FC2ブログ
2018/11/14

会社員は洗脳されている!あなたは大丈夫ですか?

会社員を辞めて個人事業主として2年以上経過し、
改めて感じることは、
会社員は、洗脳されている
と言う事実です。

どのように洗脳されているかと言うと、

①人は、会社に入って働いてお金をもらうのが当たり前
②会社のため、仕事のために自分を犠牲にするのは当たり前
③会社をクビになったら、人生が終わるぞと言う恐怖心


これらの思考や感情は、すべて、洗脳の結果です。
順番に説明していきます。


<①人は、会社に入って働いてお金をもらうのが当たり前>


個人的な話になりますが、
具体例を挙げると、私の父も会社員(既に定年退職済)でした。

しかし、父(私の実家)の状況を説明すると、

・実家の近所には、個人経営のケーキ屋があったり、
・個人経営の床屋を普通に利用したり、
・父の姉(私の伯母)は、紆余曲折あったと言え、自営業の人と結婚したり、

雇われ労働とは違う世界が、普通に転がっていたのです。

にも関わらず、
父は、お金は、会社で働くか、公務員になって稼ぐのが当たり前と思っていた

(少なくとも、私は、そう聞かされていた)
んですね。

これは、極端な例でも何でもなく、
お金は会社で働いて稼ぐのが当たり前、と信じ込んでしまうと、
それ以外の稼ぎ方をしている人がすぐ身近にいても、
気が付かないのです。


かく言う私も、今思えば、雇われ労働以外の人が身近にいたな、
と気付いた上で、このブログ記事を書いてますが、

子供時代は、
自分の身近な場所に、雇われ労働以外で稼いでいる人がいるとは、
全く気付いていませんでしたし。

会社員や公務員として働いて給料をもらうのが当たり前、
と信じ込んでしまうと、
それ以外の働き方、稼ぎ方が見えなくなってしまうのですね。

恐ろしいことです。
しかし、会社員の洗脳の本当の恐ろしさは、この程度ではありません。


<②会社のため、仕事のために自分を犠牲にするのは当たり前>


あなたは、せっかくの休日を、
会社や取引先の人と、ゴルフなどで過ごした経験ありませんか?

しかも、その経費を自分の財布から出していませんか?

そんなの、仕事だから当たり前、と言うのであれば、
これから書くことについて、少し考えてみてください。

あなたは、何のため、誰のために仕事をしているのですか?
自分や、自分の家族のために仕事をしているのではありませんか?

自分や自分の家族のために仕事をしているのに、
仕事のために自分や家族を犠牲にするなんて、本末転倒
と思わないのですか?

やりたい事があって、そのためにお金が必要だから働いている。
だとしたら、
仕事のためにやりたい事ができなかったり、
給料を会社の人間関係のために使うのは、どう考えてもおかしいです。

これらをおかしいと思わないなら、あなたは、会社に洗脳されています。

私なんか、こんな事、絶対にあってはならない、
これやっちゃったら、誰のために働いているを通り越して、
誰のために生きているのかさえ分からなくなる

そう思ってましたから。

私と同じような疑問を持てる人は、まだいいのですが、
本当に会社に洗脳され切った人は、このような疑問さえ持たなくなってしまいます。

会社優先が当たり前、を無条件に信じ込み、
それについて疑問さえ持たず、考えることさえしなくなる。

これ、完全に洗脳ですね。
地下鉄にサリンをまき散らした、どっかの宗教団体と、洗脳と言う意味では同じです。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2018/11/12

ワールドベンチャーズ、フランスにもオープン。ビジネスを国際展開する方法は?

アメリカ発の、
会員制大手格安高級旅行会社、
ワールドベンチャーズが、
 
2018年11月、フランスにも現地法人をオープンさせました。

ニース

パリエッフェル塔

ワールドベンチャーズがチェコ、メキシコにオープン!日本上陸も近い?
でも、触れたように、
今年夏以降、
ワールドベンチャーズの新規進出が相次いでいます。

ワールドベンチャーズの計画では、2019年に日本法人をオープン予定となっており、
ビジネス的には、
オープンを間近に控えた、今が、参入の絶好のチャンスです。

一方で、日本には、
サービスの質がいくらよくても、
ネットワークビジネス(MLM)と言うだけで、
その会社のサービス全体に、拒絶反応を示す人も、少なからずいます。

