FC2ブログ
2017/03/21

ライバルの多いビジネスとライバルの少ないビジネス、どちらが稼ぎやすいか?

どんなビジネスでも言えるように、
ネットビジネスにも、ライバルの多いビジネス分野と、
ライバルの少ないビジネス分野が存在します。

どちらのビジネスに参入した方が、稼ぎやすいでしょうか?

実は、「ライバルが多い、少ない」には、2つの意味があり、
ここを混同している人が、とても多いです。

この2つをはっきり区別しないと、
稼げるビジネスと思いながら、
実は全然稼げないビジネスに手を出すことになりかねないので、
注意する必要があります。

稼げない人1


<1、市場規模が大きいビジネスと、小さいビジネス>


1つ目の意味は、
市場規模が大きいビジネスと、
市場規模が小さいビジネス
、と言う意味です。

当然、市場規模の大きいビジネスの方が、ライバルは多いです。

しかし、市場規模が大きく、多額のお金が動いているビジネスの方が、
あなたが稼ぐチャンスは大きくなります。


市場規模が小さく、大きく稼いでいる人が参入していないビジネスは、
そもそもお金の動きが小さく、
参入しても、あまり稼げないビジネスです。

ですから、ライバルが多い、少ない、と言う言葉を、
市場規模の大きさの意味で使っているのであれば、

市場規模の大きい、つまり、ライバルの多いビジネスに参入した方がよいのです。



<あなたが「先行者利益」を掴むことはできない>


ここであなたは、1点、気になった事があるかもしれません。

それは、
ビジネスには「先行者利益」があり、

市場規模が小さく、参入者の少ない内に手掛けた方が、
後から大きな利益を得られる、と言う、
先行者利益の話です。

先行者利益の理論自体は、まちがいではありません。
特に、ネットワークビジネス(MLM)では、
先行者利益は、かなりあからさまに出てきます。

しかし、いわゆる「先行者利益」が発生する段階と言うのは、
月収数千万円とか、1億円以上稼いでいる人が、
極秘リサーチを重ねた上で得た、
上流の情報を掴んだ人だけの特権です。

あなたの元に「先行者利益が大事です」と言う内容で情報が下りてきた時には、
既に、本当の意味での先行者利益は、
とっくになくなっています。



<ライバルが大きく稼いでいる市場なら、参入の価値あり>


ただし、「先行者利益が大事です」と言ってる本人が、
そのビジネスで大きな収益を出しているのであれば、
あなたが、そのビジネスに参入する価値はあります。

と言うか、ライバルが大きく稼いでいるビジネスの方が、
市場規模が大きく、あなたが稼ぎやすいビジネスです。


「先行者利益」には、あまりとらわれず、
ライバルが大きく稼いでいるか、だけで、
判断するのが、正解です。

 

続きを読む

2017/03/20

ネットビジネスは、怪しいビジネス、グレーゾーンまで踏み込め

ネットビジネスの話を聞いた時、
「怪しい」
「本当か?」
と思うことが、最初はほとんどです。

この「怪しい」には、2種類の「怪しい」があります。
2つを区別することが大事です。

それぞれの「怪しい」の意味と、正しい対処方法を説明します。


<1、よく分からないから「怪しい」>


人は、未知のもの、よく分からないものに対して、
本能的に「怪しい」と感じます。

1つ目の「怪しい」の正体は、未知のものに対する警戒心です。

この「怪しい」と言う気持ちへの対処方法は、
ネットビジネスについての正しい情報を、
さまざまな場所から、幅広くリサーチすること
です。

そもそも、自分で稼いだ実績がないあなたにとって、
会社で働かなくても、
ほとんど寝て過ごすような生活で、
月収100万円稼いだ、などと言う話は、

あなたの常識外の世界の話です。

その常識外の世界に踏み込み、
常識外から、あなたにとっての常識にしようとしているのですから、

「怪しい」と言って踏みとどまっては、
いつまでたっても、
今の生活を抜け出せません。

とにかく、リサーチです。
一にも、二にも、リサーチです。

(リサーチの仕方、レビュー記事の読み方は、
ネットビジネスは詐欺か?見分け方と正しいレビューの読み方」を参照)

