FC2ブログ
2017/06/22

お金について真剣に考えてみた

ここ最近、お金について考える事が多くなりました。それも「どうやって稼ぐ」系の話ではなく、お金の本質について。

そこで得られた結論と言うのは、
お金の事ほど感情で考える事はなく、お金ほど理詰めで動くものはない。
と言うものです。

どういう事かと言うと、例えば1ヶ月毎日朝早くから夜遅くまで汗水流して働いて50万円得た人が、1日5分の作業だけであとは好きな事をして100万円得た人を見たとき、
「なんであいつは何もしてないのに俺より金持ちなんだ!」
と妬んだり腹立たしさを感じるでしょう。
この妬みや腹立たしさこそ感情であり、「お金の事ほど感情で考える事はない」となります。
一方、妬もうが理不尽に思おうがお金はそんな感情お構いなしに動きます。汗水流して50万円得た人は、もうこれ以上お金が増える余地がない一方、1日5分の作業で100万円得ていた人は、来月は同じ作業で150万円得ているかもしれません。と言うより大抵の場合、さらにお金が増えるのは1日5分の作業だけしている人です。こちらの人の方がお金のツボ、動かし方を知ってるからです。
つまり「お金の動きほど理詰め、感情の入る余地がないものはない」と言えるわけです。

もう1つ言えるのは、
どのようにして得たお金でも価値は同じ
です。

汗水流して得たお金もほとんど不労所得に近い形で得たお金も、1万円なら1万円、10万円なら10万円の価値があると言う事です。
将来お金自体の価値が無くなる事はあるかもしれませんが、その場合もお金の価値は平等に失われ、汗水流して得たお金は10万円の価値があるが不労所得で得たお金は1万円の価値しかない、と言う事は絶対に起こりません。

お金にこのような特徴があると分かれば、お金を稼ぐのに必要な考え方も分かってきます。
とにかく一切の感情を許さないのですから、理不尽に感じようが腹立たしさを覚えようが、「こんなんでいいの?」と思おうが、ツボを抑える事です。
実際に1日5分なり10分なりの作業だけで大きなお金を得ている人の職業、時間の使い方、習慣、さすがに全部は無理ですが可能な限り真似てみるのです。
そうする以外にお金に好かれる方法はないのです。
 

スポンサーリンク

とは言ったものの、現実問題として、全てを真似する事は到底不可能ですよね。
でも最低限、お金のツボに関する部分は真似しなければなりません。さもない限り大きな収入は得られません。
(お金の動きに感情が入る余地は全くありませんからね!)

それでは、お金のツボだけ抑え後は自分の好きな事、したい事が出来るような収入の仕組みは作れないでしょうか?
世の中広し、調べれば1つくらい「まさにぴったり」の案件が出てくるものです。
それがこちら、「旅するカフカ」。

カフカさんは世界中を旅しながら、つまり完全に自分の好きな事だけしながら、お金は人並以上に稼いでいます。何を始めたらそんな夢のような生活が出来るのでしょう。
興味ある方はこちらのサイトへアクセスして下さい。メルマガで詳しくお伝えします。↓↓↓
旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。