2017/04/09

アドセンス業は突然稼げなくなるリスクがある! 今始めるなら……

日本時間2017年4月7日、YouTubeから衝撃的な発表がありました。
同日より、チャンネル全体で動画の再生回数が1万回未満の場合、そのチャンネルには広告が配信されず、収益化出来なくした、と言う内容です。

この発表を聞いて、私は思いました。広告を貼って表示やクリックを促して稼ぐ、いわゆる「アドセンス業」は、広告配信元の方針変更で、ある日突然、稼げなくなるリスクがある、と言うことを。

YouTubeだって、動画に広告を表示させ、動画を再生してもらう事で広告収入を稼ぐわけですから、れっきとした「アドセンス業」です。今回はチャンネル全体の再生回数を基準にしているので、
・1000人が10回ずつ再生した1万回
・10人が1000回ずつ再生した1万回
の区別はありませんが、仮に規約がさらに変更され、チャンネル登録者数も広告掲載の条件に出されるような事があれば、私のように、少数の人が熱狂的に繰り返し再生するチャンネルはアウトになるわけです。

元々、ミリオン再生動画を連発しない限り、アドセンス業だけで生計を立てるのは不可能なわけですが、少しでも足しに、と言う人にとって、今回のような規約変更は時として致命的になる場合があります。
ネットビジネスは、アドセンス業がダメとは言いませんが、他のジャンルも同時並行で進める必要があると感じました。

では、

スポンサーリンク

どのような事を並行して進めていけばよいでしょうか。

同時並行で進めるわけですから、あまり手間がかかるものでは困ります。
FX・株のような投資案件は、そちらの方が金額的にメインになりますから、損失リスクを考えたら同時並行の案件としてはあまり好ましくありません。

自分1人だけでなく他人の力も借りる事ができ、損失リスクの少ないもの。
これが、同時並行で進める案件に必要な条件と考えます。
それが少ない時間を有効に活用でき、収益を伸ばすのに有利だからです。

 ↓↓↓条件を満たすものとして、私はこのネットワークビジネスを始めました↓↓↓
旅するカフカバナー

私の場合、FXから始め、それ単独では損失リスクが大きすぎると考えてアドセンス広告、YouTubeを始め、それでは大して収入が上がらないためネットワークビジネスに着手しています。
ネットワークビジネスは片手間ででき、特に「旅するカフカ」はグループで実施するので他人のノウハウも得られます
また収入形態や時間の使い方に対して自分と同じ考えを持つ人をリクルート出来れば、次からはその人の実績も自分の実績の一部になるので、文字通り他人の力も借りられます。

今のビジネスに対するリスク、不安をお持ちの方は、是非、上記バナーをクリックしてエントリーして下さい。人数が集まれば初期費用を軽く上回る報酬が継続的に手に入ります。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

ネット広告、ウェブセールスライティング、株式トレード等で生計を立てる、時間と収入の両立を目指す人