ネットの情報だけで信用し切れないのであれば、
ビジネス交流会などに実際に参加してみるのも有りです。

そうやって、リサーチや行動していくうちに、
今までの自分の常識の方が、
限られた狭い世界の中だけの話である事に気が付くはずです。


<2、法的に「怪しい」>


2つ目の「怪しい」は、
それとは全く違う話です。

法的に怪しい、違法ではないのか、と言う疑念です。

リサーチをしていっても、
法的な疑念がぬぐえない場合は、少なくありません。

しかし、少し考えれば、その謎はすぐ解けます。

世の中、常に進歩、変化し続けています。
一方、法律は、何十年も前に制定したものをそのまま使っている場合も、
珍しくありません。

すると、その法律が想定しない出来事が、必ず起こってきます。

特に、ビジネスの場合、
常に新しいこと、
既存の法律が想定していない世界に踏み込むのが普通ですから、

新しいビジネスが法的にグレーゾーンになるのは、
むしろ当たり前です。


法的にホワイトなビジネスは、既に成熟したビジネスですから、
そこに成長性は見込めません。

法律が想定していないグレーゾーンで勝負するから、
ビジネスは稼げるのです。

それに、グレーはグレーであって、ブラック(違法)とも違うのですから、
グレーを違法扱いするのは、ナンセンスです。

 

続きを読む

2017/03/19

ネットビジネスは詐欺か?見分け方と正しいレビューの読み方

・ネットビジネスをこれから始めようとする時
・既に始めたビジネスが思うようにいかず、騙されたのではないか、と感じた時

このような時に、その商材が詐欺商材でないか、不安になって調べるかと思います。
肝心なのは、調べ方。
調べ方がまちがっていると、正しい結論を出すことができません。
これから、YAHOO!やgoogle検索で、ネットビジネスが詐欺か調べる方法を説明します。

<検索キーワードの選び方>

検索する時のキーワードは重要です。
と言っても、それっぽいキーワードを入れれば、あまり細かく考えなくても大丈夫です。

具体的な商品名や人名と、
「評判」「怪しい」「稼げる」「詐欺」などのキーワードの、
二語検索
するのがポイントです。

商品名や人名のみの一語検索では十分絞り切れませんし、
三語以上で検索しても、関係する記事のヒット数が少なすぎて、判断材料が不足してしまいます。


<検索結果のみかた>

次に、検索結果の見方の説明です。
ここは、一番だいじなところですので、しっかり読んで、理解してくださいね。

今回、あるキーワード「(商品名)+評判」の二語
で検索し、

1ページ目に出てくる、上位10サイトを見ると、
批判的な記事が出たあとで、これは稼げる、と言う内容の記事が出てきました。
(注:検索キーワードによって、出方は変わります)

これをどう評価するかですが、
まず、検索で表示された10記事は、全て、ひと通り読んで下さい。
面倒と思うかもしれませんが、評価するとは、そういうことです。
ある程度の数の記事を読まなければ、正しい評価はできません。

記事を読むとき、その商品に対して好意的な記事と、批判的な記事で、それぞれ見るポイントがあるので、
次に説明します。

<好意的な記事の読み方>

好意的な記事は、その記事が商品の売り手、買い手、どちらの目線で書かれているか、に注意しながら読みます。
売り手目線の記事は、単に商品をアフィリエイトしたいだけの場合もあり、
あまり当てになりません。

一方、買い手目線の記事、実際にその商品を使った人の記事は、客観性が高いと言えます。
商品を使った人が1人でも実績を出していれば、
その商品は詐欺商品には該当しません。

同じ商品を使っても稼げる人と稼げない人がいるのは、ビジネスの常識です。

<批判的な記事の読み方>

批判的な記事は、その商品を実際に使った人の記事か、が非常に重要なポイントです。
と言うのも、商品レビューだけ見て推測で書いた、安っぽい記事が、ネット上では多数見られるからです。
それらの多くは、他の商品を批判することで、自分の商品を売り込むことが目的です。

実際にその商品を使った人の記事でなければ、信憑性は低いと言えます。
さらに、他の記事で実績が認められた商品の場合は、
たまたまその人が稼げなかっただけで、その商品自体が稼げない詐欺商品、とはなりません。

 

