2018/07/12

コミット法で高額商品を売るコツ

高額商品をガンガン売れたら、一気に収入が増え、
「月収100万円」と言う、
いっけん高く見えるハードルも、あっさりクリアできますよね。

ここでは、「コミット法」と言う、高額商品を販売する時に向いている手法・コツを書いていきます。


<そもそも「コミット法」とは何か?>


「コミット法」をご存じない方のために、簡単に説明しておくと、

ネット広告やブログ、SNSなどで集客し、販売(クロージング)は、リアル対面で行う手法です。

販売時に、相手と直接会うことがポイントです。
ですから、ネットだけでビジネスしたい方や、ネットだけでできることを前面に出したビジネスコンテンツの販売には、
いくら高額であっても、向いていないことは、あらかじめ押さえておきたいところです。


<「高額商品」の定義は何か?>


いくら以上の商品が「高額商品」か、ですが、これは人によって感じ方が変わってきます。
10万円以上が高額と言う人もいれば、30万円以上が高額と言う人もいます。

明確な金額の定義はありませんが、
・恋愛コンサルタントや、
・手相や占星術的スピリチュアル系の人生相談など、

一般的には、その場ですぐ買わず、
少し考えてから買うような商品が該当します。


<高額商品の買い方は、日用品とは全く異なる>


高額商品を売る時に、いちばん気を付けなければならないのが、
消費者の購買行動、商品を選ぶ基準が、低額商品(日用品)とは、全く異なることです。


これを知らずに、スーパーの商品を売る感覚で高額商品を売ろうとしても、全く売れないので注意が必要です。

低額商品、日用品は、ものがよければ売れます。
一方、高額商品は、商品自体よりも「誰から買うか」が強く意識されます。

つまり、いくらいい商品であったとしても、売っている人が信用できなければ、買ってもらえないのです。


<見た目で8割、売れるかどうかが決まる>


高額商品を対面で売るなら、売り手の外見、見た目で、8割、売れるかどうか決まってきます。

「外見で人を判断するな、人でものを判断するな」
と、子供の頃から、さんざん言われてきたと思いますが、
それでも、見た目で人を判断するのです。

高額商品になればなるほど、ある種の反道徳的な基準で、人は選んでいることになります。
(「人はネットビジネス商品を、反道徳的な基準で選ぶ」も参照)

しかし、選考基準は反道徳的であっても、道徳的な人の方が、買ってもらいやすいのも明らかです。


<愛ある情報伝達が売上に直結する>


高額商品は、商品自体よりも人で判断されます。
ですから、商品自体は、あまりに悪くない限り、売り上げには影響しません。

売り上げに直結するのは、事前の情報伝達のしかたです。
と言うのも、ネット集客してから対面販売ですから、
対面販売までもっていく、ネット集客の段階で、直接会ってもいいと思わせることが重要になってきます。

プロフィールの写真、言葉づかい、文章の書き方、これらすべてを徹底的に意識する必要があります。

ポイントは、たとえ実績のない初心者だったとしても、プロの顔をすることです。
人は、権威性に弱いので、権威性を作り出すことが売れるコツです。

また、「ネットビジネスしています」のような、ばく然としたプロフィールよりも、
「アフィリエイトのコンサルしています」「恋愛コンサルしています」
と言った、
具体的なプロフィールにした方が、買い手に、何をやっている人か、伝わりやすいです。


<高額商品を売る時に必要なマインド>


高額商品は、誰でも売ることができます。

自分はできる、とポジティブに考えて行動することがポイントです。
人は、ポジティブな感情の時しか買わないので、ポジティブな感情で接する事が大切です。

あなたがネガティブだと、それが相手に伝わって、
相手もネガティブな感情になってしまいます。

「自分にも売れるのだろうか」と言った気持ちを断ち切ることが必要です。

また、ビジネスは価値の提供です。決して、自分都合で発言や行動してはいけません。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2018/07/11

