoogleの用語不統一の問題ですが、実際は「停止」ではなく「無効化」です。アカウント停止とは、アカウント自体は有効だが不正な操作があったため一時的に止める事を指します。しかし今回はメールタイトルに「アカウントの非承認」とあり、停止ではなく無効化です。実際、googleアドセンスのページにアクセスしても「アカウントが無効」の表示になっていました。

サイトによっては、アカウントが無効化される前に警告が来る、と書かれているものもあります。しかしそのような事前警告は一切ありませんでした。調べてみると、警告はポリシー違反に対してはなされるが無効な操作に対してはなされないようです。

思っている事を正直に言います。googleは規約運営の詳細を明かさない、無警告の一発退場を平然と行う割に情報を開示しなさすぎです。厳しい措置を取るからには誰もがそれに納得できるだけの説明、情報提供をするのが筋と私は思います。システム保護を責任を果たさない言い逃れに使うべきでありません。

と書いてみましたが、ビジネス目線で見ると、たかだか月数千円(よほどアクセスを集めない限りアドセンスだけで月数万円とか数十万円の収益になる事はない)レベルの収入(それは広告主の支出もそれに見合った程度しかない事を示している)に対して、何の説明もなしにいきなり無効化、永久退場を平然と突きつけてくるgoogleをアドセンスの収入源にする事自体に問題があると考えるべきです。

googleが横柄、理不尽とも言える態度を平気でし続ける背景には、事実上の独占企業である事があります。単価はgoogleに及ばないものの、他にもアドセンス登録できるサイトはいくらでもあります。
例えば、
Medi8
クリックしても単価に反映されずインプレッション収益のみなのでその分収益が減るのは避けられませんが、インプレッション単価だけを見れば比較的高い部類に入ります。
何より基準がgoogleアドセンスより緩く、既に使っている人の情報ではサポートが親切、googleのような一方的な態度を取らない点はお勧めです。

しかし、収益を本気で伸ばしたいのであれば、もっと抜本的な点から考え直す必要があります。
 

スポンサーリンク

それは、アドセンス収入自体が副次的な収入であり、メインの収入源は別に持った方がよい、と言う事です。
(この事情があるからこそ、googleのような態度を取るアドセンス業者にこだわるメリットがないと言えるのです)

どういう事かと言うと、アフィリエイト、FX、MLMなど別のビジネスを持ち、それに関する話をブログ記事にし、そのブログに理不尽な運営をしないアドセンス広告を貼りつける、と言うスタンスです。

・記事自体はアフィリエイトやMLMの話を載せてそれを主収入源にする。
・記事の脇にアドセンス広告を貼りそれも副収入源にする。

とするのです。
つまり本当に大事なのはメインの収入源をどうするか、です。アフィリエイトのように一定期間経過したら収益を生み出さなくなるようでは記事の作成が永遠に続く、それも困りものですよね。
それよりは、アフィリエイト方式で成長株のMLM案件を紹介し、それに加入してもらう方が有効です。読者がMLMに加入している限り、MLM組織からの収入が入り続けるメリットがあり、読者側も、自分が成果を出す事が記事の持ち主のメリットにつながる事からノウハウ提供を期待できるメリットがあります。

今の説明じゃよく分からないけどもう少し詳しく知りたい、と言う方は、以下のサイトからメルマガに登録して下さい。その中で詳しく、分かりやすい説明があります。メルマガの最後に実際のビジネスの紹介がありますが強制ではありませんので安心して下さい。
旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