続きを読む

2017/03/18

不労所得と権利収入は実は違う

まず、お詫びしないといけない事があります。
今まで私は、「不労所得」と「権利収入」を混同していました。ですが、不労所得と権利収入は別物です。
もしかしたら、皆さんも不労所得と権利収入を同じものと思っているかもしれません。
今回私が気付いた事を書かせていただきます。

結論から言うと、権利収入は存在するが不労所得は存在しない、です。
どういう事か?
まずは以下の動画を見て下さい。この先は、動画の内容を基に説明していきます。



パブロとブルーノと言う2人の男が水を運んで収入を得る話です。パブロはパイプラインを作り、パイプライン完成後は水が流れる限り働かなくても収入が得られる。一方ブルーノは水を運び続けない限り収入を得られない。
パブロのパイプラインが権利収入、ブルーノやパイプライン完成前のパブロが労働収入。
パブロはパイプラインを完成させるまでは人以上の労力と時間を費やしたが、完成後は楽になった。

ここまではいいのですが、パイプライン完成後のパブロが収入を得続けるために必要な事は何でしょう。
パイプラインが壊れたら、直さないと収入は止まってしまいますよね。そうです。パイプラインを維持するための仕事は残るのです。
勿論、その全てを自分で行う必要はありません。人を雇って維持してもらう事は可能です。しかし雇った人の管理や支払い給与管理の仕事が新たに発生します。人でなくロボットでメンテナンスするにしても、ロボットは買って終わりではありませんよね。

もうお分かりでしょう。労力を減らす事はできても、それに伴う新たな労力が発生し、文字通りの不労は決して訪れないのです。権利を得たら、次は得た権利を守るための労力が必要なのです。

これが、私が言う「権利収入は存在するが不労所得は存在しない」の意味です。今まで私が書いたもの、或は世の中特にネットビジネスの世界に出ている「不労所得」は、全て「権利収入」と読み替えて下さい。それがこの世界で言う「不労所得」の正体ですから。

「権利収入と言っても結局働く必要はあるのか」
そうです。その通りです。
ですが、ここで本当に意識する必要があるのは、「働く必要の有無」ではありません。

続きを読む

2017/03/17

ネットビジネスの究極は「不労所得・権利収入」の確立だ!

ネットビジネス。
この言葉に対して、「楽して儲ける」「時間と収入の両立」と言ったイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。
一方で「怪しいものが多い」と言う印象があるのも確かです。

印象、イメージは確かに重要です。イメージが悪いものに人はそもそも飛び付きませんから、いくら内容がよくてもイメージが悪いと事業としては難しいでしょう。
しかし、ビジネスで成果を上げられるかどうかの最終基準はイメージではありません。「実」があるかどうかにかかっています。

ですので、ネットビジネスに関してもイメージだけで動くのは賢い考えではありません。冒頭に挙げたイメージに対しても、それが真実であるかどうかの見極めが必要です。
結論から言うと、
・「楽して儲ける」は正しくありません。
これを聞いて「何だ」とがっかりされるかもしれません。でもこれは、何もないところから楽して儲けるための仕組みを作るのが楽ではない、と言う意味です。
一旦仕組みを作ってしまえば、後は楽して儲ける事が出来ます。仕組みが勝手に収入を作ってくれるからです。
ネットビジネスにも色々ありますが、目指すべき究極は「不労所得・権利収入」の確立にあると私は思っています。動き続けないと、働き続けないと、収入が得られなくなる。収入を得る事で精一杯で自由な時間が取れない。このような状況からの脱却がネットビジネスを始める目的の方が多いでしょうから、自ずと目指すべき地点が見えてきます。

続きを読む

2017/03/16

MLMとは何?本当に稼げるの?

MLM。
この名前を聞いた事はあるでしょうか?

簡単に言えば「ネットワークビジネス」です。
一般的なアフィリエイトは自分の成果がそのまま報酬につながります。
一方MLMの場合、自分及び自分が勧誘したメンバーで「グループ」が構成され、グループ全体で上げた成果が報酬になります。
グループ内の山分けは、MLMによって異なります。

