FC2ブログ
2018/07/31

TwitterがFacebookよりネットビジネスに向いている理由

最近、学ぶ意識の高い、収入も月収数百万円~1000万円以上の、
ハイレベルなネットビジネス層を中心に、
Facebookを退会したり、
メインのSNSをFacebookからTwitterにシフトする動きが出ています。

その理由として、

・Facebookは、似た者同士のなれ合い集団になっていて、進歩できない
・レベルの低い人のFacebookを回っていいね!やコメントする時間の無駄
・Twitterは、異なるレベルの人の率直な意見に触れ、学びの機会が多い


を挙げています。

実は、TwitterがFacebookより異なる意見に触れやすいのは、
利用者の意識だけの問題ではないのです。

SNSの仕組み上、本質的に、Twitterの方が、Facebookよりも学びの場として活用しやすいのです。
その理由を、これから説明します。

Twitter-Facebook.jpg


<相互の友達承認が必要なFacebook>


Facebookは、自分が興味を持った人がいた場合、
その人に友達リクエストを送信します。

リクエストを受け取った側が承認して、初めてつながりができます。

この承認と言うプロセスが、実に厄介です。
これがあるため、自分がいいと思った人がいても、その人が自分を受け入れなければ、
Facebookでは、つながりが持てないのです。

友達承認がネックとなり、どうしても、似た者同士のなれ合う集まりになりやすいのです。

他に、ユーザの年齢層が高いのも、逆風です。
ネットビジネスでは、年齢が若い人ほど、スマートな行動ができ、
年齢が上がるにつれて、過去の経験に固執して行動が鈍る傾向があります。

そのような人たちのなれ合いなので、進歩が生まれにくいのです。


<Twitterは、一方的に情報を受け取れる>


一方、Twitterは、
相手の承認とは無関係に、気に入ったアカウントをフォローできます。

一方向の情報発信と受信ができるTwitterは、
自分と異なるレベルの人の意見に触れやすいのです。

意識して、レベルの高い情報を発信するアカウントをフォローすることで、
自然とレベルの高い情報のシャワーを浴び、自分のレベルも向上できます。

Facebookのように、自分の発信を相手に見てもらうために、
いいね!や返信を書き込む必要もありません。

この手軽さと、自己啓発しやすさから、
意識高い、学ぶ意欲高い系のビジネスユーザが、
FacebookからTwitterへと、シフトしているのです。
 
スポンサーサイト

続きを読む

2018/07/30

本当は稼ぎたくないんでしょ?

「あの商材は稼げない」
「あのセミナー講師は詐欺だ」

こんな言葉を口にしているあなた、本当は稼ぎたくないんでしょ?
会社の給料があれば十分。 自由な時間も、さらなる収入も、本当は必要ない、
今のままがいいんでしょ?
 
別に、無理して強がる必要なんか、ないよ。
今のままがいいなら、何もしなければいいだけ。
 
だまって、会社でいいように使われて、給料を自宅に持ち帰っていればいいだけ。
別に、こっちだって、その生活を非難するつもりなんか、全くないから。

稼ぎたくないなら、稼ぎたくない、と、正直に言えばいい。

あれは詐欺とか、
あのビジネスは稼げないとか、
行動しないことを正当化する必要なんか、全くない。
 
 
「あれは、詐欺だよ」
「あの商材使えば、稼げるかもしれないね」
 
だったら、何で口で言ってるだけで、行動しないの?
稼ぎたくないからでしょ?
 
それとも……、
ああ、分かった。

あなたは、ネットビジネスの商材やセミナーの、議論をするのが好きなんだ。
あれはホンモノとか、
これは詐欺とか。

そういう議論をするのが好き。
でも、実際にビジネスしたいとは思ってないし、稼ぎたいとも思っていない。
 
だから、口ではえらそうな事言ってるけど、
行動はまったくゼロ、何もしないんでしょ?