その点、海外は、
ネットワークビジネス(MLM)である、と言うだけの理由で、
その会社のサービス自体を否定する事は、稀です。

また、日本と世界の人口や市場の規模を踏まえても、
ワールドベンチャーズの組織を国際展開できれば、
ビジネスチャンスも、日本国内のみをターゲットにする場合と比較して、
圧倒的に大きなチャンスがあります。

ワールドベンチャーズを国際展開する方法を、いくつか紹介します。


<海外向けクラウドソーシングサービスを使用する>


最もポピュラーな方法は、
海外向けのクラウドソーシングサービスを使用することです。

海外のサービスは、日本国内向けとちがって、
MLMでの利用に対しても寛容なサイトが多数あります。

ですから、求人媒体でMLMのリクルートする事も、
サイトによっては可能です。

ただし、
・ビジネス参加に必要な経費
・報酬発生の基準と支払額、支払時期
・目安となる収入額(平均と、最大、最小の目安)


これらの情報を、定量的、すなわち数字で明確にしないと、
詐欺と見なされて求人取り下げされるので、
その点は注意が必要です。

参考:海外クラウドソーシングサービスまとめ20選!


<SNSでの情報発信>


2つ目の方法は、
TwitterやFacebookなど、海外からもアクセスできるSNSで、
ワールドベンチャーズの情報発信する
ことです。

オープン国向けであれば、
世界中の高級リゾートを、
最安値で利用できる点や、

もし、もっと安いサービスがあった場合、
その金額を提示すれば、差額が返金されることなど、
ユーザ目線のメリットを伝え、

その上で、仲間を集めれば、
権利収入、不労収入を作れる点も、合わせて紹介します。

使用する言語は、
#WorldVentures
などのハッシュタグをつければ、実は日本語でも大丈夫です。

英語で発信すれば、より効果的ですし、
特定の国向けであれば、その国の言語で発信するのもよいでしょう。

翻訳は、
google翻訳
を使えばいいので、
深く考え込む必要がありません。

ただし、ワールドベンチャーズのサイトに誘導するのであれば、
ワールドベンチャーズのサイトは、英語表記です。

このページを紹介してください

フランス語など、英語以外の言語で発信する場合、
ワールドベンチャーズのサイトが英語である事に、
最後に少し触れた方が親切です。

また、海外のYAHOOなどで
「WorldVentures reveiw」と検索して、
上位表示されるサイトの単語やフレーズを使うと、
より効果的に響きます。

英文の書き方や、気になる単語、フレーズは、
私がレビューして書いた記事、

World Ventures review - Is it great opportunity or scam?

も参考にするとよいでしょう。


なお、一点、留意しておきたいことがあります。
それは、
あなたと言う、見知らぬ外国人の発信する情報を、
何の疑いもなしに信用する人は、いない、と言うことです。

海外向けに情報発信する場合、
まず、彼らが役立つ情報をリサーチして、
それについて、彼らの言語で定期発信し、

この人は信用できる人だ、と思わせた上で、
それじゃ、ワールドベンチャーズはどうですか?

と提案していかなければ、
ただの外国語遊びになって終わりです。

あくまで、有用な情報の発信を優先する。
この点については、日本人を相手にする以上に、
強く意識する必要があります。
 

続きを読む

2018/11/11

コピーライティングの成約率を上げる、3つの価値と3つの投稿

今から書く話は、ネットビジネス、アフィリエイトをやっている人なら、
一度や二度は、聞いたことのある話です。

しかし、知識としては知っていても、
実際のSNS投稿やブログの記事で、
これができていない人が、とても多いです。

と言うか、稼げていない人は、これができていません。

これから、3つの価値と3つの投稿について簡単に説明し、
実際に投稿する時の使い方、注意点についても、説明していきます。


<投稿の3つの価値>


投稿の要素には、大きく分けて、3つのタイプがあります。

①機能的価値

これは、カメラやパソコンのスペックなどが該当します。

ネットビジネスで言えば、

・セミナーのレビュー記事で、講師の話す内容
(このセミナーでは、講師はこういう話をしますよ)

・MLMグループに関する記事で、会費や報酬プラン、会社が取り扱っている商品の話

・FX商材で、トレードタイプ(順張りor逆張り)、エントリーポイントの判定基準の話

などが該当します。

②感情的価値

これは、その商品を使ったことで、どんなメリットが得られるか、イメージさせるものです。

具体的には、

・このFX商材を使った事で、毎月数十万円ずつ安定して利益が出せ、
今までコンビニ弁当だった昼食が、リッチなランチが食べられるようになった。

・この講師のセミナーを受講したことで、
今までアフィリエイト記事で商品のスペックばかり書いていたのが、
商品を使った感想を書く必要があることが分かり、
それを実践したことで、成約数、収入が、セミナー前の10倍に増えた。