さて。これを聞くと皆さんは「マルチ商法」と思われるかもしれません。
確かに同じもの、言い方を変えただけです。
ですがMLMが悪徳商法のように思われているのは誤解とMLMに対する知識の少なさが原因です。
MLM(マルチ商法)のイメージが悪いのは、アップ会員が自分が紹介した会員(ダウン会員)を自分が利益を上げるための駒として利用するケースが後を絶たないからです。本来MLMは商品やサービスを流通させるための組織であり、組織拡大の一環として報酬が入るにすぎないのに、その本質を隠して「稼げる」と言う話だけで勧誘し、利益を上げるために必要とうそぶいてダウンに不必要なものを買わせたり本人の意思やスケジュールに反してセミナー参加を強制するケースがあまりに多いから反射的に悪いイメージで見てしまうのです。

裏を返せば、全て問題は運用の仕方にあり、マルチ商法、MLMの仕組み自体は悪ではない、と言えます。

とは言っても、リアルな交流でMLMを紹介しても、怪しい、騙されているのでは、と言われてしまい、貴方が本気になればなるほど友達や知人が離れていくのがオチでしょう。

この問題を解決する方法があります。ネットビジネス、ネットの世界でMLMを構築する事です。ネットの世界は匿名でMLMの紹介者と紹介された人の間に面識が無いため、人間関係を損ねる心配がありません。
そして「怪しい」と言う先入観を持たれ無いため、内容さえきちんとしていれば、そしてMLMのトップがグループの人を大事にする人でさえあれば、MLMが持つ本来のメリットを発揮でき、少ない労力で大きな利益を得る事ができます。

ただし……。
 

続きを読む

2017/03/14

クラウドワークスの注意点:情報の重みを考えよう!

クラウドワークスと言う仕組みをご存じでしょうか?

ネット上で行う業務の発注・募集と受注・応募を行う場所です。
この中で自分に合った条件の仕事を見付け、契約して業務を行います。
発注者はクラウドワークスに代金+使用料を支払い、受注者は使用料を差し引いた金額を受け取ります。

しかしこれは「プロジェクト」と呼ばれる仕組みの場合です。
他に「タスク」と呼ばれる仕組みもあります。
これは、発注者が仕事を呼び掛け、受注者が応募。発注者に承認されればお金が入ります。

問題は、「タスク」の仕事の内容と金額です。
勿論、きちんとした仕事もありますが、中には個人情報収集が目的のタスクも少なくありません。それでいて報酬は1件10円のような微々たるものです。その上「30秒で終わる」等の文言で、「楽な仕事だから単価が安いのは当然」と思わせておいて個人情報の価値の重大さに気付かせないようにしています。

これに騙されてはいけません。小銭のために個人情報を安易に提供すべきではありません。それがどのように使われるか、分かりませんから。
はっきり言って、10円どころか10万円もらってもその後の事を考えたら全然ペイしないような案件もあります。
幸い、クラウドワークスでは仕事を中断してもそれが発注者に知れたり自分の評価に影響する事がありません。「応募する」をクリックしない限り具体的な仕事内容が分からないものも多いので「応募する」のクリックは仕方ないかもしれませんが、提供する情報の種類、仕事を完遂するのに必要な登録内容、これらに問題がある場合は、その時点で受けないと決め引き返す事が重要です。

個人情報は10円どころか10万円の対価でも安すぎると心得て下さい。

続きを読む

2017/03/13

YouTube:動画公開日が1日前になっている理由

YouTubeで動画を作成して、公開。
やったぁ!

各動画には公開日が記されていますが、自分が作成・公開した動画の公開日を見て「あれっ?」と思った経験は皆さん、ないでしょうか?
実際に動画を公開した日より1日前の日付が入っている。
かと思えば、夜になってから公開した動画はちゃんと公開した日付が入っている。

これにはちゃんとした理由があります。
YouTubeで表示される日付は、米国西海岸で使用されている太平洋時間が基準になっています。
西海岸ですから、日本とは大きな時差があります。
日本時間と比較すると、冬季が17時間、夏季は16時間の時差があり、日本の方が進んでいます。
つまり、冬季は午後5時、夏季は午後4時以降に公開した動画であれば実際の公開日と同じ日付が表示されるが、それより早い時間に公開した場合は、1日早い日付が表示される事になるのです。

動画公開日だけでなく、アナリティクスの日付も太平洋時間が基準です。
1日ごとの動画再生回数を気にする場合、「1日」は太平洋時間で考える必要があるため、冬季は午後5時、夏季は午後4時が1日の始まりです。
今日は3月13日ですが、午後4時(現在、米国は夏時間)以前に再生した動画は、3月12日の再生としてカウントされます。