いいよ、別に。
稼ぐのはいやだけど、商材やセミナーの議論をするのは好き。
 
悪い趣味じゃないよ、別に。


ただね、本気で稼ぎたい人が迷惑するから、
これだけは、はっきり言って。

「私は、ビジネス商材やセミナー、講師の評価、議論をするのが趣味です」

そして、ブログのプロフィールには、
「このブログは、ネットビジネスの評価が趣味な○○が書いてます」
と、はっきり書いて。
 

続きを読む

2018/07/29

不可抗力の事故で収入ゼロになるビジネスコンサルと、その対策

ネットビジネスの業界では、アフィリエイトや物販で稼いだら、
次は、リアルセミナーでそのノウハウを教えて稼ぐことが、定番のように言われています。

しかし、これら講師業やビジネスコンサルは、自分が動いて初めて収入が発生します。

万一、病気や事故で動けなくなったら、その瞬間から、収入はゼロです。
(「突然の病気、事故……権利収入は保険よりも強い味方となる」も、参照してください)

ハークレ事故

<不可抗力の事故もある>


稼いでいるビジネスコンサルは、「意識高い系」に属します。
これら意識高い系の人は、えてして、自分が気を付ければ、事故や病気はすべて防げる、と言う思考回路に陥りがちです。

そして、保険をかけることを嫌う傾向が強いです。

しかし、事故は、自分が気を付けていても、巻き込まれることがあるのです。
たとえば、いくら自分が安全運転を心がけたとしても、
高速道路上には、一定数の、
煽り運転、暴走運転をする輩がいます。

これらの車が起こす事故に巻き込まれたら、いくら自分が注意しても、
ケガで動けなくなってしまうリスクは、常に存在するのです。

(そもそも、安全運転って、何?
たとえば、制限速度が時速100kmだからと言って、
時速120kmの流れのなかで、追い越し車線を時速100kmで走るのは、安全運転とは言えませんよね?)

では、電車ならいいかと言うと、
電車に乗ると言うのは、安全に関しては、運転士に依存していることになります。
自分で自分の安全を守れないのです。


<常にリスク管理は必要>


このように、高度に仕組み化された現代社会においては、
自分のすべてを24時間、ずっと自分で管理することは不可能です。

そうである以上、不可抗力の事故のリスクは、必ずつきまといます。

大事なのは、不可抗力の事故に巻き込まれることはある、と言う前提に立って、
事故で動けなくなっても収入が止まらないよう、先回りして手を打つことです。

 

続きを読む

2018/07/27

あなたは、必ず「無能な上司」になる! 理由と対策

あなたの会社に、無能な上司はいますか?

恐らく、100人が100人とも、この質問には「イエス」で回答すると思います。
と言うのも、ピラミッド型の組織構造と、会社の昇進制度が、
本質的に、無能な上司であふれ返るような設計になっているからです。


会社のピラミッド構造

会社の組織を図で表すと、大まかにいって、上のようになります。
(実際には、課長と一般の間に係長がいる、一般の下にアルバイトがいるなどありますが、そこは本質的な問題ではありません)

・上の立場ほど、人数は少ない
・下から上へ、順番に昇進する
・降格は、原則ない


このような組織では、会社であれ、公務員であれ、
無能な上司であふれ返るのが必然です。

なぜか?


……Aさんが、平社員で入社したとします。Aさんは、一般としては有能でした。
そこで、会社は、Aさんを課長に昇進させます。

しかし、Aさんは、平社員としては有能でも、課長としては無能でした。
この場合、Aさんは、無能な課長として定年まで勤めることになります。

Bさんは、平社員として有能で、課長でも力を発揮しました。
そこで部長に昇進しましたが、部長の仕事を果たすだけの能力はありませんでした。

Bさんは、無能な部長として、定年まで勤めることになります……。


無能な上司があふれ返る理由は、これで、大体イメージがついたかと思います。
有能な社員は、有能と言われる立場にい続けることができず、上のステージに、否応なしに引き上げられるのです。

そのステージの職責を果たすだけの能力がなかったとしても、
能力を発揮できるステージへの降格はなく、かと言って、さらなる昇格もなく、
無能なステージに固定されます。

はっきり言って、すべての社員は、
最終的には、どこかのステージで、必ず「無能な社員」となって、定年を迎えることになります。

「有能な社員」とは、
「まだ無能扱いされていない社員」であって、
彼も、ステージが変われば、どこかで「無能な社員」へと変わるのです。


そう、会社に無能な上司が多いのは、構造上の必然であるばかりでなく、
あなたも、いずれは、必ず「無能な上司」「無能な社員」になることが、
運命づけられているのです。

 

続きを読む

2018/07/26

リサーチ、コピーライティングより重要な、稼ぎ方の根本

ネットビジネスで稼げる人と稼げない人のちがい、どこにあるでしょうか?