ビジネスで失敗しないお金の使い方

ビジネスで成功しようと思ったら、お金について正しい知識を持つことは絶対に必要です。
その上で、正しいお金の使い方をして、初めてビジネスがうまくいきます。

お金を稼ごうとする人が、お金の勉強もしないのは、
海外旅行に行きたいのに英語の勉強をしないのと同じくらい、奇妙な話です。


<お金の本質とは>


まず、お金とは本質的にどういうものなのか、説明します。

過去記事、「 お金について真剣に考えてみた 」でもお金の話をしましたが、
今回は、さらに掘り下げます。

①、お金はエネルギーである

まず、お金はエネルギーである、と言うことです。
紙幣や硬貨は、いずれも、エネルギーであるお金を目に見える形で表したものにすぎません。

エネルギーですから、絶えず動かし続けるのが健全です。
川の流れがきれいでも、その川から水をくんで放置すると、水が腐ってくるように、

お金も、1ヶ所に貯めて動かさないままだと、不健全な存在へと変わっていきます。

たえずお金を回し続ける人のところに、お金は集まってきます。

②、お金はきれいなものでも汚いものでもない

日本人には、お金に対して汚いイメージを持つ人が多いですが、
お金自体は中立で、
きれいなものでも、汚いものでもありません。

むしろ、お金は交換ツールで、価値を提供した、対価として受け取るものです。

お金がきれい、お金が汚いと言うのは、
そういう言葉を発する人の心がきれいか、汚いか、を表しています。

即ち、心がきれいな人は「お金はきれい」と言い、
心が汚い人は「お金は汚い」と言っているのです。

③、幼少期のトラウマ、お金との思い出が、お金に対するイメージを決める

その人のお金に対するイメージは、大抵、幼少期に体験で決まってきます。

例えば、幼少時代に父親が仕事でほとんど家庭をかえりみず、
母親や祖母が、家庭内で父親の働き方に対する不満をもらしていた場合、
子供は、お金(や仕事)に対して、マイナスのイメージを持つことがあります。

ほとんどの場合、
その人のお金に対するイメージは、潜在意識レベルで決まってきます。

なかなかお金が稼げない人は、幼少期の体験が原因で、
無意識にお金を遠ざけているのです。



<お金持ちになる3つのルール>


①お金に対して罪悪感を持たない

当たり前の話ですが、お金に対して罪悪感があると、無意識のうちにお金を遠ざけてしまいます。
どうしてもお金持ちになれない、お金が稼げない人は、
潜在意識レベルにある、お金に対するイメージを書き換える必要があります。

潜在意識の書き換え方については、
潜在意識を書き換えてお金を圧倒的に引き寄せる法則とは! 」で説明していますので、
そちらをお読み下さい。

②自分の年収は、自分で決める

自分がパッと思い描く年収が、自分が快適に感じる年収です。
この年収は、潜在意識レベルに刷り込まれているため、達成するのはそれほど難しくありません。

一歩で、ばく然と「年収1000万円」を唱えても、
自分にとっての根拠がないと、達成するのは困難です。

③スキルに自己投資せよ!

稼ぎたいと言いながら、これをしない人が本当に多いですが、
本気で稼ぎたいなら、ビジネススキルに対して、数千円、数万円で済むレベルの投資は、
迷わず積極的にした方がいいです。

もちろん、本気で学びたい人は、数十万円レベルや、1件で100万円以上するコンサルにも、
積極的に投資しています。

お金はエネルギーで、お金を動かす人のところに集まる性質があるため、
自己投資できない人のところには集まらない(すなわち、稼げない)のです。


<行動できる自分になれる、魔法のワーク>


行動できない人が行動するには、
何か、めちゃくちゃ強い動機、理由が必要です。

そのための、魔法のワークを、簡単に紹介します。

それは、30分間、自分の動機を200個書くことです。
ポイントは、
パッと思い付いたことはすべて書くこと、
手を休めずに書き続けることです。



<学校では教えてくれない、お金の使い方>


学校では、詐欺に遭わないよう気を付けましょう、と言う教育はなされても、
お金の原理原則にもとづいた、支払の法則や、稼ぎ方の話は、一切教えてくれません。

例えば、返金保証のない話には注意しましょう、とは教わっても、
返金保証がついたスクールには、質の低い人が集まりやすいが、
返金保証のついてないスクールには、質の高い、稼ぎたい意欲の強い人が集まる、
と言った話は、一切教わりません。


・返金保証なし
・権利収入
・海外の案件
・みちょぱ

これらのキーワードは、学校や消費者庁は、詐欺に気を付けろキーワードとして教えますが、
実は、質の高い稼げる案件の集まっているキーワードでもあります。

これらキーワードに手を出して稼げないとか騙されたと言う人は、
そもそも稼げる思考回路をしていない可能性が高いです。

(参考:「 稼げるマインドと稼げないマインドの驚くべき違い 」)

ビジネスで成功するために大切なお金の使い方は、

・投資やメンターに、まずお金を使う先払いの原則
つまり、お金が出来たらコンサル教わります、ではなく、
お金を稼ぐために、まずコンサルを先に教わる
、この考え方が必要です。

また、段階の世代や、その両親の世代の考え方である、
大企業は安定とか、
同じ会社に定年まで勤めるとか、
そんな考え方をしていたら、10年後には生活できなくなります。

それが、今の日本の現状です。
ですから、スキルへの自己投資は、絶対に必要な時代です。
 

続きを読む

2018/07/10

潜在意識を書き換えてお金を圧倒的に引き寄せる法則とは!