以上の話は、収益を上げるテクニックとは直接関係ありませんが、動画を作成していたら気になってくるであろう話なので、ここで紹介させていただきました。
 

続きを読む

2017/03/11

トレーダー視点から見た東日本大震災6年

東日本大震災の発生から今日で丸6年。
改めて犠牲者のご冥福をお祈りすると共に、被災地のいち早い復興を願います。

さて、FXトレーダーの視点からこの6年で起きた事を振り返ると、今まで見えてこなかった問題点も浮かび上がってきます。
その前にまず、相場がどのようにして決まるか、復習しておきましょう。

「相場は多数派の方向に動く」
と言います。
しかしここで言う多数派とは、人数の多少ではありません。金額レベルで売り、買いのどちらが多いか、と言う意味です。
例えばドル円相場で
1、ドルを買いたい人が、1人が100万通貨、1人が5万通貨
2、ドルを売りたい人が10人、全員10万通貨ずつ
だったとしましょう。
1のドル買い勢力は2人、
2のドル売り勢力は10人ですから人数では売りが優勢です。
しかし取引される通貨量は、
1のドル買いは100万+5万=105万通貨
2のドル売りは10万通貨×10人=100万通貨
となって金額では買い優勢です。そして金額では買われる量の方が売られる量より多いため、ドル円相場は上昇します。人数は少ないのに金額が大きいため、金額の大きい買いが優位になるのです。

実は相場と世論の形成のメカニズムは同じです。世論も人数の多少ではなく声の大小によって「多数派」が決まってきます。
昨今、原発事故の影響で福島から避難した人に対するいじめ、偏見、差別の問題が起きています。
実際のところ、福島の人に対するいじめや偏見を持った人の方が少数派と思われます。しかしその人が地域や「ママグループ」で大きな影響力を持った人であれば、自分がつまはじきにされるのを恐れ、本心では良くないと思っていても福島から避難した人を避ける、排除するようになっていき、「福島排除」が多数派であるかのような状態が作られてしまいます。

この「相場と世論形成のメカニズム」さえ知ってしまえば、対応も簡単です。世の中は国や県と言ったマクロレベルでも地域や学校と言ったミクロレベルでも、最後は正しい方が多数派になります。自分の考えが見せかけの多数派(或は少数派)なのかそれとも真の多数派(或は少数派)なのかを理解さえ出来れば、どう行動すればいいのかも自ずと見えてくるでしょう。

何が多数派なのか、を知るだけでなく、それがどういう意味での多数派(人数?金額?それとも声の大きさ?)なのかを知る事は、トレードや福島第一原発問題だけでなく、世の中のありとあらゆる場所で重要であり必要なスキルです。
あなたが幸せな人生を送るためには、自分の立ち位置を知り、自分の考えがどういう意味での多数派或は少数派であるかを知る事からまずはじめましょう。

続きを読む

2017/03/10

クラウドワークスで十分な収入と自由な時間を得る方法

ネット上で仕事の依頼を出したり仕事を受けたりするサービス、クラウドワークス。
自宅にいるまま自分の好きな時間裁量で仕事でき、自由な半面、報酬が低いのがネック。
本当に儲かるのでしょうか?

クラウドワークスにも色々なタイプの仕事があります。
単にアンケートに答えるだけ、のようなものは、答えて10円報酬とか、その程度です。暇だからやって実績作っておこう、それ以上の意味はありません。

一方で、仕事の発注者と個別に対応して仕事内容、納期、報酬を決めるものもあります。
このタイプでしたら、もっと高報酬が期待できます。
とは言っても、初心者には受注しにくいのも事実。

はじめは参入ハードルが低く単価も低いものから挑戦し、実績を重ねたら徐々に高報酬の仕事にシフトしていく。
こういう段階を踏んだ考えが必要でしょう。
 

続きを読む

79ers(セブンティナイナーズ) Shinya Ando

かつては、夜遅くまで残業当たり前、金曜になって突然の休出決定、
前夜まで休日の予定も決められない悪夢の社畜生活でしたが、
 
ネットビジネスを始めたことで解放され、
時間的にも精神的にも自由になりました。
 
詳しいプロフィールは、
こちらへどうぞ