などです。

③自己表現価値

これは、「あなただけの〇〇」、ブランディングです。
②の感情的価値と重なる部分が多いので、詳細は割愛します。


<感情的価値は、あって当たり前の時代>


アフィリエイト記事や、
日々のSNSの投稿(集客、販売用の投稿)で、

ポイントは、
今の時代は、付加価値、感情的価値の情報は、あって当たり前、と言う事です。

と言うのも、機能的価値だけを書いた広告、レビューは、
今の時代、あまりにも多すぎて、
目立たないし、読んでもうんざりするだけです。

例えば、セミナーのレビュー記事を書くのであれば、
このセミナーの講師は、
球体思考と言う考え方を、自分が下手くそなセミナー合宿に参加した時の体験談をまじえて話してくれる、

のような、講義の内容を書いて終わりではなく、

セミナーに参加したことで、他の参加者とつながりができた、
今でも定期的に参加者同士、直接会って、
ネットの情報だけでは得られない、質の高い情報交換ができるようになった、

のような、セミナーに参加したことで得られた、自分だけのベネフィットにも触れるのです。

感情的価値の記述を入れることで、
読者が本当に必要としている、知りたい情報が投稿内に含まれ、
好感度や、成約率が向上します。


<3つの投稿のタイプ>


次に、3つの投稿についての話です。

投稿には、大きく分けて、3つのタイプがあります。

①プロフィール投稿

これは、SNSやブログの、自己紹介記事、カバー写真などです。
他に、商材を使った体験談のような自分にしか書けない内容の投稿も、含まれます。

②レビュー投稿

これは、アフィリエイト記事です。
○○を使ってみて、こういう点がよかった、と言ったものです。

③Q&A投稿

これは、読者が想定する質問と、それに対する回答を並べたものです。
投稿の価値で言えば、機能的価値のみです。
 

続きを読む

2018/11/10

ネットビジネスもビジネスの一種!当たり前だけど……

「ネットビジネスも、ビジネスの一種」

タイトル見て
「そんなの当たり前じゃん」
と思われた方も多いと思います。

しかし、この当たり前が、
頭では理解したつもりでいても、

つい、それを忘れたかのような
実際の思考や言動、行動を取ってしまう人が、
実は大半です。



あなたには、以下の心当たりがないでしょうか?


●ネットビジネス商材をアフィリエイトする時に、
実際にその商材を手にしないで、
レビュー記事を書いたり、LINE@でアフィリエイトリンクだけ
流していませんか?

●数万円払えば、ノウハウやスキルを教えてくれる人や商材が目の前にあるのに、
わざわざ、そのサイトから遠ざかって、
無料で情報を手に入れようと、
いつまでも検索していませんか?

これらの行動は、
「ビジネスには初期投資が必要」と言う原則を忘れ、
「ネットビジネスなんだから(普通のビジネスと違うから)無料で始めよう」
と言う考えの現れです。


●相手の話を聞こうとせず、
一方的に自分のビジネスだけ売り込もうとしていませんか?

ビジネスは、双方向のコミュニケーションです。
自分のビジネスに興味を持ってほしいからこそ、
相手のビジネスの話も聞くのです。

相手のビジネスを話を聞くことで、
そこで売れなくても、
どういう考えや価値観を持った人がそのビジネスをやっているのか、
情報入手できるメリットがあります。

その情報を使って、
その人と同じビジネスをやっていて、
その人と同じビジネスをいまいちと感じている別の人に、
自分のビジネスを切り込むきっかけを掴めます。

(参考:「セールスされたくない人がネットビジネスで成功できない2つの理由」)
 

続きを読む

2018/11/07

ブラック労働と、ハンドメイドの叩き売り要求の密接な関係

「材料費180円だけだろうが」
「手間代に1000円も取るのか」
「500円で売れ」

これは、あるハンドメイドの制作者と、購入希望者のやり取りの一部です。

ハンドメイド制作者に対して、
このような、安値での叩き売りを要求する人が増えているそうです。

この話を聞いた時、私は、
ブラック労働に通じる話だな、と思いました。

要するに、
ハンドメイドの安値叩き売り要求も、
サービス残業当たり前のブラック労働も、

労働の価値を過小評価し、
対価を認めない、対価を払おうとしていない点で、
共通しているのです。


労働の価値って、本当にその程度しかないでしょうか?
私はそうは思いません。

ただ、世の中、
労働の価値を認めず、少しでも利益をむさぼり取ろうとする人と、

労働の価値をきちんと認め、
対価は率先して支払おうとする人と、

二極化しているように感じます。

あなたは、どちらの人ですか?