マーケティングやコピーライティングの上手下手でしょうか?
いや、それ以前の、もっと抜本的な考え方のちがいが、稼げる人と稼げない人のちがいです。

これから書くのは、大成信一朗さんと言う、
その人のスキルや手法に見合ったオーダーメイドなノウハウを提供し、
教え子を稼がせている実績で有名なビジネス講師が語る、
稼げる人と稼げない人の、抜本的なちがいの話です。



<自分は完璧、という意識を捨てられるか>


究極を言ってしまえば、
「無知の知」を理解しているか、です。

多くの人は、口では謙虚なことを言っても、
心の中では「自分は完璧だ!自分は絶対に正しい!」と思っています。

その感情が邪魔をして、批判を恐れ、アウトプットができていません。
何か書けば、必ず、それを批判する人が出てきます。

ポジティブ、共感される感情だけ受け取ることは無理で、
ポジティブな印象を与えた分だけ、ネガティブな印象も与えます。

しかも、ファンは、表立ってコメントしませんが、アンチはアンチのコメントをしてきます。
それを恐れてはいけないのです。

アンチのコメントが来るなら、そのコメントに共感するファンが、その裏に必ずいます。
もっと言えば、アンチも一種のファンです。
だって、わざわざ投稿読んで、コメントまでしてくるのだからね。

衝突を恐れ、差しさわりのないことだけ書くから、響かないのです。


<万人にとっての正解は、ない>


さらに言うと、
ビジネスの投稿には、万人にとっての正解など、ありません。

年収1億円稼ぐ人にとっての正解は、年収10億円稼ぐ人にとっては不正解です。

いくら稼ぎたいのか。
単に稼げればいいのか、それとも自由な時間も両立させたいのか。
それによって、正解は変わってきます。

ダメな人は、何が正解か、ずっと考えています。考えているだけで行動ができていません。

できる人は、正解かどうかは考えず、すぐアウトプットして行動に移します。


<批判する人の本音>


あなたの投稿を批判する人と言うのは、自分は完璧と思っています。
だから、批判しても、批判されることは、非常に恐れています。

あなたは、否定されることを恐れてはいけません。
あなたを否定する人がいたとしても、
その人は、あなたが書いたその投稿を否定しただけで、あなたそのものを否定したわけではありません。

また、投稿の内容を否定したのは、その人たった1人だけで、他の人は、誰もあなたの投稿を否定していないし、
あなた自身を否定した人は、誰もいません。

投稿は、Facebookのような大勢が見ている場所であっても、
全体に向けてではなく、誰か特定の1人に向けて書くべきです。

全体の平均を取ろうとすると、誰にも響かない投稿になってしまいます。
批判をおそれると、批判されない代わりに共感もされなくなってしまうのです。


<マーケティングは、ツール>


マーケティングは、売るために絶対に必要でしょうか?
実は、そうではないのです。

「ところで、170万円のこの商品、買う?」
「買う」

大成さんは、たったこれだけのやり取りで、成約させた事があるそうです。
このやりとりの中に、マーケティングの手法はあるでしょうか?

ないですよね。

マーケティングは、稲を刈り取る機械のようなものです。
ですから、稲のないところでいくら機械を動かしても、何も刈り取れないのです。

ただ、手で刈り取るより、機械で刈り取った方が、効率的。
マーケティングとは、そのような存在なのです。



<大成信一朗さんに教わって稼げる人と稼げない人のちがいとは?>


はっきり言えば、あなた次第です。

これまでにまいた種がある人が、大成さんにマーケティングと言う機械を教わったから、刈り取れた。
稼げる人は、そういう人です。

まいた種がない人は、稼げません。
しかし、大成さんの教えである無償奉仕を実行したことで、種まきが終わりました。
その人が、次に別のビジネス塾に入って、無償奉仕を実行して、そこの先生に好かれ、
特別に教えてもらって稼げたのであれば、

その人は、
「大成信一朗のビジネス塾は稼げなかった。このビジネス塾なら稼げる」
と思うことでしょう。

実際には、大成さんの教えが基礎にあって、その上で次のビジネス塾のタイミングで稼げたにすぎないのですが。

早い話が、その人にとって、稼ぐタイミングだったかどうか。
大成さんのビジネス塾であれ、他のビジネス塾であれ、
稼げる人と稼げない人のちがいは、たったのそれだけです。