ビジネスで成功するには、

①心理学(潜在意識、マインド)
②集客・営業・販売といった、マーケティングのノウハウとスキル


の2つが、ともにそろっている必要があります。
しかも、ざっくり言って、

マインド7割、スキル3割

で、マインドの方が重要性が高いのです。
ですから、いくらノウハウやスキルを身に着けても、マインドが備わっていないと、まったく稼ぐことができないのです。

ここでは、潜在意識を味方につけて、ビジネスで圧倒的に成功する法則を説明していきます。


<脳の構造に基づいた「引き寄せの法則」とは?>


「引き寄せの法則」はご存知でしょうか?
自分が思ったこと、イメージしたことが現実になる一方、
イメージできないことはかなわない、などと言われている、あの法則です。

しかしこれには、落とし穴があります。
それは、脳は、一度に1つのことしかフォーカスできない、というものです。

例えば、あなたがビジネスで成功しようと思っていても、
・おなかがすいた
と思いながらネットサーフィンしていたら、食べ物のバナー広告は目にとまっても、
ビジネスで成功するための方法が書かれた記事の内容は、覚えていないのです。

このような心理状態のときに、いくら成功の法則を読んでも、
成功のイメージを引き寄せることはできないのです。


<結果が出る人と出ない人のちがい>


それでは、次の質問をします。
ビジネスで、すぐ結果が出る人と、いつまでたっても結果が出ない人のちがいは、何が原因でしょうか?

多くの人は、ここで、
・行動しているか、行動していないか
・決断力、スピードがあるか
・成功者に言われたことを素直に聞いて実行しているか
・惜しまず自己投資しているか

などを理由にあげます。あなたも、そうかもしれません。

しかし、これらの理由は、ほんの表面的なものにすぎないのです。
いちばん重要なのは、
・記憶しているか、記憶していないか
なのです。

例えば、あなたが、自分の目標として、年収1000万円の自己イメージを持ったとして、
いつも、このイメージを持っているでしょうか?

多くの人は、残念ながら、目標とする自己イメージを、すぐ忘れてしまいます。
しかし一方で、成功している人は、例えば歯を磨いている間も、
ビジネスで成功することを考えています。

結果が出るのが早い人は、目標のイメージを思い返す回数が、多い人です。
誰でもできる、イメージを思い返す回数を増やす、いい方法があります。

それは、アウトプットする回数を増やすことです。
アウトプットを増やすことで、記憶が定着し、成功のイメージを思い返す回数も自動的に増えていきます。

このアウトプットとは、例えば、セミナーで聞いた話の内容を、
Facebookに投稿してみるとか、
よく似た他人の投稿にコメントを返す、と言った、些細な行動です。

このような小さな行動の積み重ねが、大きな結果のちがいになって現れるのです。


<潜在意識を活用する5つのポイント>


①そもそも、潜在意識とは何か?

潜在意識は、無意識ともいいます。
人の意識は、自分が自覚できる意識と、自分が自覚できない意識に大別されます。

このうちの、自分が自覚できない意識が潜在意識です。

人の意識の95%は、潜在意識によって占められると言われています。
そして、人の行動のほとんどは、潜在意識によって支配されています。

あなたの潜在意識は、単にあなたが思い出せないだけで、
あなたの過去から現在までのすべての経験を記憶しています。

②潜在意識の、知られざる本当の仕組み

このような恐ろしいほどの記憶力のある潜在意識ですが、その使命はたった1つです。
それは、その人の命を守る。

たったこれだけです。

しかし、そこには、変化を恐れ、あなたを今まで通りの状態に保つ、現状維持機能が備わっています。
この現状維持機能があるため、
例えば、あなたの現状が年収300万円だったとすると、
年収300万円の自分のイメージが、あなたの中にでき上がっています。

このイメージがある限り、あなたが年収1000万円を目標にしても、決して成功することはないのです。
なぜなら、年収300万円が年収1000万円にかわることは、
あなたの環境が変化することになり、
現状維持できなくなるからです。