一点だけ、注意しておきたいことがあります。
1円でも安く買いたい、と言う消費行動は、
「少しでも利益をむさぼり取ろうとする」
行動になることです。

労働対価を認める人よりも、
労働対価を認めない人から買った方が、ものは安く買えます。

あなたが労働対価を認めない側にいたら、
あなたや、
あなたの周りの人が、

理不尽なブラック労働や、
ハンドメイドの叩き売りにあったとしても、
それは、あなたがそういう世界にいるから、必然とそうなるのです。

あなた自身が、しっかりと対価を払う世界に入り、
対価を支払う行動をとることが、
ブラック労働や、
安値叩き売りの被害から逃れる最大で唯一の方法です。
 

続きを読む

2018/11/06

会社辞めたくても辞められない…ブラック企業への対処方法

「会社辞めたいのに辞めさせてくれない」
ブラック企業の中でも悪質な、こんな会社が、
最近、急増しているそうです。

そもそも今の時代、SNSなどを通じて、
ブラック企業は、

「あそこでは働かない方がいい」
などとささやかれたり、

人件費をケチってギリギリの人数で、
「搾取」のレベルで従業員を働かせているため、
慢性的な人員不足です。

そこからさらに人が抜けると、いよいよ仕事が回らなくなるため、
あなたが辞めたくても辞めさせないように仕向けてくるのです。

辞めたいのに辞められない


<会社辞めさせない、悪質な手口>


会社を辞めたいのに辞めさせない、手口で、多いのが、
「あなたが辞めると困る」
と言って、あなたが退職の意思を翻すまで、
執拗に囲い込みで説得したり、
退職することが悪いことであるかのように洗脳するタイプです。

それでも意思が揺るがないと、
転職の妨害や懲戒解雇扱いにしたり、
損害賠償や、代わりの人を要求するケースも、中にはあります。

さらに悪質なケースでは、自宅まで押しかける場合も。


<労働者には辞める権利がある、会社には引き留める権利はない>


法的なことを言えば、
従業員には会社を辞める権利があります。

この場合、会社は、会社都合を理由に、
退職の意思を拒否することはできません。


しかし、今の時代、
ブラック企業から抜け出すには、
労働・退職に関する法律の知識を持っておかないと、危険な状況と言えます。

民法第627条第1項
「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する」



実は、民法のこの規定があるため、
従業員は、最短で2週間あれば、いつでも自由に会社を辞めてよいのです。

会社が本人の意思に反して退職を認めないことは、
憲法で保障する
「職業選択の自由」を奪うことになるため、
認められません。


ちなみに、ブラック企業であろうがなかろうが、
会社を辞める権利は、本人の都合のみで決めてよいので、
退職するために職場の環境が悪いことを証明する必要は有りません。

ただし、あなたの退職の意思を会社がつぶそうとしているのであれば、
証拠を集めた方が、色々な面で有利に働くでしょう。

あなたが会社のブラック企業ぶりの証拠を集めていることを知った会社が、
態度を急転させて、退職を認めることも考えられます。


<損害賠償金を払う義務はない>


会社を辞めるなら、賠償金を払え、と会社が脅してきたとしても、
あなたには、一切、支払いの義務は有りません。

労働基準法第16条
「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない」



仮に、就業契約に、半年以内に辞めたら賠償金を支払う、と言う規定があったとしても、
その規定自体が法律に違反した、無効な規定です。

従って、賠償金を払う義務は有りません。

反対に、会社には、あなたが働いた分の給料を支払う義務があります。
あなたが退職するなら、未払いの給料を払わない、と脅してきたとしても、
あなたには、未払い給料を請求する権利があります。


<会社辞めても懲戒解雇にはならない>


会社の引き留めに対して、
あなたが強引に退職した場合、
会社が、懲戒解雇の扱いにする場合があります。

懲戒解雇になれば、退職金はもらえず、
また、履歴書に書く義務が発生します。

しかし、自分の意思で退職しただけで懲戒解雇と言うのは、
権利の濫用であり、認められません。

もし、あなたの退職が懲戒解雇扱いされていた場合、
労働相談センターに連絡するなどして、
懲戒解雇を取り消してもらいましょう。

懲戒解雇は、世間一般では、
「よほど悪い事をしたんだな」と言う印象になります。
決して、無視しないようにしましょう。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