<QUESTフォーミュラにも、マーケティングにも、価値はない>


稼ぐスキルと言われている、
QUESTフォーミュラにも、マーケティングにも、実は、何の価値もありません。

価値があるのは、あなた自身の存在です。
「こうあるべき」と言うものは、ありません。

ただし、自分自身の価値を分かっている人は、非常に強いです。
まず自分を見ることが、大事です。

「資格のある自分」
いやいや、資格は資格。自分は自分。
資格がなくても、自分は自分。

自分が分からないから、マーケティングに頼ろうとしてしまうのです。
これが、稼げない人の特徴です。


<あなたはいくら稼ぎたい? その理由は?>


それでは、質問です。
あなたはいくら稼ぎたいですか?

ここで大事なのは、
なぜ、その金額を稼ぐ必要があるのか?
です。

みんな、お金がないところばかり見ています。
本当にお金ないの?

例えば、お金がない、と言いながら、3年間、今のままの生活をずっと続けた人がいます。
その人は、稼げなくても、3年間生活するだけのお金があったわけです。

どんなに傷つこうが、今の自分を投げ捨ててでも、
欲しいのはいくらですか?

本当に必要なのは、稼ぎたい金額のうち、どこまでですか?


ここが曖昧だと、曖昧な結果しか返ってきません。

仮に稼げなかったとしても、俺(大成さん)が雇っている社員の給料は、周りのものを売り払ってでも出す。
ボロボロになって、周りから批判されても、
破産しようが、
給料分だけは絶対に手にする。

このくらいの覚悟があるから、大成さんは稼げているわけです。
 

続きを読む

2018/07/25

仮想通貨の証拠金維持率4倍以内で投資家保護、の大ウソ

仮想通貨で、レバレッジをかけた証拠金取引について、
現在、レバレッジの上限は無制限ですが、
業界の自主ルール(と言っても、金融庁の圧力があった事は言うまでもなかろう)で、
レバレッジを4倍以内にする方針が発表されました。

報道では、仮想通貨の価格急変動で、投資家が多額の損失を被るのを防ぐ狙い、とありますが、
金融関係では、この手のペテン(大ウソ)がまかなり通っているので、
額面通り受け止めて、騙されないで下さい。

過去記事
レバレッジ25倍から10倍に!FXは海外口座がますます優位に!
でも触れましたが、

最大レバレッジの引き下げは、
・同じ通貨量の取引に必要な証拠金が増加する。
・追証ありの場合、証拠金維持率を基準に追証発生を決めることから、追証が発生しやすくなる。

と言う問題が発生。
保護されるのは、投資家ではなく、むしろ、金融機関の方です。

(※FXに関しては、国内業者が反発し、一律のレバレッジ引き下げは断念したと、2018年5月に報道がありました。
しかし、その理由について、
最大レバレッジを引き下げれば、ますます海外業者に対抗できなくなる、
と言う、当たり前の部分については、報道では一切触れていません)

本当の意味で投資家を保護するなら、
・相対取引(金融業者による呑み行為が起きやすい)の禁止
・追証なしのゼロカットシステム導入の義務化

むしろ、こうした規制をかけるべきですが、金融庁は、これらについては全く規制をかける気がありません。

投資家を保護するように見せかけて、金融機関を儲けさせる

これが、国内金融関係でまかなり通っているペテンの正体です。

これに対抗するには、私たち1人1人が、
正しい金融の知識を持ち、金融リテラシーを向上させる以外には、ありません。

 

続きを読む

2018/07/24

World Ventures review - Is it great opportunity or scam?

Is World Ventures a scam? It seems NO.


WorldVenturesReview.jpg

There are a lot of opinions whether great opportunity or just scam about World Ventures.

It may seem that this business model like a pyramid scheme, but their network marketing model is the same as Amway or Avon.

World Ventures provides you FIVE STARS class trips on TWO STARS price.
As they give you their value, It NEVER be scam.


Why are there memberships living in non-opened countries?


If you have used World VEntures trips, you may notice a strange fact about nationality of other memberships.

Some people say Japan, some people say Korea.
There are no local corporations in both countries.

WHY?

Some people claim this is the reason World Ventures is illegal.
But, there are legal sign up ways on internet.

For example, there is a popular agent in Hong Kong, a great many Asian people sign up via them.
If you use their contents, you can make a lot of Asian people be your down of World Ventures' MLM, not only domestic.

