FC2ブログ
2017/04/05

ついに閲覧不能に! 阿部ダイジロウ氏の「ライセンスプラス」

何もしなくても毎月300万円の不労所得をあげます。
こういうタレこみで始まった、阿部ダイジロウ氏の「THE CREST」。
ライセンスプラスと言う、ネットビジネス商材を無料、よりグレードアップ版を使いたい人は定額で使い放題のサービスを始めます。
サービス開始前に「チームライセンスプラス」に加入すれば人数によるが最大で月300万円の不労所得が入ります。
このような内容でした。

いつの間にか「SNSで拡散して」が入り、「何もしなくても」では無くなっていました。
そして「チームライセンスプラス」への参加費として198000円払って下さいね。
私は支払う前に追尾をやめたが、その先、支払った人にはさらなる特典として「ライセンスプラスアンバサダー」参加があり、参加費として50万円支払って下さいね。
このような内容でした。

ライセンスプラスの企画自体は2016年11月20日に開始予定でしたが、実際には予定日を過ぎても何も始まらず、しびれを切らした人が問い合わせたところ、「いつ始めるかは私の自由」と逆切れ返答。

ここまでは過去記事のダイジェストです。
「やはり詐欺だったか」が正直な感想ですが、本日「ライセンスプラス」のサイトを閲覧しようとしたところ、「このページは表示できません」となり、閲覧出来なくなっていました。
先週までは閲覧できたので、この1週間の間にサイトを閉じたのでしょう。

阿部ダイジロウ氏は、金を集めるだけ集めて対価に見合ったサービスを一切提供せず、トン面です。ライセンスプラスのサイトが無くなった事で、プロジェクトが動き出す可能性は完全に消滅しました。支払った金は恐らく返ってこないでしょう。完全に詐欺です。

なお被害に遭われた方には申し訳ないのですが、私は弁護士ではありませんし、弁護士の知り合いもいないので、詐欺被害金返済請求の相談には一切乗る事が出来ません。返金請求の方は、専門の方に相談して下さい。本人トン面だけに難しいかもしれませんが。

スポンサーリンク

結局のところ、阿部ダイジロウ氏の企画の何が問題だったのか。
私が思うに、不労所得とか権利所得と呼ばれるものは、過去の実績に対する報酬であり、そのような実績を伴って初めてホンモノと言えるのです。
しかるに阿部ダイジロウ氏の「チームライセンスプラス」は、単にお金を支払うだけで自分に何のビジネス上の実績も伴いません。ここに問題があったわけです。
一応、SNSで拡散してとはなっていましたが、拡散して集めた人数に応じて報酬が変わる仕組みではなく、集まった人数の総合計で受取額が決まる仕組みでした。集めた人数に応じてきちんと評価する仕組みが無かった時点で仕組みとして不完全でした。

口コミの連鎖による会員制システム自体は珍しいものでなく、きちんとしたルールと仕組みの下で動いているまじめなものも多くあります。しかもネットビジネスの中で一番少ない労力で大きな収入が得られるのが、この「口コミの連鎖」による紹介制システムなのです。

会員制、口コミの連鎖による報酬。ネットワークビジネス(MLM)と呼ばれるものが代表ですが、この手の世界で騙されないためには、
・母体となる会社に十分な規模とサービス実績がある事
・成果に応じた報酬の仕組みがきちんと構築されている事

この2点に注意する必要があるでしょう。

この点において、「旅するカフカ」で知られている、下記の案件は口コミの連鎖で報酬を得る仕組みとして十分お勧めできます。

 ↓↓↓こちら↓↓↓
旅するカフカバナー

動画を閲覧していただければ解る通り、会社の規模実績はありますし、報酬の仕組みも完成されています。しかも阿部ダイジロウのようにお金払って終わり、ではなく、やるべき事はしっかりあり、その上で実績に応じた権利型の報酬が支払われるので、信頼できます。
ネットビジネスは、「旅するカフカ」のような場所、環境の下で行う事が騙されないために重要です。

なお「紹介の連鎖」型のビジネス自体向いてない、と言う方もおられるでしょうが、そのような方は、

ニセモノを見抜け ホンモノの稼げる情報商材はコレだ

このサイトで使えそうな商材を探して購入される事をお勧めします。
上記サイトは、「○○は詐欺」と書いておいて最後に自分の大した事ない商材を売りつけるサイトと異なり、いい商材はいい商材としてきちんと紹介している、信頼感の高いサイトです。

スポンサーサイト

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