しかし、潜在意識の中にあるあなたのイメージを、年収1000万円にかえることができれば、
勝手に年収1000万円は実現できてしまう
のです。

なぜなら、人は、無意識の中にあるセルフイメージと100%一致した方向にしか進めないからです。

③全くのゼロから、たった1年で年収を10倍にする方法

今から紹介する方法は、
日本一のトップマーケッターである、神田昌典さんという方も実践した方法です。

それは、
夢や目標を紙に書く
というものです。

たったそれだけ?
と思われるかもしれません。

しかし、イエール大学の調査結果では、夢や目標をいつも紙に書いた人と、そうでない人で、
20年後の年収に、20倍の開きがあった、というデータも出ています。

それでも、この方法をすでに実践しているが、いつまでたっても結果が出ない人もいます。
そういう人は、紙に書く時の書き方がまちがっているからです。

正しい書き方は、
・できるかどうかは考えずに書く
・思いついたら、あれこれ考えずにすぐ書く

です。

例えば、

・目標年収600万円
(パッと出てきた数字が600万円であるなら、そこで1000万円と書いてはいけないのです)

・FXやブログで、リアル営業しないで達成したい
(FXは投資じゃん、というツッコミは、無しです)

・六本木はちょっと違うかな、品川か大崎に引っ越す
(東京、のような漠然としたイメージしかないなら別ですが、具体的なイメージが出てくるなら、なるべく細かく書きます)

・2020年までに東京で大地震起きるので、それより後に引っ越す
(そういうイメージがあるなら、書いてしまっていいのです)

このように、あれこれ考えずに書いていきます。
 

続きを読む

2018/07/05

人はネットビジネス商品を、反道徳的な基準で選ぶ

「人を見た目で判断してはいけない」
 
子供の頃から、このように、学校で繰り返し教わったはずです。

ところが、ネットビジネスのノウハウ商材やコンサルコース、ビジネス塾を売る時には、
買い手に対して、この道徳的な価値観を期待してはいけないのです。


<ビジネス商材は、コンテンツよりも人で選ばれる>


あなたは、いい商品を作ったり、
いい商品をアフィリエイトすれば売れると思っているかもしれません。

残念ながら、そうではないのです。

私のような例外も中にはいますが、多くの人は、
ネットビジネスの商材は、コンテンツの中身よりも、売ったりアフィリエイトしている人を見て、
価値を判断し、買う買わないを決めているのです。


これは見た目で、あなたや、あなたの扱っている商品を判断したことになり、
道徳的に反した行動です。


ですから、あなたが、
「世の中の多くの人は、何て失礼な考え方をしているんだ!」
と憤る気持ちは、よく理解できます。

しかし、あなたが道徳教育ではなく、ビジネスをしたいのであれば、
多くの人が持つ、買う買わないの判断基準で、「あなたから買いたい」と思わせるより他ないのです。


<初心者より成功者から、買いたいと思われる>


人は、自分が失敗するのを避け、確実性を求めようとします。
ビジネス商品を買ったりコンサルを受ける時も、
確実に稼げる方法を求めます。

あなたが初心者であれば、多くの人は、あなたから買いたいと思わないでしょう。
一方で、あなたが既に成功しているのであれば、あなたの言う通りにすれば稼げると、多くの人は判断し、
あなたから買いたいと思うでしょう。

それでは、あなたがまだ多くの実績を出していないのであれば、
多くの人は成功者に流れ、あなたが扱う商品は見向きもされないのでしょうか?

実は、決してそんな事はないのです。


<初心者か成功者かは、見た目で判断される>


ビジネス商品を買う時、多くの人は、見た目で判断すると書きました。
と言うことは、あなたが初心者か成功者かの判断も、

あなたの実績ではなく、見た目であなたを判断すると言うことでもあります。

つまり、あなたがまだ1円も稼いだことのない初心者だったとしても、
見た目が成功者であれば、多くの人は、あなたからビジネス商品(アフィリエイト含む)を買うのです。


ここであなたは、自分がまだ大した実績も出していないのに、
一流の成功者のように振る舞うことに対して、
ためらいの気持ちを感じたかもしれません。

しかしよく考えてみてください。
そのためらいの気持ちは、どこから来るのでしょう。何が原因でしょう。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
・自分が行っているビジネスの紹介
・ビジネスをする上で気を付けたいこと
・日常生活での気付き
 
など、随時アップしていきます。
 
連絡先・おすすめもチェックしてみてください。