旅するカフカ英語1000ドル

This is the contents.
*All people around the world can sign up from here.
*Only the memberships of "Travelling Kafka" are allowed using this form.

In generally, Multi-Level Marketing Companies hold memberships in pre-opened countries via international introduction previously.
If memberships increase in that country enough, then the local corporation is opened.


What is World Ventures?


If you don’t have a representative who can explain this well, I am sure that you’ll be confused about what World Ventures and DreamTrips is about.

There is too much jumbo in World Ventures that you’d probably be intimidated by.

DreamTrips is simply a Travel Club Membership offered by World Ventures.

more information here

How much you can earn with World Ventures?


Before it, the cost you pay.

If you hope not just a user, but become a business membership, you must sign up for business representative.

In this case,
you pay
*$400 for Registration fee (only the first month)
*$125 for Monthly dues (every month)

You get 4 new memberships, however, monthly dues are decreased to only $25 (just administrative fee).

Oh, about income!

You get $50 for every personally enrolled.
If you get 4 or more personally enrolled and keep 4 your active representative, you become QR title holder.

QR title holders earn not just their own work, but also get the bonus from binary.

This is the fascination only MLM holds.
Superior title you get, you earn more income.

more information here

続きを読む

2018/07/23

ビジネス勧誘を、ウソをついて断ってはいけない理由

ネットビジネス関係の情報発信していると、
TwitterのDMや、
Facebookのメッセンジャーで、

「○○しませんか?」
の勧誘メッセージがたくさん届きます。

ここで、もし、あなた自身もネットビジネスをされているのであれば、
ウソをついて断るのは、絶対にやめた方がいいです。
 


<ウソをついている事は、相手にバレる>


ウソの種類にもよりますが、
「ネットビジネスに興味ない」
などの見え見えのウソは、相手にすぐバレます。

勧誘を断るなら、正直に、
「今は別のビジネスに力を入れているので、新規ビジネスに手を出すつもりはない」
と断った方が、圧倒的にいいのです。

理由は、
たかが断り、
ではないからです。


<メッセージを返信した時点で、相手に興味を持たれる>


大抵の場合、勧誘のメッセージはスルーされます。
ですから、たとえ断りの連絡であったとしても、
返信した時点で、あなたは、相手から見て「印象に残る人」に入ります。

ウソをついてはいけない理由は、まさに、ここです。

正直に断れば、今度は反対に、最初に勧誘メッセージを送信した人が、
あなたのビジネスに興味を持つことだってあるのです。

大事な話ですが、メッセンジャーやDMで大量にメッセージ送信している人は、まず、稼げていません。
そして、もっと効率的に稼げる方法があるなら、それを教えて欲しいと思っています。


ここで、あなたが「嘘つき」と認識されてしまったら、どうでしょう。
たとえあなたがどんなにいいコンテンツを持っていたり、
アフィリエイトしていたとしても、
その人が、あなたから買う事は、決してないでしょう。

人は、ウソつきからは、決して、ものを買おうとしないのです。

反対に、あなたが正直ベースで丁寧に断り、
もっと効率的な稼ぎ方を教えていると返したら、

すぐに、とはいかなくても、
その人の中で、あなたは、確実に印象に残っています。

もしかしたら、突然、その人から連絡がきたり、
その人が、あなたのアフィリエイトリンクからコンテンツを買っていた、と言うことだって、起こり得るのです。


ですから、ビジネス勧誘に対して返信するのであれば、
断るとしても、
断りのメッセージは、イコール、相手に対して、自分のコンテンツの広告になると思ってください。
そのつもりで返してください。

 

続きを読む

2018/07/19

Twitterが「旅するカフカ」を安全でないリンクに! 今後の対策

本日(2018年7月19日)朝、
「旅するカフカ」のLPのURL(自分専用)を貼りつけたツイートをTwitter上に投稿しようとしたところ、
エラーメッセージが表示され、投稿できなくなっていました。

昨夜までは問題なく投稿できたことから、夜の間に、Twitterの仕様が変更され、
投稿できないようになったと見られます。

旅するカフカ画像1

(2018年9月2日追記:本日、Twitterの規制は解除になりました
しかし、いつ再び規制再開されるか分からないので、
気になる方は、このまま読み進めて下さい)


