FC2ブログ
2017/04/12

A社、旅するカフカ:それでも私がMLMを続ける理由

ネットワークビジネス(MLM)と聞くと、初めての人、聞き慣れない人は大抵、「ねずみ講」「マルチまがい商法」を連想します。
そのため、自分の思ってた内容と少しでも違うと、すぐに「ああ、騙された!」となって退会し、MLMを勧めてくれた人に対しても悪い印象を持ってしまいがちです。

過去記事:
MLM(ネットワークビジネス)とねずみ講は違う!
MLMの成果報酬と先行者利益に対する考え方
ネットワークビジネスとねずみ講の違い 改めて

等でも繰り返し書いたように、ネットワークビジネスとねずみ講やマルチまがいは全く別物です。

この際いっそ書いてしまうと、私もMLMに対して「こんなの違う!」と思った事の一度や二度はあります。しかしそのいずれも、退会しようと考えた事はありません。
なぜか。
当初思ってたものと違ったとしても、違う目的で利用できるならわざわざ退会するのも勿体無いでしょう。
理由は単純、これだけです。

では具体的に、私がどのMLMに加わっていて、それに対してどのように思っているか、これから紹介しましょう。

1つ目は、A社。化粧品やサプリメント、日用品を扱っている、アメリカ本社の企業です。MLMの仕組みを開発したパイオニアです。
このMLMの話があって加入したのが2015年正月早々。
当時私は「脱・会社員」を目標に、時間に追われずゆったりとでき、それでいて収入は入るようなものを探していました。基本ネットビジネス路線だったのですが、そのような中である人から話があったのがA社だったのです。
A社のビジネスモデルは確かに素晴らしい。しかしSNSやネットの拡散が禁止されており、人脈的にも広める相手もなく、「会社辞めてこの内容か」「広める相手もいない」と、ビジネス的には私の中で最低評価でした。
その上、成功したらどんな生活になるとか、私が全く興味の無い件でその人から「時間取れないか」の連絡が頻繁に来るようになり、正直、頭に血が上っていました。
A社で浄水器を買い、一定金額以上を満たしたのでボーナスが支給された月があり、その人から「逆転された」と連絡があった時だって、噴飯ものでした。自分で一定金額以上買ってボーナス支給があったって、それは「割引」にはなってもビジネス上の利益とは言えないでしょう。
しかしビジネス上は最低でも、サプリメント等一部商品の中には使えると感じるものが含まれていました。A社は会員制なので退会したら入手は不可能です。そのような事情もあり、買う側でのメリットが残ったため、2017年4月現在もA社のMLM会員は継続しています。
MLMは勧める側はビジネス上のメリットで勧めてくる事が多いのですが、このように、消費者側のメリットもあるのが普通です。ビジネス上のメリットが無いからと言って、ただちに退会したら勿体無い。消費者側でのメリットが無いか探すべきです。

そして2つ目が、「旅するカフカ」。日本で本格サービス開始間近な大手旅行会社のMLMです。

 ↓↓↓まずはメルマガ登録から、登録はこちら↓↓↓
旅するカフカバナー

スポンサーリンク

「旅するカフカ」のMLMは、

①まず、メルマガに登録し、仕組みを理解する
            ↓
②無料コンサルを受ける(ここまでは無料)
            ↓
③本登録し、正式に会員となる


と言う流れがあり、今日は私が無料コンサルを受けてからちょうど1ヶ月の日です。
この1ヶ月間、「これは行ける!」と思い様々な角度から記事を書いてきました。アクセスは多少あったようですが、今のところ、私の記事からコンサルに至った例はありません。
(コンサルに至れば、紹介元に連絡が来るので分かるようになっています)

別に誰の記事から入ったとしても、会員になった後にやる事は同じですし、サポート環境もほとんど変わりませんから、少しでも気になったなら
「とりあえずメルマガだけでも見てみよう」
となってくれればこれ幸いなのですがね。(^^;;;

で、「旅するカフカ」ですが、メルマガ読み進めてもらえれば分かる事ですが、今のところ、サービスメリットはあまり大きくありません。
無論、サービスメリットの大きさとビジネスメリットの大きさは負の相関性があり、サービスメリットが小さいと言う事は今から始めるビジネスメリットは非常に大きなものになります。

問題は、ビジネスメリットを生かし切れない人の場合どうなのか、です。
A社と違い、こちらはネットを使った拡散、リクルートが可能なので、自分の人脈が小さいとか友人を失いたくないと言う問題を心配する必要がありません。その意味でA社よりビジネスメリットを生かすチャンスは格段に大きいわけですが、それでもチャンスを生かし切れない人もいます。

そのような場合、会費もかかるし、さっさと退会した方がいいのか?

その答えが「イエス」なら、とっくに私だって退会を考え始めていますよ(笑)
今はビジネスメリットが大きいと言っても、サービスメリットが小さすぎるため、人によっては勧誘しにくい場合もあります。特にMLMとマルチまがい商法の違いを前面に出す場合、「消費者メリットが無いならダメじゃん」となりがちです。

ですが、
「旅するカフカ」:なぜ、「今」ビジネス会員エントリーなのか

でも触れたように、このMLMは、将来のトレンドを予測して今から始める事に意味があるものです。
トレンドが発生した後ではどうしても乗り遅れてしまいます。
サービスメリットが小さくてもビジネスメリットが大きければそれはそれで入りたい人が必ずいますし、将来を予測して先取りで入ろうと考える人もネットの向こうには必ずいますから、このような人に入ってもらうのです。
と言うより、「旅するカフカ」はこのような考えの人にこそ最もお勧めの話です。

・今会員になっておけば、将来への先行投資をする人を呼び込める
・それがうまくいかなくても、いざブレイクした時にはスムーズに人を呼び込める


この二段構えで考えるからこそ、そして私の場合まだ入って日が浅いからこそ、「むしろこれから」なのです。

 ↓↓↓これだったら自分にも出来そうとお考えのあなた、まずはメルマガ登録から↓↓↓
旅するカフカバナー

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