<何がTwitterに投稿できなくなったか?>


調べたところ、
URLを短縮URLにしても、短縮前のオリジナルURLにしても、
投稿できない状況は変わりませんでした。

また、
・「旅するカフカ」のレター
・レター英語版
・メルマガ登録フォーム
・無料コンサル申し込みフォーム

このいずれも、URLが出ている場合、Twitter上に投稿できません。

さらに、これらをDM送信することも、できなくなっています。


<既存のツイートも、URLクリックすると「安全でないリンク」と表示>


既に投稿済みのツイートに関しては、
今回、URLが出ていることを理由に、
削除とはなっていません。

しかし、そのURLをクリックすると、「安全ではないリンク」の表示が出てきます。
警告を無視すれば「旅するカフカ」のページが表示されますが、
何も知らない人は、あえて警告を無視しようとはしないでしょうから、
 
リツイートする意味があるかは、微妙です(リツイートは、できます)。


<Twitterではアフィリエイトは禁止されている>


今回のできごとが起きた原因ですが、
もともと、Twitterは、アフィリエイトでの利用が禁止されています。

例えば、インフォトップやA8のアフィリエイトリンクをTwitterで投稿したり、
DM送信しようとすると、
エラーメッセージが出て、投稿・送信できません。

「旅するカフカ」については、今までは、アフィリエイトではない、と言う認識だったのが、
最近のワールドベンチャーズブームで、
URLをツイートやDM送信する人が増えたことから、
Twitter側でアフィリエイトリンクと認識されたものと思われます。

 

続きを読む

2018/07/16

国立大修士卒が語る、高学歴向けセールスレターの書き方

セールスレターは一般的には、

・漢字を多用しない
・専門用語を多用しない
・平仮名を多く使う

が基本とされています。しかし、高学歴の人をターゲットにする場合は、
若干、状況が異なってきます。

ネットビジネスの世界では、高学歴エリート街道を進んできた人が、
就職した途端、
社畜になり、

「こんなはずではなかった」
「今まで自分は何のために頑張ってきたんだ」

と言う絶望感と挫折から始める人もいるので、
そのような高学歴に共感されやすいレターの書き方を、少し紹介します。


<漢字は、ある程度多用した方がよい>


理工系大学院卒と言う、世間では高学歴に分類される私が、
100を超える、セールスレターを読んで、引っかかった事がありました。

それは、
多くのセールスレターは、安っぽく感じる
と言う事でした。

安っぽく感じる原因がどこにあるか、答えは一目瞭然でした。
 
レターの文章が、平仮名が多すぎるのです。
高学歴の人にとって、平仮名の多い文章は、
レベルが低い、安っぽい、自分向けではない、と感じる
のです。

高学歴をターゲットにする場合は、通常のレターよりも、
漢字を多めに使った方が、
知的水準の高さが伝わって、共感されやすいのです。

或は、
「理解できましたか?」と言う意味で
「わかりましたか?」と書く時、
 
「分かりましたか?」
ではなく
「解りましたか?」
と、意図的に難しい漢字を使うのも有効です。

ただし、やりすぎると逆効果なので要注意。
それは、この次に書く理由とも関係があります。


<専門用語はほどほどに>


高学歴相手なら、専門用語をバリバリに使った方が受けがいい、と思われるかもしれません。

しかし残念ながら、これは違います。

と言うのも、高学歴になればなるほど、専門分野は細分化されていきます。
東海地区で例えるなら、
名工大大学院卒よりも、
南山大経営学部卒の方が、ビジネス知識は豊富です。

何を言いたいかと言うと、高学歴と言えど、自分の専門外の知識は、
低学歴の人と、それほど大きく変わらないのです。


ビジネス分野の高学歴をターゲットにするなら、
ビジネスの専門用語をバリバリに使った方がいいですが、

そうでない、単に高学歴を対象、或は、
理工系を対象のビジネスレターなど、その道の専門外の高学歴をターゲットにする場合は、
専門用語はほどほどにした方がいいです。

専門用語を使う事自体に対する共感性は、高学歴の人は高めですが、
高学歴の読み手が、共感できるけど、言ってる意味を理解できない、
とならないよう、注意が必要です。

例えば、一番重要なキーワードの専門用語は出すけど、
それ以外は、平易な言葉に置き換えた方が、読み手に理解されやすいです。

専門用語の多い文章は、教養レベルの高い人が書いていると言う共感はされますが、
自分の専門外の専門用語ばかり並べられても、理解できないのです。

 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